HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2013-06-10

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
Endless Game
TOP100入り:1週目

2 1
down
AKB48
さよならクロール
TOP100入り:3週目

3
up
2PM
GIVE ME LOVE
TOP100入り:1週目

4 42
up
椎名林檎
いろはにほへと
TOP100入り:7週目

5 31
up
Mr.Children
REM
TOP100入り:3週目

6 8
up
Salley
赤い靴
TOP100入り:5週目

7 4
down
家入レオ
Message
TOP100入り:9週目

8 13
up
ティーナ・カリーナ
あかん
TOP100入り:5週目

9 32
up
秦基博
言ノ葉
TOP100入り:4週目

10 41
up
SMAP
Joy!!
TOP100入り:3週目

11 7
down
ザ・ウォンテッド
グラッド・ユー・ケイム
TOP100入り:7週目

12 6
down
ダフト・パンク
ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス
TOP100入り:6週目

13 85
up
でんぱ組.inc
でんでんぱっしょん
TOP100入り:2週目

14
up
9mm Parabellum Bullet
Answer And Answer
TOP100入り:1週目

15 60
up
安室奈美恵
Contrail
TOP100入り:6週目

16
up
倉持明日香
いつもそばに
TOP100入り:1週目

17 51
up
オースティン・マホーン
セイ・ユア・ジャスト・ア・フレンド feat.フロー・ライダー
TOP100入り:4週目

18 5
down
ケツメイシ
月と太陽
TOP100入り:7週目

19 15
down
マイア・ヒラサワ
ライツ・アー・アウト
TOP100入り:7週目

20
up
四ノ宮那月(谷山紀章)
シリウスへの誓い
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

『家族ゲーム』主題歌、嵐「Endless Game」初登場首位、AKB48は2位に

5月29日に発売された嵐「Endless Game」が、櫻井翔が主演する話題のTVドラマ『家族ゲーム』を追い風にして、シングル・セールスでは2位の2PMに二倍以上のポイントを付けて1位、エアプレイこそ20位と奮わなかったものの、セールス・ポイントを大きく稼ぎ、合計47398.10ポイントでBillboard Japan Hot100首位に立った。前回、両曲ともに主題歌タイアップを付けた「Calling」と「Breathless」では、発売週直後のチャートでそれぞれ、44893.53、28176.80ポイントを獲得しており、トップ・アイドルとして、安定したポイントを獲得し続けている。

 引き続き総選挙で注目を維持するAKB48は、発売週だった先週よりもポイントは落としたが、それぞれのカテゴリでポイントを手堅く確保し、13775.35ポイントで2位に付けた。3位の2PMは、シングル・セールスでは嵐に次ぐ2位だったが、エアプレイで40位となったことが大きく響き、62.19の僅差で13775.16ポイントで3位となった。

 デビュー15周年のアニバーサリー・イヤーを迎えている椎名林檎「いろはにほへと」は、エアプレイで1位を獲得し、総合で6775.90ポイントで4位に付けた。また、映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』主題歌のMr.Children「REM」は配信限定リリースながら、iTunesで2位の安室奈美恵「Contrail」にダブルスコア以上のポイントを大量獲得して1位となり、エアプレイ・ポイントを加えて、合計6039.02ポイントで5位となった。

 また注目の新人Salley「赤い靴」は、シングル発売週にエアプレイ・ポイントを伸ばし椎名林檎に次ぐ2位となったが、強力なリリースが続いた今週は新人であるためかセールス・ポイントが伸び悩み、合計5741.93ポイントで、惜しくもトップ5入りを逃した。

Salleyがデビュー曲で2週連続アニメチャートを制覇

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは先週と同じくCX系『トリコ』エンディングテーマであるSalleyの「赤い靴」が首位の座をキープした。

 デビュー前から“赤い靴を食べる”ミュージックビデオでも話題となっていた本楽曲が5月29日にリリース。このタイミングで音楽情報番組などメディアに多数出演し、露出を稼いだことでエアプレイ、パッケージ、デジタル共にポイントを重ね今回の好結果に繋がった。デビュー曲でアニメチャート首位を獲得したのはやはり『トリコ』のエンディングテーマであった家入レオの「サブリナ」。彼女は3週連続首位を記録している。

 2位には美しい映像文学で観るものを魅了する、新海誠の最新作映画『言の葉の庭』イメージソングである秦 基博の「言ノ葉」がチャートイン。5月29日にリリースされた本作には同映画のエンディングテーマとしても起用された大江千里の「Rain」をカバーも収録。

 注目曲としては6位にsupercellの「拍手喝采歌合」が初登場。CX系ノイタミナ枠で異例の1時間放送されている話題の『刀語』オープニングテーマとして起用され、作品の世界感を盛り上げる和風ロックテイストなサウンドが評判を呼び、パッケージの発売が6月12日にも関わらず、先行デジタルリリースで圧倒的なポイントを稼ぎ上位に食い込んだ。

ザ・ウォンテッドが国内洋楽チャート首位返り咲き

ザ・ウォンテッドの「グラッド・ユー・ケイム」が今週のBillboard JAPAN 国内洋楽チャートでダフト・パンクを破り、再び首位の位置に返り咲いた。

 先日の初来日ショーケース・イベントの開催など、メディア露出をキープしたプロモーション展開でエアプレイ、デジタルとポイントを重ね続け勢いを落とさず、今週のチャートに到達。先週ダフト・パンクに奪われてしまった首位の座を奪還した。しかし、8年ぶりのアルバムリリースであるダフト・パンクの勢いも凄まじく、上位2組のポイントはかなりの僅差であった。

 そして、ザ・ウォンテッドと同じく先日の初来日プロモーションが大好評となったオースティン・マホーン「セイ・ユア・ジャスト・ア・フレンド feat.フロー・ライダー」が先週10位から3位に大きくジャンプアップ。来日中にはファンミーティングだけでなく、『めざましテレビ』『笑っていいとも!』といった日本のメディアをジャックしたことで注目度が高まり、デジタルのポイントを大きく稼いだ。魅了された“マホーミーズ”たちが今後更に彼をプッシュし、首位まで押し上げることができるか注目したい。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる