HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2013-05-20

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 6
up
ザ・ウォンテッド
グラッド・ユー・ケイム
TOP100入り:4週目

2 1
down
SEKAI NO OWARI
RPG
TOP100入り:3週目

3
up
fripSide
sister's noise
TOP100入り:1週目

4 97
up
きゃりーぱみゅぱみゅ
インベーダーインベーダー
TOP100入り:6週目

5 3
down
ナオト・インティライミ
恋する季節
TOP100入り:8週目

6 37
up
AI
ママへ
TOP100入り:4週目

7 47
up
Salley
赤い靴
TOP100入り:2週目

8
up
星野源
ギャグ
TOP100入り:1週目

9 26
up
Perfume
Magic of Love
TOP100入り:2週目

10 4
down
miwa
ミラクル
TOP100入り:3週目

11 57
up
ケラケラ
スターラブレイション
TOP100入り:2週目

12 10
down
ダフト・パンク
ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス
TOP100入り:3週目

13 46
up
プライマル・スクリーム
イッツ・オールライト、イッツ・オーケー
TOP100入り:6週目

14
up
高橋優
同じ空の下
TOP100入り:1週目

15
up
河西智美
Mine
TOP100入り:1週目

16
up
小倉唯
Baby Sweet Berry Love
TOP100入り:1週目

17 2
down
EXILE ATSUSHI & 辻井伸行
それでも、生きてゆく
TOP100入り:2週目

18 43
up
家入レオ
Message
TOP100入り:6週目

19
up
聖川真斗(鈴村健一)
恋桜
TOP100入り:1週目

20
up
T.M.Revolution ×水樹奈々
Preserved Roses
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

ザ・ウォンテッド、日本でも指名手配完了!

今週のBillboard JAPAN Hot 100は“世界中が指名手配!”というコピーでデビューした、UK発野獣系アーバン・ボーイズ・グループのザ・ウォンテッドが5月8日にリリースした『最強盤』から「グラッド・ユー・ケイム」が大量のエアプレイを獲得し、先週6位からジャンプ・アップして首位となった。

 2011年にイギリスでトップ・グループとしての地位を確立後、世界展開へ大きく舵を切り、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアへ進出。日本でも本タイトルのリリースに合わせてプロモーション来日し、33局のパワープレイを獲得したことにより、ダントツのエアプレイ・ポイントを獲得、前週1位のSEKAI NO OWARI(6162.17ポイント)を抑えて、7526.08ポイントで首位の座についた。19日には来日イベントも開催予定で、この勢いはまだ続く見込みだ。

 3位には、fripSideによる、TVアニメ『とある科学の超電磁砲S』オープニング・テーマ「sister's noise」がダウンロード・セールスを稼ぎ、5338.90ポイントで初登場ランク・インした。岸部四郎や高木ブーなど、芸能人が毎回出演するPVには、今回はザ・たっちが出演し、味のあるセレクトでこちらも話題となっている。先週3位から5位に惜しくもランク・ダウンしたナオト・インティライミ「恋する季節」だが、依然としてエアプレイ、セールスともにバランスの良いポイントを獲得し続けており、8週目を数えて今後もロング・ヒットが予想される。

 また、来週は、きゃりーぱみゅぱみゅ「インベーダーインベーダー」が発売、その翌週にはPerfume「Magic of Love」が発売となり、世界進出を果たした両アーティストのチャート・アクションに注目だ。

SEKAI NO OWARI×クレしんがアニメチャート連覇

先週に続き、今週のBillboard JAPAN Hot Animationを制したのは『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』主題歌を担当したSEKAI NO OWARIの「RPG」がチャート首位の座をキープした。

 4月20日から劇場公開され、現在も大ヒットしている映画との相乗効果で達成した今回の好記録。連続首位は宇多田ヒカル、アヴリル・ラヴィーン、ゆず、SPYAIRに続き、今年度5組目となる。本楽曲も昨年7月にリリースされたアルバム『ENTERTAINMENT』以来の新曲だったことで注目度も高かったことが要因だろう。

 2位には人気アニメの第2期として放送中の『とある科学の超電磁砲S』オープニングテーマであるfripSideの「sister's noise」がチャートイン。圧倒的なセールスポイントでシングルチャートでは首位を獲得するほど爆発的な実力を見せつけた。ヴォーカルを担当する南條愛乃もアニメ作品に泡浮万彬として出演中。また、本日15日に本作のエンディングテーマ「Grow Slowly」がリリースされ次週上位ランクインが予想されている。

 4位に初登場したのは話題の映画『聖☆おにいさん』の主題歌を担当した星野源の「ギャグ」。作品の主役キャラクター1人であるブッダの声優を務めた彼が書き下ろしたという本作すべての漫画家・アニメ制作スタッフの皆さんに捧げる曲とのこと。

初来日目前ザ・ウォンテッド 2週連続洋楽チャートNo.1の快挙達成

オズフェスト日本初開催、クラフトワーク、シガー・ロスとビッグ・アーティストの来日ラッシュで洋楽シーンが盛り上がりを見せた今週だが、チャートに大きな変動はなく上位陣が先週の順位をキープする結果となった。

 2週連続No.1に輝いたのは、いよいよ今週末に初来日を果たすザ・ウォンテッド「グラッド・ユー・ケイム」。ラジオ/CS全国30局以上でパワープレイを獲得している同曲は、今週もエアプレイで爆発的にポイントを獲得、目下デジタルセールスも上昇中とあり、邦楽も含めた国内総合チャートまでをも制する大快挙となった。デビューからわずか1年でイギリスのみならず世界を席巻中の彼らが、初お披露目を足掛かりにチャートを独走することが見込まれるが、そこには手ごわいライバルも。ニューアルバムの発売が迫るダフト・パンクの「ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス」がオンエア解禁以降3週連続で2位をキープ、ぴったりとザ・ウォンテッドをマークしているのだ。アルバム発売は5月22日、ダンス・ミュージックの最高峰として絶対的な人気を誇る彼らが、リリースを機に首位をさらっていく可能性も大いにある。次週以降のチャートアクションに注目だ。

 変動の少なかったTOP10内で唯一初登場5位デビューを果たしたのが、久々にオリジナル・アルバムをリリースしたロッド・スチュワートの「美しい日々」。近年、“スタンダードの歌い手”と化していたロッドが久々に“オトナなロック”を聴かせている同曲。今のロッドだからこそ表現できたナチュラルかつ優しさ溢れるサウンドはこれからの季節にぴったりで、さらなるチャート上昇が期待される。

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる