HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2013-05-27

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 20
up
T.M.Revolution ×水樹奈々
Preserved Roses
TOP100入り:2週目

2
down
KAT-TUN
FACE to Face
TOP100入り:2週目

3 4
up
きゃりーぱみゅぱみゅ
インベーダーインベーダー
TOP100入り:7週目

4 1
down
ザ・ウォンテッド
グラッド・ユー・ケイム
TOP100入り:5週目

5
up
GENERATIONS from EXILE TRIBE
Love You More
TOP100入り:1週目

6 14
up
高橋優
同じ空の下
TOP100入り:2週目

7 11
up
ケラケラ
スターラブレイション
TOP100入り:3週目

8 5
down
ナオト・インティライミ
恋する季節
TOP100入り:9週目

9 31
up
スピッツ
さらさら
TOP100入り:8週目

10 2
down
SEKAI NO OWARI
RPG
TOP100入り:4週目

11
up
ソナーポケット
片想い。〜リナリア〜
TOP100入り:1週目

12 36
up
アヴリル・ラヴィーン
ネヴァー・グローイング・アップ
TOP100入り:4週目

13 82
up
長渕剛
未来
TOP100入り:2週目

14 7
down
Salley
赤い靴
TOP100入り:3週目

15 18
up
家入レオ
Message
TOP100入り:7週目

16 12
down
ダフト・パンク
ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス
TOP100入り:4週目

17
up
スピッツ
僕はきっと旅に出る
TOP100入り:1週目

18
up
一十木音也(寺島拓篤)
SMILE MAGIC
TOP100入り:1週目

19 53
up
GReeeeN
HEROES
TOP100入り:3週目

20 22
up
ティーナ・カリーナ
あかん
TOP100入り:3週目

ミュージックコラム

T.M.Revolution ×水樹奈々「Preserved Roses」がKAT-TUNを抑え、首位獲得!

TVアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』のオープニングテーマとして既にオンエアされ、5月15日のリリース前後でのメディア大量露出の効果もあって、エアプレイ・セールス・デジタルともにバランス良くポイントを獲得して、合計16860.09ポイントでT.M.Revolution ×水樹奈々「Preserved Roses」がHot 100を制した。

 2位のKAT-TUNは、シングル・セールスでは1万5千枚以上の実売差を付けてトップとなったが、エアプレイで奮わずに、合計13989.54ポイントで惜しくも2位となった。3位のきゃりーぱみゅぱみゅは、エアプレイでは上位2曲を上回ったものの、パッケージ・セールスで大きく水を空けられた形となり、合計7284.17ポイントを獲得した。

 先週1位を獲得したザ・ウォンテッドは、前週に引き続きエアプレイでは、きゃりーぱみゅぱみゅを抑えて1位を獲得するほどの全国的な放送回数をマークして、5096.82ポイントで4位となった。
 篠原涼子主演のフジテレビ木曜劇場『ラスト・シンデレラ』主題歌、ケラケラ「スターラブレイション」はエアプレイでポイントを伸ばし、トップ10にランク・インした。ケラケラは、一昨年、Youtubeに投稿した「友達のフリ」が口コミだけで80万回再生を記録し、投稿動画の総再生回数は200万回を超える、今年2月にメジャー・デビューを果たした注目の新人ガール・ポップ・ユニットだ。
 ナオト・インティライミ「恋する季節」は4月17日のリリースにも関わらず、エアプレイ、セールス、デジタル共にポイントを獲得し続け、ロングラン・ヒットとなっている。

最強コラボT.M.Revolution ×水樹奈々がアニメチャートも制覇

TBS系『革命機ヴァルヴレイヴ』オープニングテーマとして起用されたアニソン界話題のコラボT.M.Revolution × 水樹奈々「Preserved Roses」が今週のBillboard JAPAN Hot Animatonで首位を獲得した。

 今期のアニメ作品の中でも『進撃の巨人』、『はたらく魔王さま!』と並んで要注目作とされていたが、その主題歌がアニメ界で絶大な人気を誇る2組のコラボレーションとあった更に話題を呼んでいた。5月15日にリリースされ、パッケージ、デジタル共に大きくポイントを積み上げた。その好記録は今週アニメチャートだけでなく総合シングルチャートHot 100でも首位を獲得。
 
 初登場では4位にチャート上位常連組である『うた☆プリ』からソロシリーズとして一十木音也の「SMILE MAGIC」がチャートイン。同じく7位に初登場したのは井口裕香の「Grow Slowly」。人気アニメの第2期として放送中の『とある科学の超電磁砲S』エンディングテーマとして起用。先週オープニングテーマであるfripSideの「sister's noise」が2位を獲得し、今週も5位と上位をキープしている。

ザ・ウォンテッド 絶賛来日中のボーイズ・グループが洋楽チャートにて3週連続1位の快挙

現在来日中のUK発野獣系アーバン・ボーイズ・グループ、ザ・ウォンテッドの「グラッド・ユー・ケイム」が、引き続き圧倒的なエアプレイをキープし、今週も再び洋楽チャート1位に君臨する結果となった。

残念ながらBillboard JAPAN Hot100では、先週1位から4位へとランクダウンしてしまったが、週末には初来日ショーケース・イベントが開催、昨日は人気番組「スッキリ!!」に生出演するなど来日中の話題が絶えず、メディアの露出度も高まったことにより、今週も洋楽チャートを制すこととなった。留まることを知らぬザ・ウォンテッド旋風だが、2位にはアヴリル・ラヴィーンの秋にリリースされる最新作からのシングル・カット「ネヴァー・グローイング・アップ」が先週6位からランクアップ。「ずっと大人になんかならない…!私たちはずっと若いままだよ!」という彼女の等身大の想いを歌ったこの曲は、エアプレイではザ・ウォンテッドに引けをとるが、デジタル・セールスでは優勢ということもあり、2組による今後のチャート・バトルも見どころだ。

 トップ10圏内で大きな入れ替わりはないものの、大ヒットシングルとなった「オン・ザ・フロア feat. ピットブル」に引き続き、プロデューサーにレッドワンを迎えたまさに“ドリーム・チーム”によるジェニファー・ロぺスのナンバー「リヴ・イット・アップ feat.ピットブル」が今週10位に初登場。さらに11位には初来日ショーケースの評判をうけ、8月に来日ツアーが決定したボーイによる「リトル・ナンバーズ」、そして“横顔王子”ことジェイソン・デルーロの復活作「ジ・アザー・サイド」が12位に初登場するなど来週以降トップ10圏内に入ってきそうなアーティストがじわじわとチャートを浮上している。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる