HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2013-03-04

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 42
up
AKB48
So long!
TOP100入り:2週目

2 23
up
SMAP
Mistake!
TOP100入り:3週目

3
up
MAN WITH A MISSION
Emotions
TOP100入り:1週目

4 4
stay
ゼッド
スペクトラム feat.マシュー・コーマ
TOP100入り:5週目

5
up
E-Girls
THE NEVER ENDING STORY〜君に秘密を教えよう〜
TOP100入り:1週目

6 37
up
KEITA
Slide 'n' Step
TOP100入り:3週目

7 63
up
絢香
beautiful
TOP100入り:2週目

8 2
down
AI
VOICE
TOP100入り:6週目

9 96
up
ASIAN KUNG-FU GENERATION
今を生きて
TOP100入り:2週目

10 1
down
Kis-My-Ft2
My Resistance-タシカナモノ-
TOP100入り:2週目

11 9
down
CREAM
Shooting Star
TOP100入り:4週目

12 35
up
シシド・カフカ
music
TOP100入り:2週目

13 34
up
THE ALFEE
Final Wars!
TOP100入り:2週目

14
up
GReeeeN
桜color
TOP100入り:1週目

15
up
TOKIO
リリック
TOP100入り:1週目

16 48
up
Silent Siren
stella☆
TOP100入り:2週目

17 100
up
JUJU
Dreamer
TOP100入り:2週目

18 38
up
ワン・ダイレクション
キス・ユー
TOP100入り:7週目

19 8
down
サカナクション
ミュージック
TOP100入り:6週目

20
down
竹内まりや
たそがれダイアリー
TOP100入り:2週目

ミュージックコラム

AKB48 まゆゆ初センターで贈る、恒例の“桜ソング”がチャートを制す

“まゆゆ”こと渡辺麻友が初センターを務めるAKB48の2013年第1弾シングル「So Long !」が2月20日のリリースを受け、またしても圧倒的なセールスポイントを獲得、今週のHot100首位に輝いた。

 同曲は、「またね!」を意味するタイトル通り、卒業シーズンに向けて発表される毎年恒例の“桜ソング”となっており、メンバーが“ドコモダケ”に扮して出演するNTTドコモのCMでもお馴染みのナンバー。AKB48にとって30枚目の節目となるシングルであり、初のセンターを務める渡辺麻友の両サイドは島崎遥香、松井珠理奈が固める。楽曲の持つメッセージのみならず、そういった布陣もまた、彼女たち自身にとっての“旅立ち”と新たなステージへの“出発”を感じさせてくれる作品となっている。

 そして、本日2月27日発売となったSMAPの「Mistake!」が今週のエアプレイチャートを制し、同ポイントのみで早くもHot100の2位に急浮上。爆発的なCDセールスを誇るジャニーズ勢が、それを武器に総合チャートのHot100で首位を獲得するのは決して珍しいことではないが、FM各局のオンエア回数が大きな影響力を持つエアプレイ・チャートを制するのは非常に難しく、嵐でさえ首位を獲得したのは2009年「Everything」の1曲のみ。しかし、SMAPにとってこの「Mistake!」はすでに9曲目のエアプレイNo.1ソングであり、この結果は今更言うまでもないが、彼らが“アイドル”という領域を完全に逸脱した存在、国民的アーティストであることを見事に証明
してくれている。

 3位には先週2月22日 テレビ朝日『ミュージックステーション』出演も大いに話題となったオオカミバンドMAN WITH A MISSION「Emotions」が初登場、バンド史上最高位を獲得。その風貌と圧倒的なパフォーマンスで常に話題を振り撒き続け、5月には初の武道館公演も決定、最高にノリにノっている彼らがロック・シーンから飛び出し音楽シーン全体に一大旋風を巻き起こしつつある。

7!!が『ナルト』テーマで2作目のアニメチャート首位

沖縄出身・在住の男女4ピースバンド 7!!(セブンウップス)が担当するTX系『NARUTO-ナルト-疾風伝』エンディングテーマ「さよならメモリー」が今週のBillboard JAPAN Hot Animationで先週16位から大きくジャンプアップし、首位を獲得した。

 TX系『君と僕。』のオープニングテーマ「バイバイ」で2週連続1位(2011年11月14日付、2011年11月21日付)を獲得していた彼らにとって2タイトル目の首位獲得作品となった。また、3月8日から全国各地のご当地アイドルと対バンツアーを開催することが決定している彼ら。この勢いに乗って来週以降のチャートアクションに期待したい。

 しかし、その来週の首位は彼女たちによって阻まれると思われる。7!!の活躍によって僅差で先週1位から順位を落とし、2位にチャートインしたPerfumeだ。驚異的なエアプレイポイントで上位をキープしているが、いよいよ本日2月27日にパッケージがリリースとなっており、来週の1位が確実視されている。

 また、4位には平野綾のユニバーサル移籍第一弾シングル「TOxxxIC」が初登場。今年の元旦にニッポン放送『ミュ〜コミ+プラス』で公開され、“歌っているのはボカロか人間か?”と話題の「ミライボイジャー」も収録。

ゼッドが驚異の3週連続1位獲得

世界的にEDMブームが続く中、ひときわ異彩を放つ若きプロデューサー、ゼッドが、日本でも頭角を現し始めている。先週、先々週に引き続き「スペクトラム feat.マシュー・コーマ」が国内洋楽チャート3週連続1位を獲得した。エアプレイチャートはSMAPに惜しくも1位の座を奪われてしまったが、洋楽チャート2位のワン・ダイレクションとのポイント数を大きく引き伸ばしている。JAPAN HOT100では先週に引き続き4位と、邦楽強豪アーティストたちが続々とチャート急上昇を見せているが、踏み止まっている。
 
 国内洋楽チャートTOP10は今週も、ワン・ダイレクション、カーリー・レイジェプセン、テイラー・スウィフト、ブルーノ・マーズと、お馴染みの顔ぶれがTOP10内を席巻しているが、初登場組にも注目だ。

 初登場4位にチャート・インしたのは、ロシアでもっとも成功を収めたアーティストの一人にして、ヨーロッパ市場、アメリカ市場を急速に進撃する革命児ティマティと、人気上昇中のDJ集団ラ・ラ・ランドによる最強タッグで放った話題の世界進出第一弾シングル「ノット・オール・アバウト・ザ・マネー feat.ティンバランド & グローヤ」。先週ティマティの世界デビュー・アルバム『スワッグ〜ブッコミ帝王の逆襲〜』が日本でも初上陸となりエアプレイはもちろんデジタルセールでもポイントを獲得し上位に食い込んだ。日本でもパティーチューン楽曲は人気が高いが彼も今後日本のクラブシーンにどれだけ影響を与えるのか注目したい。
 
 同じく10位にチャート・インしたのは、イギリス発の女性シンガー・ソングライター、リタ・オラの「ハウ・ウィ・ドゥ(パーティー)」が、チャート・イン。ブロンドと真っ赤なリップがセクシー&キュートな21歳の彼女だが、その才能は10代の頃ジェイ・Zに認められ、デビュー前に、DJ Freshの「ホット・ライト・ナウ feat. リタ・オラ」でヴォーカルを担当し、何とその楽曲が全英シングル・チャート1位を獲得する大ヒットとなり、注目の的となった。そして、リタ・オラのデビュー・シングル「R.I.P feat. タイニー・テンパー」でも、全英チャート初登場1位を記録するという快挙を成し遂げた。そしていよいよ3月6日に国内デビューを果たす彼女は3月18日には来日公演も決定している。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる