HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2013-04-01

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 4
up
きゃりーぱみゅぱみゅ
にんじゃりばんばん
TOP100入り:6週目

2
up
HKT48
スキ!スキ!スキップ!
TOP100入り:1週目

3
up
T-ARA
バニスタ!
TOP100入り:1週目

4 24
up
ジャスティン・ティンバーレイク
スーツ・アンド・タイ feat.JAY-Z
TOP100入り:10週目

5 2
down
桑田佳祐
Yin Yang
TOP100入り:4週目

6 5
down
ボン・ジョヴィ
ビコーズ・ウィ・キャン
TOP100入り:11週目

7 10
up
リタ・オラ
ハウ・ウィ・ドゥ(パーティー)
TOP100入り:6週目

8 3
down
乃木坂46
君の名は希望
TOP100入り:2週目

9 58
up
ケツメイシ
さくら
TOP100入り:22週目

10 9
down
安室奈美恵
Big Boys Cry
TOP100入り:4週目

11 6
down
Calling
TOP100入り:3週目

12 34
up
THE BOOM
島唄
TOP100入り:2週目

13 11
down
サカナクション
ミュージック
TOP100入り:10週目

14 68
up
RADWIMPS
ドリーマーズ・ハイ
TOP100入り:2週目

15
up
TOKIO
手紙
TOP100入り:1週目

16 23
up
マニ
バン・バン
TOP100入り:5週目

17
up
パスピエ
フィーバー
TOP100入り:1週目

18 18
stay
GReeeeN
桜color
TOP100入り:5週目

19 92
up
BEGIN
春にゴンドラ
TOP100入り:2週目

20 82
up
臼澤みさき
名前
TOP100入り:3週目

ミュージックコラム

きゃりーぱみゅぱみゅがHKT48を破り見事首位に

日本のファッション・アイコン、きゃりーぱみゅぱみゅとAKB48の姉妹ユニット、HKT48によるBillboard JAPAN Hot 100首位争いは見事「にんじゃりばんばん」に軍配が上がった。

 過去にも「つけまつける」や「CANDY CANDY」など中毒性の高いサウンドを送り出してきた彼女が放った今作「にんじゃりばんばん」もまた、耳から離れないポップなエレクトロ・チューン。auの「FULL CONTROL」CMソングとして以前より話題性も高くなり、デジタル、エアプレイで積み上げた先週4位からセールスポイントを着実に重ね見事首位獲得となった。

 HKT48が満を持してリリースしたメジャー・デビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」は、シングルセールスでは圧倒的ポイントを稼ぎ首位。しかし、エアプレイ、デジタルではポイントの蓄積が伸びず2位となった。平均年齢15歳というフレッシュな彼女達に相応しい超キュートなパワー・ポップ・チューンで「恋をすることでみなぎるチカラ」を歌った等身大の歌詞に、エネルギー溢れるサウンドと無邪気な笑顔がマッチした仕上がりになっている。

 3位以下はT-ARA「バニスタ!」、ジャスティン・ティンバーレイク「スーツ・アンド・タイ feat.JAY-Z」、ボン・ジョヴィ「ビコーズ・ウィ・キャン」、リタ・オラ「ハウ・ウィ・ドゥ(パーティー)」と海外勢が健闘。都内でサクラが満開となった今週、先週58位のケツメイシ「さくら」はトップ10入りを果たし、GReeeN「桜color」(18位)、aiko「桜の時」(32位)、森山直太朗「さくら(独唱)」(42位)、福山雅治「桜坂」(43位)、コブクロ「桜」(65位)など桜をタイトルにした楽曲が軒並みランクイン、HOT100内でも咲き乱れる結果となった。

SPYAIRの『銀魂』主題歌がアニメチャート2連覇

上位5曲中、3曲が初登場楽曲となった今週のBillboard JAPAN Hot Animationを制したのは、先週『銀魂』史上初の首位獲得作品となったSPYAIRが担当したオープニングテーマ「サクラミツツキ」。

 2位には大人気タイトルである『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) episode6「宇宙と地球と(そらとほしと)」』の主題歌を担当したAimerの「RE:I AM」がチャートイン。『NO.6』のエンディングテーマ「六等星の夜」でアニメチャート初登場首位を記録し、『BLEACH』、『夏雪ランデブー』と話題作に楽曲が起用されてきた彼女だけあってセールスポイントは群を抜いていたが、「サクラミツツキ」はセールスポイントは落してしまったものの、エアプレイとデジタルで順調にポイントを重ねれたことで強力タイアップ楽曲たちを抑えた。 

 3位にはアニメ主題歌を数多く担当してきたFLOWがチャートイン。いよいよ今週3月30日(土)に公開が迫った映画『ドラゴンボールZ 神と神』の劇中歌として起用された「HERO〜希望の歌〜」。本アニメの名曲である「CHA-LA HEAD-CHA-LA」をカバーした両A面シングルとしてリリースされた。公開後にどのようなチャートアクションを見せるのか注目したい。

 初登場楽曲として5位にチャートインしたのは、4月20日に公開される映画『名探偵コナン 絶海の探偵』主題歌として起用された斉藤和義の「ワンモアタイム」。今回自身初となるアニメ映画の主題歌オファーを受けて「子供に自慢出来るな」と思ったという。楽曲もリリースは4月17日となるが、エアプレイ解禁となり一気に注目度を上げた。

J・ティンバーレイク 待望の最新作発売とともに遂に洋楽チャートで1位に

約7年ぶりとなる待望のニュー・アルバム『20/20 エクスペリエンス』を3月20日に発売したジャスティン・ティンバーレイクの「スーツ・アンド・タイ feat.ジェイ・Z」が遂に洋楽チャートにて1位の座に輝いた。

 圧倒的なエアプレイ・ポイントを稼ぎ、エアプレイ・チャートでは2位、Billboard JAPAN Hot 100では4位へと急上昇した。イギリス、オーストラリアを始め、驚異的なセールスで各国のアルバム・チャートで1位を記録している『20/20 エクスペリエンス』。アメリカでは当初予想されていた発売週50万枚をはるかに上回り、96.8万枚を売り上げ、今週付の米ビルボード・アルバム・チャートでも1位にランクインすることが確実となっている。

 惜しくも1位の座を受け渡してしまい、今週2位となったのはボン・ジョヴィの「ビコーズ・ウィ・キャン」。先週『ホワット・アバウト・ナウ』が、デヴィッド・ボウイとの全米アルバム・チャート対決を制したものの、本国でも今週はジャスティン・ティンバーレイクに王座を受け渡すこととなる。そして、5位に急上昇したのが、約3年ぶりの新作『オールド・ソック』をリリースしたエリック・クラプトンの「ゴッタ・ゲット・オーヴァー」。この曲ではチャカ・カーンをゲストに迎えた他、ポール・マッカートニー、JJ・ケールなど豪華ゲストが参加した新曲2曲を含む珠玉の名曲のカヴァー集となっている。

 10位に初登場したのは、スウェーデン出身の19歳ウルリック・マンターの「テル・ザ・ワールド・アイム・ヒア」、さらに全米シングル・チャートを席巻したマックルモア&ライアンルイスの「スリフト・ショップfeat.ワンズ」が、トップ10に初ランクインし、13位を記録している。

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる