HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2012-10-01

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 59
up
SKE48
キスだって左利き
TOP100入り:2週目

2 4
up
カーリー・レイ・ジェプセン
グッド・タイム with アウル・シティー
TOP100入り:13週目

3
up
氷川きよし
最後と決めた女だから
TOP100入り:1週目

4 2
down
BUMP OF CHICKEN
firefly
TOP100入り:2週目

5 7
up
Superfly
Force
TOP100入り:3週目

6 31
up
マイケル・ジャクソン
バッド
TOP100入り:4週目

7 32
up
シシド・カフカ
愛する覚悟
TOP100入り:3週目

8 9
up
カーリー・レイ・ジェプセン
コール・ミー・メイビー
TOP100入り:24週目

9 77
up
ポルノグラフィティ
カゲボウシ
TOP100入り:2週目

10 6
down
AKB48
ギンガムチェック
TOP100入り:5週目

11
down
Dragon Ash
Run to the Sun
TOP100入り:2週目

12 8
down
サカナクション
夜の踊り子
TOP100入り:4週目

13 3
down
家入レオ
Bless You
TOP100入り:5週目

14 24
up
GOLD RUSH
宝物
TOP100入り:2週目

15 36
up
近藤晃央
フルール
TOP100入り:3週目

16 5
down
EXILE TRIBE
24karats TRIBE OF GOLD
TOP100入り:5週目

17 27
up
Superfly
輝く月のように
TOP100入り:13週目

18 43
up
グリーン・デイ
オー・ラヴ
TOP100入り:10週目

19
up
UNISON SQUARE GARDEN
リニアブルーを聴きながら
TOP100入り:1週目

20 79
up
中島美嘉
明日世界が終わるなら
TOP100入り:2週目

ミュージックコラム

10枚目となる新曲でもHOT 100連続1位記録をキープ

前作「アイシテラブル!」から4か月ぶりのリリースとなったSKE48の10枚目となるシングル「キスだって左利き」が、今週のBillboard JAPAN HOT100で首位の座を獲得。キャッチコピーは“キスの仕方、教えてください”初心な少女の心の中を綴ったくすぐったいラヴ・ソング。「パレオはエメラルド」「オキドキ」「片思いFinally」「アイシテラブル!」に続く首位となり、「オキドキ」以降、タイアップなしでの連続首位獲得に彼女達の人気の高さが伺える。尚、彼女たちの1stアルバム『この日のチャイムを忘れない』が同時発売されており、デビュー・シングル「強き者よ」から8thシングル「片想いFinally」までのシングル表題曲に加え、新曲が収録されている。アルバムチャートではSuperflyの新作に首位の座を奪われたが、初登場2位と大健闘している。

 2位には全米チャートでも圧倒的な強さを見せるポップ・プリンセス、カーリー・ジェプセン「グッド・タイム with アウル・シティー」が先週4位から2位に浮上。先日のプロモーション来日が功を奏し、国内洋楽チャートでは先週に続き1位をキープしている。「コール・ミー・メイビー」も引き続きTOP 10をキープ。

 そして、氷川きよし「最後と決めた女だから」が3位に初登場。作詞に水木れいじ、作曲を鶴岡雅義が手がける本格演歌。BUMP OF CHICKENやSuperfly、ポルノグラフィティなどの人気のロック勢を抑えての好記録は根強いファンの強さを示した。

劇場版TIGER & BUNNYがアニメチャートで首位獲得

UNISON SQUARE GARDENが歌う映画『劇場版 TIGER & BUNNY-The Beginning-』主題歌「リニアブルーを聴きながら」が今週のHot Animationチャートで先週11位から順位を上げ、首位を獲得。2011年に放送された人気アニメの劇場版2部作の第1段として、9月22日に公開されテレビシリーズでは語られなかったエピソードが描かれている。桂正和のキャラクター原案や、監督にさとうけいいち、アニメーション制作がサンライズであるなど豪華制作陣に加え、登場するヒーロー達が実存する企業のスポンサーの援助を受けて活躍していることやでアニメファン以外でも大きく話題となっていた。今回劇場版の主題歌を担当したUNISON SQUARE GARDENは5枚目のシングル「オリオンをなぞる」でテレビ版のオープニングテーマにも起用されており、本作品では外せないアーティストとなった。

 2位には1970年に発禁処分となり賛否両論を巻き起こし、映像化不可能といわれ続けたジョージ秋山原作の漫画をアニメ化、9月29日に劇場公開される『アシュラ』の主題歌「Trash」が先週16位から上昇した。今回主題歌を担当した小南泰葉は昨日9月25日に東京・築地本願寺で、本作の公開を記念して寺院ライブを開催。作品の世界観と主人公アシュラが初めて話す言葉が“南無阿弥陀仏”であることから寺院が会場として選ばれた。こちらも監督は『TIGER & BUNNY』のさとうけいいちと上位2曲は彼の関連作品となった。

カーリー・レイ・ジェプセン&アウル・シティー 3週連続No.1に

先週に引き続き国内洋楽チャート1位を記録したのは、遂にエアプレイ・チャートにて1位を記録したカーリー・レイ・ジェプセン「グッド・タイム with アウル・シティー」。3ヴァージョンのリミックスが収録されたEPも配信開始され、デジタル・セールスも引き続き順調だが、残念ながら「コール・ミー・メイビー」は、先週2位から3位へとランクダウンしてしまっている。

 代わりに2位に浮上したのが、19日に名盤『BAD』の25周年記念アルバムがリリースされ、エアプレイ・チャートにてタイトル・トラック「BAD」が3位を記録したマイケル・ジャクソン。アルバム・セールスも好調でカーリー・レイ・ジェプセン『キス』の初登場10位を上回った8位を記録しているのは、老若男女問わず根強い人気を誇る“キング・オブ・ポップ”故の結果だろう。

 先週20位から7位へ大幅ランクアップしたのは、デビュー10年目を迎え、今までの活動の集大成とも言える新作『バトル・ボーン』を19日にリリースしたザ・キラーズの「ランナウェイズ」。他にも本日3部作の第一弾『ウノ!』がリリースされるグリーン・デイの「オー・ラヴ」が4位へ再浮上、こちらも新作『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』の発売が迫るミューズの「マッドネス」が6位へランクアップとロック勢も負けずとチャート・レースを激走している。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる