HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2013-10-28

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
2PM
Winter Games
TOP100入り:1週目

2
up
柏木由紀
Birthday wedding
TOP100入り:1週目

3
up
RADWIMPS
五月の蝿
TOP100入り:1週目

4 18
up
ポール・マッカートニー
ニュー
TOP100入り:8週目

5
up
ポルノグラフィティ
東京デスティニー
TOP100入り:1週目

6
up
DISH//
晴れるYA!
TOP100入り:1週目

7 30
up
レディー・ガガ
アプローズ
TOP100入り:10週目

8 44
up
RADWIMPS
ラストバージン
TOP100入り:5週目

9 4
down
オリー・マーズ
トラブルメイカー feat.フロー・ライダー
TOP100入り:6週目

10 12
up
南壽あさ子
わたしのノスタルジア
TOP100入り:3週目

11 6
down
E-Girls
ごめんなさいのKissing You
TOP100入り:4週目

12
up
関ジャニ∞[エイト]
TAKOYAKI in my heart
TOP100入り:1週目

13
up
GRANRODEO
The Other self
TOP100入り:1週目

14
up
斉藤和義
かげろう
TOP100入り:1週目

15 3
down
山下達郎
光と君へのレクイエム
TOP100入り:6週目

16 79
up
安室奈美恵
Neonlight Lipstick
TOP100入り:2週目

17 13
down
絢香
ありがとうの輪
TOP100入り:2週目

18 7
down
In 197666
Listen to me
TOP100入り:3週目

19 11
down
ケイティ・ペリー
ロアー〜最強ガール宣言!
TOP100入り:10週目

20
down
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
HALLOWEEN PARTY
TOP100入り:5週目

ミュージックコラム

2PM「Winter Games」、柏木由紀「Birthday wedding」との首位争奪を制す

2PM「Winter Games」が、パッケージ・セールスでトップ、エアプレイでもポイントを積み上げ、合計10081.59ポイントでBillboard JAPAN HOT100首位を獲得した。前作「GIVE ME LOVE」は合計13713.16ポイントで初登場3位を獲得した週と比べると、エアプレイ、セールスともにポイントが減少しているものの、他の楽曲の獲得ポイントが少なかったことが幸いして、1位を獲得したことになる。とはいえ、他のK-POP勢がエアプレイを伸ばせずにセールスでポイントを積み上げる傾向が今年は顕著であることをみると、減少とはいえ、エアプレイ・ポイントを獲得し続ける2PMの媒体訴求力が、引き続き高い訴求力を維持していることが分かる。

 2位の柏木由紀「Birthday wedding」は、合計で5727.22ポイントを獲得した。前作「ショートケーキ」は合計9633.23ポイントで同じく2位となった週と比べると、エアプレイ、パッケージ、デジタルともにポイントを落としている。特にパッケージが42%と顕著な減少となっており、今後のソロ楽曲の販売展開方法の見直しも有り得る結果となった。

 また、今週は全体的にパッケージ・セールス・ポイントの獲得が総じて低調となり、エアプレイを積み上げた楽曲が軒並み順位を上げている。特に洋楽勢がその恩恵を受け、来日を控えるポール・マッカートニー、デジタルが引き続き好調のレディー・ガガ、オリー・マーズと洋楽3曲がトップ10に入る珍しい週となっている。

『黒子のバスケ』OPでGRANRODEOがアニメチャート初の首位

大人気アニメ『黒子のバスケ』のオープニングテーマに起用されたGRANRODEO「The Other self」が今週のBillboard JAPAN Hot Animationで初登場首位を獲得した。

 2012年に第1シーズンが放送されると、主題歌をはじめとする関連楽曲が次々とチャートイン。キャラクターソングシリーズでは緑間真太郎(小野大輔)、高尾和成(鈴木達央)でリリースした「とある信者の果敢な毎日」が2012年10月18日付チャートで首位を獲得するなど各方面で大ヒットした本番組。その第2シーズンとして今回も前期に続きGRANRODEOがオープニングテーマを担当。様々な作品で主題歌を担当してきた彼らにとって、「The Other self」がアニメチャートで初の首位獲得作品となった。エンディングテーマも引き続きOLDCODEXが担当し、11月13日にリリースされる。

 先週1位に初登場した『ログ・ホライズン』オープニングテーマ、MAN WITH A MISSION「database feat.TAKUMA(10-FEET)」は順位を1つ落としたものの好位置をキープ。そして先週6位から3位に上昇したのは強力タッグの第2弾、水樹奈々 × T.M.Revolutionによる「革命デュアリズム」。今回も『革命機ヴァルヴレイヴ』のオープニングテーマとして起用。パッケージは本日10月23日リリースで、次週のチャートで首位が期待される。

P・マッカートニー 新作リリースで洋楽チャート席巻、チャート史上初となる計5曲がトップ20入り

10月14日に待望の新作『ニュー』をリリースしたポール・マッカートニーが、10月28日付のBillboard JAPAN洋楽チャート首位に返り咲き、計5曲をトップ20に送り込むという快挙を成し遂げた。

 リード・トラックとなる「ニュー」は、エアプレイ・チャートでは堂々の1位、アルバム・チャートでも、先週15位から5位と見事にランクアップを果たしている。さらにはジョニー・デップやケイト・モスなど錚々たるスターがミュージック・ビデオに出演していることが発表されたばかりの「クイーニー・アイ」が10位、「アーリー・デイズ」が12位、「セイヴ・アス」が16位、そして「エヴリバディ・アウト・ゼアー」が17位にすべて初登場し、Billboard JAPAN洋楽チャート史上初となる5曲がトップ20入りを果たしている。ソールドアウト続出、大阪では追加公演が決定するなど、いよいよ1か月後に迫った来日公演までこの勢いをキープできるか、今後のチャート・アクションからも目が離せない。

 そして2位に再浮上してきたのが、レディー・ガガの「アプローズ」。最新作『アートポップ』のトラックリストが公開され、日本盤が全世界に先駆けリリースされるという嬉しいニュースとともに、エアプレイ・チャートにて先週27位から2位に大幅にランクアップ、デジタル・セールスも引き続き好調で、リリース10週目となるにも関わらずトップ5圏内に留まっている。そして5位に初登場したのは、「ミスター・サクソビート〜恋の大作戦〜」で日本でもブレイクした“小悪魔ビート・プリンセス”アレクサンドラ・スタンの「クリシェ〜恋の合図はハッシュ・ハッシュ〜」。2ndアルバム『クリシェ』の10月23日リリースに伴い、エアプレイ・チャートを着実に上昇しており、軽快なエレクトロ・ビートにのせて、カラフルな衣装を身にまとったアレクサンドラが踊りまくるキュートなミュージック・ビデオも500万回数に近づくPVを記録している。「ミスター・サクソビート〜恋の大作戦〜」では、2度の洋楽チャート1位を記録していることもあり、さらなるランクアップも期待できそうだ。

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる