HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2013-08-12

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 24
up
山下智久
SUMMER NUDE '13
TOP100入り:4週目

2 33
up
天野春子(小泉今日子)
潮騒のメモリー
TOP100入り:2週目

3
up
水樹奈々
Vitalization
TOP100入り:1週目

4 5
up
サザンオールスターズ
ピースとハイライト
TOP100入り:3週目

5 73
up
スキマスイッチ
Hello Especially
TOP100入り:5週目

6
up
Salley
green
TOP100入り:1週目

7
up
CNBLUE
Lady
TOP100入り:1週目

8 2
down
荒井由実
ひこうき雲
TOP100入り:4週目

9 21
up
家入レオ
君に届け
TOP100入り:2週目

10
up
the HIATUS
Horse Riding
TOP100入り:1週目

11
up
新里宏太
HANDS UP!
TOP100入り:1週目

12 99
up
片平里菜
夏の夜
TOP100入り:3週目

13
up
D-LITE(from BIGBANG)feat.葉加瀬太郎
I LOVE YOU
TOP100入り:1週目

14 6
down
バックストリート・ボーイズ
イン・ア・ワールド・ライク・ディス
TOP100入り:7週目

15 3
down
ハジ→
for YOU。
TOP100入り:5週目

16 85
up
ガブリエル・アプリン
パニック・コード
TOP100入り:6週目

17 11
down
rieco
信じて
TOP100入り:3週目

18 16
down
デュークス・オブ・サーフ
ワイキキ
TOP100入り:4週目

19 9
down
Linked Horizon
紅蓮の弓矢
TOP100入り:4週目

20
up
DAIGO
いつも抱きしめて
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

「SUMMER NUDE '13」首位、「潮騒のメモリー」2位獲得

本人が主演する山下智久のフジ系月9ドラマ主題歌「SUMMER NUDE '13」がパッケージ発売によりセールス・ポイントを伸ばし、24位からジャンプ・アップ、12001.30ポイントでBillboard JAPAN HOT100首位を獲得した。これは、前回稲垣吾郎主演のNTV系深夜ドラマ『心療中-in the room-』主題歌「怪・セラ・セラ」の首位獲得時の12609.26ポイントよりも、エアプレイ、セールスともに微減しているとはいえ、相変わらずの人気を誇る結果となった。

 NHK朝ドラ『あまちゃん』挿入歌、天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」は、エアプレイ・ポイントで首位に1906.90ポイントの差が響き、9692.30ポイントで2位となった。パッケージ発売週の翌週である今週からiTunesでの配信が始まっており、来週のチャートにはそのポイントが合算されるため、引き続き上位キープが予想される。また、同曲も収録された『あまちゃん 歌のアルバム』の8月28日リリースも発表され、当ドラマ関連楽曲は今年の台風の目となっている。
 
 3位には水樹奈々「Vitalization」が初登場。こちらはTVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアG』のオープニング・テーマで、既に当アニメのキャラ・ソン2曲がアニメ・チャートを賑わせているなか、水樹奈々も満を持してリリース、アニメもますます注目を集めそうだ。また、サザンオールスターズ「ピースとハイライト」が先週から順位を1ランク上げて4位に、いよいよ今週パッケージをリリース、来週のチャート1位獲得の可能性が高い。また、福島県福島市在住、21歳の注目のシンガー・ソングライターとしてメジャー・デビュー・シングルとなる、片平里菜「夏の夜」が、パッケージ・リリースを控え12位にジャンプ・アップし、同じく来週のチャート・アクションが注目される。

アニソン・プリンセス、水樹奈々が圧倒的ポイント差で首位獲得

8月12日付Billboard JAPAN Hot AnimationはMXTV他で放送中の『戦姫絶唱シンフォギアG』オープニングテーマを担当した水樹奈々「Vitalization」が2位以下に圧倒的ポイント差をつけて首位を獲得した。

 2012年1月から3月まで第1期が放送されていた『戦姫絶唱シンフォギア』の第2期として『戦姫絶唱シンフォギアG』が7月からスタート。すでに本アニソンチャートでも劇中歌である「不死鳥のフランメ」(最高4位)、「正義を信じて、握り締めて」(最高10位)を上位に送り込んでいた。
 そして、今週首位を獲得した「Vitalization」は第1期に続きオープニングテーマを担当した水樹奈々29枚目のシングル。第1期オープニング「Synchrogazer」でも1位を獲得している彼女は今回の首位獲得で8度目のチャート制覇となり、これまでBillboard JAPAN Hot Animationで最も首位を獲得しているアーティスト記録を更に更新した。(2位はClariSの6回)

 上位20曲中、10曲が初登場となった今週、注目したいのは人気アニメ『ゆるゆり』から誕生したユニット、七森中☆ごらく部の新たなる展開となった「マジカル大☆大☆大冒険!」。現在テレビ東京系で放送されている『マイリトルポニー トモダチは魔法』の7月放送分からのオープニング主題歌として起用され、『ゆるゆり』の枠を飛び越えた新曲として話題となっている。

バックストリート・ボーイズ アルバムセールス好調で2週連続洋楽チャートNo.1に

バックストリート・ボーイズの結成20周年記念シングル「イン・ア・ワールド・ライク・ディス」がBillboard JAPAN洋楽チャート2週連続首位に輝いた。

 オリジナルメンバーが8年振りに集結して制作された同名アルバムを7月24日にリリースしプロモーション来日を果たしたこともあり、アルバムチャートでも国内アーティストのニューリリースに席を譲ることなく2週連続4位キープと絶好調。エアプレイは登場から7週目ということもありやや落ち着いた感もあるが、それでも依然としてTOP10圏内に留まっている。ファンの年齢層が多くのFM局にとってメインターゲットとなる層であり、またCD(パッケージ)の購買層でもあることが連続首位キープに繋がったとみられる。

 2位に続いたのは英国出身、弱冠20歳の女性シンガーソングライター ガブリエル・アプリン「パニック・コード」。透明感溢れるキュートな歌声と優しいアコースティック・サウンドの癒し系ナンバーが、先週の18位から一気にジャンプアップを果たした。すでに7月にプロモーション来日を果たしているが、いよいよ本日8月7日にデビューアルバム『イングリッシュ・レイン』を発売、【SUMMER SONIC 2013】と単独公演のために現在来日中とバックス追撃の準備は万全だ。

 今週、残念ながら2位→7位とランクダウンとなったが、初来日を果たし【FUJI ROCK FESTIVAL '13】でも圧倒的なパフォーマンスを披露したトム・オデールや、先週末にビルボードライブで単独公演を行い、チャート再登場を果たしたポップ・ガールズ・ユニット ボーイなど続々上陸する若き才能からも目が離せない。

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる