HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2013-02-11

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
SKE48
チョコの奴隷
TOP100入り:1週目

2 39
up
きゃりーぱみゅぱみゅ
キミに100パーセント
TOP100入り:7週目

3 13
up
ケシャ
ダイ・ヤング
TOP100入り:16週目

4
up
GENERATIONS from EXILE TRIBE
ANIMAL
TOP100入り:1週目

5 1
down
サカナクション
ミュージック
TOP100入り:3週目

6 52
up
きゃりーぱみゅぱみゅ
ふりそでーしょん
TOP100入り:4週目

7 16
up
Coda
BLOODY STREAM
TOP100入り:2週目

8 3
down
塩ノ谷早耶香
Dear Heaven
TOP100入り:4週目

9
up
ゆず
イロトリドリ
TOP100入り:1週目

10 44
up
GILLE
Try Again
TOP100入り:3週目

11 72
up
ゴスペラーズ
氷の花
TOP100入り:2週目

12 5
down
ワン・ダイレクション
リヴ・ホワイル・ウィアー・ヤング
TOP100入り:18週目

13 9
down
ブルーノ・マーズ
ロックド・アウト・オブ・ヘヴン
TOP100入り:17週目

14 42
up
ジャスティン・ティンバーレイク
スーツ・アンド・タイ feat.JAY-Z
TOP100入り:3週目

15 6
down
ゆず
REASON
TOP100入り:5週目

16 14
down
リッキー・リー
ドゥ・イット・ライク・ザット〜恋の合言葉〜
TOP100入り:4週目

17
up
桑田佳祐
涙をぶっとばせ!!
TOP100入り:1週目

18 30
up
カーリー・レイ・ジェプセン
コール・ミー・メイビー
TOP100入り:42週目

19 4
down
松本哲也
ユキヤナギ
TOP100入り:4週目

20 61
up
米米CLUB
TAKARABUNE
TOP100入り:2週目

ミュージックコラム

SKE48 バレンタインの新定番が首位に

名古屋・栄を拠点に活動するSKE48の新曲「チョコの奴隷」が、シングル・セールスで他と圧倒的な差を見せつけ、見事今週のBillboard JAPAN HOT100で1位に輝いた。

 前作「キスだって左利き」から4か月ぶりのリリースとなった11thシングル。好きな女子のチョコの行方を気にする男心を歌ったバレンタイン・ソングで、バレンタインデーを前に至る所でヘビロテ中。アイドル×バレンタインといえば、国生さゆりwithおニャン子クラブ「バレンタイン・キッス」や2010年に渡り廊下走り隊7がカバーした同楽曲などがあげられるが、「チョコの奴隷」もバレンタイン・デーの新定番として甘くほろ苦いこの季節を盛り上げてくれるだろう。

 また、今年成人式を迎えたきゃりーぱみゅぱみゅの両A面シングルから2曲が同時にチャートイン。エアプレイ、シングル・セールスそれぞれバランスよくポイントを稼ぎ、「キミに100パーセント」は2位、「ふりそでーしょん」は6位に。前者は「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)のオープニングテーマ、後者はリリース前日に二十歳となったきゃりいーぱみゅぱみゅの心境が綴られた楽曲。子供から大人へのひとつの節目に作られた記念ソングになっている。2月9日をベルギー・ブリュッセルを皮切りに世界10か国ツアーを控える日本のポップ・アイコン、大人きゃりーぱみゅぱみゅの活躍に期待大。

 3位にはケシャ「ダイ・ヤング」。若くして死にたいという歌詞が、アメリカでは小学校銃乱射事件に関連して問題になっているものの、日本では3位という好結果に。アメリカではラジオ局各社がプレイリストから外しているとされる同楽曲は、日本ではエアプレイ・チャートでダントツ1位となった。

新成人のきゃりーぱみゅぱみゅが首位獲得

1月30日に発売されたきゃりーぱみゅぱみゅの4thシングル「キミに100パーセント/ふりそでーしょん」から「キミに100パーセント」が今週2月11日付Billboard JAPAN Hot Animationで首位を獲得した。

 テレビ朝日系で放送中の『クレヨンしんちゃん』オープニング・テーマとして起用された本楽曲は、昨年12月17日付チャートに8位で初登場し、2か月間チャートのTop10内をキープ。先週のリリースタイミングでポイントが急上昇。筋金入りの『クレヨンしんちゃん』ファンと公言していた彼女が1月25日に放送されたアニメの中に本人役として登場し、大きく話題となったことも手伝い、エアプレイ、セールス、デジタルと確実に数字を伸ばせたことが今回の好結果の要因だろう。彼女は2月から世界10か国を回るワールドツアーを行う。

 2位は先週に続き、『ジョジョの奇妙な冒険』のオープニング・テーマ、Codaの「BLOODY STREAM」がその座をキープ。先週のチャートでは驚異的なデジタルポイントを稼いだが、パッケージは1月30日リリースとなり、今週のシングルチャートでも3位に送り込むほどの人気を見せつけた。3位には先週からの4週連続首位記録を逃してしまったゆずの「REASON」が2つ順位を落としてチャートイン。まだまだアニメ含めて作品の勢いが強い。

 そして、今週の要注目は4位のに初登場したヒャダインの「23時40分 feat.Base Ball Bear」だろう。本作は大人気アニメ「バクマン。」のオープニング・テーマとなっており、アレンジを楽曲タイトルにも入っているBase Ball Bearが担当している。疾走感あふれるストレートなロック・ナンバーが最終章に突入したアニメに花を添える。

ケシャ 「ダイ・ヤング」で約2年ぶりの洋楽チャート1位に

1月30日に最新作『ウォーリア』をリリースしたばかりのお騒がせ歌姫ケシャが、アルバムからのリード・トラック「ダイ・ヤング」で圧倒的なエアプレイ・ポイントを稼ぎ、約2年ぶりに国内洋楽チャート1位の座に輝いた。今週のエアプレイ・チャートでは、サカナクション、きゃりーぱみゅぱみゅなどを抑え1位に、そしてアルバムは初登場20位にランクインした。発売に合わせ来日し、ラジオ、TVをはじめとしたメディア露出も多く、さらには本人が出演したプレミアム・イベントも開催され、その強烈なルックスとセクシーな歌声で日本の音楽ファンの心をガッチリとつかんだ。

 そして待望のニュー・アルバム『20/20 エクスペリエンス』が、日本にて3月20日に発売、2月10日に開催されるグラミー賞授賞式ではパフォーマンスを披露することが発表され、再び時の人となったジャスティン・ティンバーレイクの「スーツ・アンド・タイ feat.ジェイ・Z」が、4位へ浮上。映画『ソーシャル・ネットワーク』以来、鬼才デヴィッド・フィンチャー監督と約6年ぶりのでタッグを組み、ミュージック・ビデオの制作にも取り掛かっていることもあり、今後の動向にも注目が集まっている。

 なんと今週7位に初登場したのは、現地時間にて2月3日に行われた米NFLスーパー・ボウルのハーフタイムショウで、3人揃った再結成パフォーマンスを行い「ブーティリシャス」をはじめとするヒット曲を披露、全世界を熱狂の渦に巻き込んだビヨンセ率いるデスティニーズ・チャイルドによる約8年ぶりの新曲「ニュークリア」。ファレルがプロデュースを手掛けたこの曲は、米国にてリリースされた最新コンピレーションアルバム『ラヴ・ソングス』に収録されていて、このパフォーマンスの高評価に伴い本国ではセールスが急上昇していることももあり、日本でのチャート・アクションも気になるところだ。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる