HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-01-27

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 92
up
関ジャニ∞[エイト]
ひびき
TOP100入り:2週目

2
up
サカナクション
グッドバイ
TOP100入り:1週目

3 11
up
片平里菜
女の子は泣かない
TOP100入り:4週目

4 6
up
サカナクション
ユリイカ
TOP100入り:2週目

5 7
up
USAGI
イマジン
TOP100入り:2週目

6 2
down
AKB48
恋するフォーチュンクッキー
TOP100入り:24週目

7
up
Fear,and Loathing in Las Vegas
Rave-up tonight
TOP100入り:1週目

8 1
down
グッドモーニングアメリカ
イチ、ニッ、サンでジャンプ
TOP100入り:2週目

9 9
stay
泉沙世子
カス
TOP100入り:2週目

10 27
up
家入レオ
チョコレート
TOP100入り:2週目

11 15
up
アリアナ・グランデ
ベイビー・アイ
TOP100入り:3週目

12 8
down
ゆず
表裏一体
TOP100入り:5週目

13 5
down
SPICY CHOCOLATE
ずっと feat.HAN-KUN & TEE
TOP100入り:6週目

14 3
down
MUSH & Co.
明日も
TOP100入り:6週目

15 13
down
アウスゲイル
キング・アンド・クロス
TOP100入り:2週目

16
up
SEKAI NO OWARI
スノーマジックファンタジー
TOP100入り:1週目

17
up
aiko
君の隣
TOP100入り:1週目

18 54
up
ワン・ダイレクション
ストーリー・オブ・マイ・ライフ
TOP100入り:11週目

19
up
Da-iCE
SHOUT IT OUT
TOP100入り:1週目

20 4
down
ゴールデンボンバー
101回目の呪い
TOP100入り:2週目

ミュージックコラム

関ジャニ∞「ひびき」大差で首位、サカナクション2曲トップ10入り

メンバーの大倉忠義が出演するTBS系ドラマ『Dr.DMAT』主題歌、関ジャニ∞[エイト]の「ひびき」がフィジカルで2位以下に大差をつけ総合Billboard JAPAN HOT100首位を獲得した。この曲はエアプレイで2位、ルックアップでも1位、ツイートで4位と、各指標でバランス良くポイントを挙げており、今年一層の活躍が期待される関ジャニ∞[エイト]として、幸先の良いスタートとなった。

 一方、今週トップ10に、2位「グッドバイ」と4位「ユリイカ」を送り込む躍進を見せたのがサカナクション。特にツイートではそれぞれ1位と3位を、デジタルで2位と3位を獲得しており、コア・ファン以外の層も巻き込む勢いだ。他にもロック・バンド勢では、Fear,and Loathing in Las Vegasとグッドモーニングアメリカがトップ10にチャート・インしており、アイドル勢が席巻していた昨年と全く様相が異なるラインナップが今年に入って大きく展開を見せている。

 パッケージ・リリースを1月29日に控え、先週に引き続きエアプレイで3位をキープ、ツイートで44位から27位まで順位を伸ばしてきているのが男性ユニットUSAGIのデビュー・シングル「イマジン」。路上で鍛えたヴォーカルと、実績に裏打ちされたソング・ライティングによるメッセージ性の高いスロー・ロックが支持を集めており、今年期待の新人が早くも登場だ。

ゆず強し!「表裏一体」が4度目のアニメチャート首位、蒼井翔太ソロは2位に

ゆずによる『HUNTER×HUNTER」エンディング 』主題歌「表裏一体」が今週もBillboard Japan Hot Animationの1位の座をキープ。これで本楽曲は3週連続での首位獲得に加え、No.1は4度目の快挙を成し遂げた。

 2位には人気声優の蒼井翔太「VIRGINAL」が初登場。『うたの☆プリンスさまっ♪』での活躍でも知られる彼が自身のソロ名義でリリースしたシングル。プロデュースは上松範康。多くのアニソンファン待望のタイトルだった本作は、フィジカル、ツイートでは頭一つ飛び出るポイントを稼いだものの、エアプレイが伸ばすことができず首位はおあずけ。

 昨年の京アニ話題作『Free!』から葉月渚と竜ヶ崎怜によるデュエット「サマーハイテンション☆」が3位に。キャラソンのデュエットシリーズ第2弾は物語に登場する1年生コンビが登場。昨年リリースされた七瀬遙と橘真琴のデュエット第1弾「Always Here」は本チャート初登場首位を記録するなど、放送終了後も根強い人気を持つ本作。デュエットシリーズも2月、3月とリリースを控えており、こちらも上位争いに登場することが予想される。

アリアナ・グランデ 全米1位の歌姫が、ビルボードジャパン洋楽チャートでも遂に1位に

その圧倒的な歌声とクラシカルなルックスから“ネクスト・マライア”と称される20歳の実力派シンガー、アリアナ・グランデの「ベイビー・アイ」が今週のビルボードジャパン洋楽チャートにて見事1位に輝いた。

 米ビルボード・アルバム・チャートにて初登場1位を記録したデビュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』からのリード・トラックとなる「ベイビー・アイ」。1月5日に初来日プレミアム・ライブを開催した際のパフォーマンスの高評価もあり、エアプレイ・チャートでは先週に引き続き7位をキープ、デジタル・セールスも好調で、2月 5日のアルバム発売とリリースに伴った再来日に向けて、彼女の歌声を聴くことがますます増えそうだ。先週1位を記録したアイスランドの新星シンガーソングライター、アウスゲイルは、惜しくも1ランクダウンの2位。そして先週10位から3位へと今週大幅にジャンプアップしたのが、ワン・ダイレクションの「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」。先週14日からオンエアがスタートしたNTTドコモ『ドコモの学割2014』新TVCM 「Message from 1D〜たった3年で人生は変わる。〜」篇に起用されたことで、セールス・ポイント、さらに自身初の日本のTVCM出演という話題性で、ツイートカウントでポイントを蓄積し、チャートイン11週目にして見事トップ3へ返り咲いた。

 24週に渡りチャートインし、遂に日本盤が本日22日にリリースされたアヴィーチーの「ウェイク・ミー・アップ!」は5位をキープなど、トップ20圏内で大きな動きはないものの、昨年12月に急遽デジタル・リリースされ、2月12日に日本でもフィジカル盤が発売されることが決定したビヨンセの最新作から「XO」が6位、ジョン・バトラー・トリオの「オンリー・ワン」が7位、キザイア・ジョーンズ「アフロニューウェイヴ」が8位、ブルース・スプリングスティーンの「ハイ・ホープス」が14位と今月末から来月かけてにリリースを控えるアーティストが少しづつランクを上げている。

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる