HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-03-10

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 33
up
AKB48
前しか向かねえ
TOP100入り:3週目

2 12
up
Rihwa
春風
TOP100入り:3週目

3 25
up
きゃりーぱみゅぱみゅ
ゆめのはじまりんりん
TOP100入り:6週目

4 19
up
KANA-BOON
結晶星
TOP100入り:5週目

5 1
down
関ジャニ∞[エイト]
キングオブ男!
TOP100入り:4週目

6 40
up
クリス・ハート
I LOVE YOU
TOP100入り:2週目

7
up
AAA
Love
TOP100入り:1週目

8 62
up
E-Girls
Diamond Only
TOP100入り:2週目

9 2
down
Bittersweet
TOP100入り:7週目

10 3
down
ゆず
ヒカレ
TOP100入り:4週目

11
up
Lead
サクラ
TOP100入り:1週目

12 7
down
ワン・ダイレクション
ストーリー・オブ・マイ・ライフ
TOP100入り:17週目

13 15
up
JUJU
Hot Stuff
TOP100入り:2週目

14 9
down
アリアナ・グランデ
ベイビー・アイ
TOP100入り:9週目

15 4
down
コブクロ
今、咲き誇る花たちよ
TOP100入り:12週目

16 8
down
miwa
Faith
TOP100入り:7週目

17 51
up
剛力彩芽
あなたの100の嫌いなところ
TOP100入り:2週目

18 14
down
安室奈美恵
TSUKI
TOP100入り:8週目

19 10
down
ファンキー加藤
My VOICE
TOP100入り:7週目

20 21
up
ファレル・ウィリアムス
ハッピー
TOP100入り:8週目

ミュージックコラム

AKB48「前しか向かねえ」フィジカルで大差を付けて首位獲得

4形態でリリースされたAKB48「前しか向かねえ」が、フィジカルとルックアップで1位を獲得、エアプレイで5位、ダウンロードで7位、ツイートで2位を獲得、2位以下に大差を付けてBillboard JAPAN HOT100首位に立った。33位で初登場した前週でも、ダウンロードで14位、ツイートで8位に付けており、パッケージ発売週に5指標全てで順位を伸ばし、訴求力の強さを見せつけた。また、ロングヒットを続ける「恋チュン」は今週43位で、ルックアップ27位、ツイート11位など、依然として全指標でポイントを獲得し続けており、文字通りロングヒットを体現する楽曲となっている。

 3週連続でダウンロード1位を守るRihwa「春風」は、パッケージ発売週に全ての指標で順位を伸ばし、エアプレイ37位、フィジカル5位、ルックアップ11位、ツイート8位とバランス良くポイントを積み上げ、前週12位から今週2位に総合順位を上げた。

 前週25位から3位にジャンプアップした、きゃりーぱみゅぱみゅ「ゆめのはじまりんりん」は、AKBをエアプレイ・ポイントでは上回っており、他指標でもう少しポイントを積み上げることが出来れば総合2位まで順位を上げることは可能だったかもしれない。

 今週僅差でAKBを押さえてツイート1位となったのはAAA「Love」。日本赤十字社平成26年はたちの献血キャンペーンソングとして、パッケージ発売週に併せてのメディア露出が功を奏した形だ。他指標でも高順位を維持しており、好評のピースフルなバラードが今週の順位を受けどのように推移するか、次週のランキングに注目だ。

4形態でリリースされたAKB48「前しか向かねえ」が、フィジカルとルックアップで1位を獲得、エアプレイで5位、ダウンロードで7位、ツイートで2位を獲得、2位以下に大差を付けてBillboard JAPAN HOT100首位に立った。33位で初登場した前週でも、ダウンロードで14位、ツイートで8位に付けており、パッケージ発売週に5指標全てで順位を伸ばし、訴求力の強さを見せつけた。また、ロングヒットを続ける「恋チュン」は今週43位で、ルックアップ27位、ツイート11位など、依然として全指標でポイントを獲得し続けており、文字通りロングヒットを体現する楽曲となっている。  3週連続でダウンロード1位を守るRihwa「春風」は、パッケージ発売週に全ての指標で順位を伸ばし、エアプレイ37位、フィジカル5位、ルックアップ11位、ツイート8位とバランス良くポイントを積み上げ、前週12位から今週2位に総合順位を上げた。  前週25位から3位にジャンプアップした、きゃりーぱみゅぱみゅ「ゆめのはじまりんりん」は、AKBをエアプレイ・ポイントでは上回っており、他指標でもう少しポイントを積み上げることが出来れば総合2位まで順位を上げることは可能だったかもしれない。  今週僅差でAKBを押さえてツイート1位となったのはAAA「Love」。日本赤十字社平成26年はたちの献血キャンペーンソングとして、パッケージ発売週に併せてのメディア露出が功を奏した形だ。他指標でも高順位を維持しており、好評のピースフルなバラードが今週の順位を受けどのように推移するか、次週のランキングに注目だ。

今週も人気アニメ番組から主題歌リリースが重なったBillboard Japan Hot Animation。その激戦はスフィアの最新曲「Eternal Tours」が制した。

 スフィアはソニー・ミュージックのグループ会社である“ミュージックレイン”に所属する声優4人によるユニットで、メンバーは寿 美菜子、高垣彩陽、戸松 遥、豊崎愛生とソロでもアニメチャートで大活躍する人気アーティストたちだ。今回の「Eternal Tours」は彼女達のアーティストデビュー5周年を記念してリリースされた作品で、アニメタイアップはついていない。スフィアとしては初のチャート首位獲得作となる。

 2位には10月より第2シーズンがMXTV他にて放送中の『黒子のバスケ』エンディング・テーマ「FANTASTIC TUNE」がチャートイン。歌唱は物語の主人公である黒子テツヤを演じる小野賢章。これまで黒子テツヤ名義でリリースしてきた彼だが、本作がアーティスト・デビュー作。

 そして、4位には茅原実里の最新曲「FOOL THE WORLD」が初登場。こちらはTX系で放送中の『ノブナガ・ザ・フール』オープニング・テーマ。もちろん、茅原実里は主人公オダ・ノブナガの妹イチヒメ役とて物語に出演中。

ワン・ダイレクション 話題のCMソングが今週も洋楽チャート1位

ドコモのCMソングに起用されているワン・ダイレクションの「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」が、先週に引き続きビルボードジャパン洋楽チャートにて1位を記録した。

 ここ1か月、アリアナ・グランデvsワン・ダイレクションの一騎打ちとなっているビルボードジャパン洋楽チャート。3月10日付けのチャートを制したのは、今週で7度目の首位となるワン・ダイレクションの「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」。エアプレイ・チャート、アルバム・チャートではランクを下げているものの、圧倒的なデジタル・セールスとツイート数で着実にポイントを稼ぎ、1位をキープする結果に。一方アリアナ・グランデは、チャートイン9週目にもかかわらずエアプレイ・チャートにて4位とトップ5圏内をキープ。さらにアルバム・チャートでは、ニュー・リリース作品が大半を占めるトップ30位圏内に引き続きランクインと健闘しているが、1Dの猛威には一歩及ばす。

 ファレル・ウィリアムスの「ハッピー」が3位、ロードの「ロイヤルズ」が4位と、トップ5圏内では大きな変動はなかったものの、3月19日に最新作『スーパーモデル』をリリースするフォスター・ザ・ピープルの「カミング・オブ・エイジ」が先週18位から6位へ、さらに全英シングル・チャートにて4週連続1位を記録した注目の新人バンド、クリーン・バンディットの「ラザー・ビー」が11位から7位へとランクアップ。クラシックとベース・ミュージックを融合させた未知のサウンドで、海外では大ブレイク中のクリーン・バンディット。2013年夏に来日を果たし、築地や渋谷などで撮影が行われた「ラザー・ビー」の日本語字幕付きバージョンも公開され、ここ日本でも人気急上昇の彼らの今後のチャート・アクションからも目が離せない。

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる