HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2012-11-12

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 59
up
AKB48
UZA
TOP100入り:3週目

2
up
中山優馬
Missing Piece
TOP100入り:1週目

3 46
up
THE BAWDIES
LEMONADE
TOP100入り:4週目

4 27
up
安室奈美恵
Damage
TOP100入り:2週目

5 28
up
Ne-Yo(ニーヨ)
レット・ミー・ラヴ・ユー
TOP100入り:17週目

6
up
AAA
TOP100入り:1週目

7 58
up
秦基博
Dear Mr.Tomorrow
TOP100入り:4週目

8 2
down
テイラー・スウィフト
私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない
TOP100入り:11週目

9
up
遊助
VIVA! Nossa Nossa
TOP100入り:1週目

10 42
up
Superfly
Force
TOP100入り:9週目

11 15
up
ブルーノ・マーズ
ロックド・アウト・オブ・ヘヴン
TOP100入り:5週目

12
up
エレファントカシマシ
ズレてる方がいい
TOP100入り:1週目

13 6
down
きゃりーぱみゅぱみゅ
ファッションモンスター
TOP100入り:8週目

14 1
down
鬼龍院翔 from ゴールデンボンバー
Life is SHOW TIME
TOP100入り:2週目

15 5
down
シェール・ロイド
スワッガー・ジャガー
TOP100入り:5週目

16 4
down
木村カエラ
Sun shower
TOP100入り:7週目

17 8
down
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
HALLOWEEN PARTY
TOP100入り:3週目

18
up
神谷浩史
Such a beautiful affair
TOP100入り:1週目

19
up
Yun*chi
Reverb*
TOP100入り:1週目

20 82
up
back number
青い春
TOP100入り:2週目

ミュージックコラム

大島優子と松井珠理奈のWセンターでチャート完全制覇

大島優子と松井珠理奈がWセンターを務めたAKB48のニュー・シングル「UZA」が今週のBillboard JAPAN Hot 100で1位を獲得。シングル、エアプレイ、デジタルとすべてのポイントで下位楽曲に圧倒的大差をつけた。「ギンガムチェック」以来約2か月ぶりにリリースされた同楽曲は、これまでのAKB48にはない激しい振付とダークな色気を主張したエレクトロ・ダンス・チューン。前田敦子なき今、新たな局面を迎えたAKB48の攻めが感じられる。
 3位にTHE BAWDIES「LEMONADE」が先週46位から急上昇。こちらもまた、これまでのTHE BAWDIESには珍しいメディアム・テンポのシングル。ストレートなロックンロールと圧倒的なヴォーカルでいまや夏フェスの顔となった彼らが贈る初の甘く切ないナンバーだ。

 配信限定リリースにもかかわらず、4位にランクインしたのは安室奈美恵の「Damage」。井筒和幸監督、映画「黄金を抱いて翔べ」のために書き下ろされた同楽曲はハードなテイストで20周年を迎えた安室の強さが感じられる。推理小説の巨匠、高村薫が放った作品の世界感を助長する安室のエモーショナルなヴォーカルが魅力。11月末より自身初の全国5大ドームツアーも決定しており、新しいスタートをきった安室が今後どんな顔をみせてくれるか。

大人気声優神谷浩史がアニメチャートを制覇

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは『まどか☆マギカ』や『NARUTO』といった強力タイアップを抑え、神谷浩史が10月31日にリリースした3rdシングル「Such a beautiful affair」が首位の座に着いた。

 『機動戦士ガンダム00』シリーズのティエリア・アーデ、『さよなら絶望先生』シリーズの糸色望、『夏目友人帳』シリーズの夏目貴志として人気アニメには欠かせない声優となった彼は2010年から歌手活動を開始し、デビュー曲「For myself」、2ndシングル「虹色蝶々」に続き、3作目となる本作も首位を獲得し、3作連続1位の快挙を成し遂げた。

 人気アニメ番組のタイアップ楽曲が上位を占める本チャートだが、今週は神谷浩史の首位をはじめ、8位には森久保祥太郎の「Let's get started」が初登場。また、人気声優のユニットゆいかおり(小倉唯&石原夏織)の6枚目となるシングル「ウェィカッ!!」が10位とタイアップをもたない声優名義のタイトルが活躍している。

ニーヨ テイラー・スウィフトの2週連続1位の記録に歯止めをかける

10月31日に待望の新作『R.E.D.』をリリースしたR&B界屈指のシンガー・ソングライター/プロデューサー、ニーヨ「レット・ミー・ラヴ・ユー」が、今週テイラー・スウィフトの「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」を下し、Billboard JAPAN洋楽チャートにて初の1位を記録した。過去3度のグラミーにも輝いている彼のモータウン・レーベル移籍後、初となる作品ということもあり、期待が高まる中、来日し、同曲のBENIとのデュエットを制作するなど、精力的にプロモーション活動を行い、アルバム・チャートでは、初登場1位を記録。エアプレイ・チャートでもAKB48には及ばなかったものの、2位にランクインしており、Billboard JAPAN Hot100では、先週28位から5位に大幅にランクアップしている。

 チャート中盤では、ブルーノ・マーズ「ロックド・アウト・オブ・ヘブン」が先週に引き続き3位をキープ、先週2位シェール・ロイドの「スワッガー・ジャッガー」が4位へランクダウンなど、接戦の中、圧倒的なエアプレイ・ポイントで8位に初登場したのは、カナダ出身“新世代セレブ・キューティ”ことキーシャ・シャンテの「テーブル・ダンサー」。踊りたくなるエレクトロ・サウンドにキャッチーなヴォーカル、キュートなルックスで今話題沸騰中の彼女。この曲が収録されたアルバム『ナイト&デイ』も11月21日にリリースを控えており、これからますますチャート・アクションに期待して行きたいアーティストの一人だ。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる