HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2013-06-03

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 42
up
AKB48
さよならクロール
TOP100入り:2週目

2 55
up
テゴマス
猫中毒
TOP100入り:3週目

3 21
up
Perfume
Magic of Love
TOP100入り:4週目

4 15
up
家入レオ
Message
TOP100入り:8週目

5 47
up
ケツメイシ
月と太陽
TOP100入り:6週目

6 16
up
ダフト・パンク
ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス
TOP100入り:5週目

7 4
down
ザ・ウォンテッド
グラッド・ユー・ケイム
TOP100入り:6週目

8 14
up
Salley
赤い靴
TOP100入り:4週目

9 1
down
T.M.Revolution ×水樹奈々
Preserved Roses
TOP100入り:3週目

10 89
up
SCANDAL
会わないつもりの、元気でね
TOP100入り:2週目

11 13
up
長渕剛
未来
TOP100入り:3週目

12 24
up
RIP SLYME
ロングバケーション
TOP100入り:5週目

13 20
up
ティーナ・カリーナ
あかん
TOP100入り:4週目

14 35
up
シシド・カフカ
キケンなふたり
TOP100入り:3週目

15 29
up
マイア・ヒラサワ
ライツ・アー・アウト
TOP100入り:6週目

16 3
down
きゃりーぱみゅぱみゅ
インベーダーインベーダー
TOP100入り:8週目

17 10
down
SEKAI NO OWARI
RPG
TOP100入り:5週目

18 7
down
ケラケラ
スターラブレイション
TOP100入り:4週目

19
up
神宮寺レン(諏訪部順一)
オレンジラプソディ
TOP100入り:1週目

20 40
up
中島美嘉
愛詞(あいことば)
TOP100入り:2週目

ミュージックコラム

AKB48「さよならクロール」、セールス・ポイントで他を圧倒、Hot100で1位獲得!

4タイプのパッケージで販売、注目の32ndシングル選抜総選挙の投票用シリアルナンバーカードが封入された、AKB48「さよならクロール」が、エアプレイ、デジタルでもポイントを伸ばし、合計62958.57ポイントで、2位のテゴマス「猫中毒」の11199.57ポイントに、50,000ポイント以上の大差を付けて今週のBillboard JAPAN Hot 100首位に立った。

 昨年「真夏のSounds good!」は81297.40ポイント、一昨年「Everyday、カチューシャ」は65260.71ポイントを発売週に獲得、年間チャートの1位となっており、それと同レベルの大量ポイントを今年も獲得済ということになる。ただし、それぞれのポイントの内訳をみると、エアプレイとデジタルのポイントが漸減傾向にあり、それを盤石のパッケージ・セールスが支える構図のため、今後の展開によってはまだまだ予断を許さない状況だ。
 
 また、Perfume「Magic of Love」が初動セールスを伸ばし、総合で9878.51ポイントを3位に、エアプレイでダフトパンクに次ぐ2位に付けた家入レオ「Message」が、総合7460.04ポイントで4位につけた。前週14位、今週8位の新人男女デュオSalley「赤い靴」は、引き続きエアプレイが好調のためトップ10にランクインし、次週はいよいよパッケージが発売されるため、引き続きチャート・アクションに注目が集まる。

トリコよりも美食屋?赤い靴を喰らうSalleyがアニメチャート首位

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは現在CX系で放送中の『トリコ』エンディングテーマとして起用された男女2人組ユニット Salleyの「赤い靴」が首位を獲得した。

 本日5月29日にリリースデビューを果たす彼らはボーカル・作詞担当のうららと、ギター・作曲・アレンジメントを手掛ける上口浩平の2人からなるユニット。デビュー前に公開されていた本作のミュージックビデオではうらら(vo)が“赤い靴を食べる”シーンも話題となるなど、注目度が高く、本チャートではすでに7週チャートイン。リリースを控え着実にポイントを伸ばし始め、先週3位からとうとう順位を上げ1位を獲得した。

 先週1位だったT.M.Revolution ×水樹奈々の強力コラボは順位を一つ落としたものの、2位と好位置をキープ。3位のSEKAI NO OWARIも4週連続でTop3圏内をキープし続け、現在の勢いが本物であることを証明している。4位には『うた☆プリ』シリーズから神宮寺レンのソロ・タイトル「オレンジラプソディ」が初登場。

 同じく初登場組で今週のチャートを席巻しているのは、『アイドルマスター シンデレラガールズ』からキャラクターCDとして5月22日にリリースされた5タイトル。輿水幸子「To my darling…」(6位)、安部菜々「メルヘンデビュー!」(7位)、新田美波「ヴィーナスシンドローム」(8位)、赤城みりあ「Romantic Now」(10位)、日野茜「熱血乙女A」(11位)とすべてが上位にチャートインしている。

ダフト・パンク 8年ぶりの新作リリースでザ・ウォンテッドから首位奪取

3週にわたって首位をがっちりキープしていたザ・ウォンテッドが、ついにその座を明け渡すこととなった今週の国内洋楽チャート。

 全世界注目度No.1ボーイズ・グループから首位の座を奪ったのは、やはり大本命ダフト・パンク「ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス」だった。8年ぶりのリリースとなるニューアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』の先行トラックとしてオンエア解禁されて以降、常に首位射程圏内にステイしていた同曲が5月22日のアルバム発売を受け、満を持して首位奪取に成功した。セールスポイントもさることながら、エアプレイチャートでも9位⇒1位とジャンプアップを果たしたことが大きな勝因となっている。

 絶好のタイミングで来日を果たし、その勢いを加速させたザ・ウォンテッドのように、リリースに合わせての来日は今のところ発表されていないが、ソニー・ミュージックによる「日本ダフト・パンク化計画」が大々的に展開されていたり、限定フィギュアがバンダイから発売されることが決定したり、アルバムの中でフィーチャーされているジョルジオ・モロダーが初来日公演の際に収録曲「ジョルジオ・バイ・モロダー」をプレイしたりと話題は尽きない。日本国内でも根強い人気を誇る彼らが来週以降も首位の座をキープできるか、もしくはザ・ウォンテッドの返り咲きなるか、そのチャートアクションに注目だ。

 以下、トップ10圏内で唯一初登場となったのがスウェーデン出身の女性エレクトロ・ハウス・デュオ、アイコナ・ポップの「アイ・ラヴ・イット feat.チャーリー・エックス・シー・エックス」。2012年に米国の人気TVドラマシリーズ『Girls』でフィーチャーされ全米で大ブレイクを果たした同曲。その人気は衰えることなく、先日ラスベガスで開催された【ビルボード・ミュージック・アワード 2013】でもパフォーマンスを披露、現在も米国ビルボードHot 100でもトップ10入りを続けるロングヒット・ナンバーがついに海を越え日本のチャートにも上陸を果たした。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる