HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2012-09-24

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
down
KAT-TUN
不滅のスクラム
TOP100入り:2週目

2
up
BUMP OF CHICKEN
firefly
TOP100入り:1週目

3 10
up
家入レオ
Bless You
TOP100入り:4週目

4 6
up
カーリー・レイ・ジェプセン
グッド・タイム with アウル・シティー
TOP100入り:12週目

5 2
down
EXILE TRIBE
24karats TRIBE OF GOLD
TOP100入り:4週目

6 3
down
AKB48
ギンガムチェック
TOP100入り:4週目

7 46
up
Superfly
Force
TOP100入り:2週目

8 5
down
サカナクション
夜の踊り子
TOP100入り:3週目

9 57
up
カーリー・レイ・ジェプセン
コール・ミー・メイビー
TOP100入り:23週目

10 1
down
関ジャニ∞[エイト]
あおっぱな
TOP100入り:2週目

11 4
down
コブクロ
ココロの羽
TOP100入り:4週目

12
up
T.M.H.R.
チカラにかえて
TOP100入り:1週目

13 11
down
ONE OK ROCK
The Beginning
TOP100入り:5週目

14
up
タッキー&翼
小悪魔ジュリエット
TOP100入り:1週目

15
up
SCANDAL
ピンヒールサーファー
TOP100入り:1週目

16
up
2AM
For you〜君のためにできること〜
TOP100入り:1週目

17 25
up
PES from RIP SLYME
素敵なこと
TOP100入り:3週目

18 92
up
TEE
Together〜つながり〜
TOP100入り:2週目

19
up
清水翔太 feat.仲宗根泉(HY)
366日
TOP100入り:1週目

20 21
up
テイラー・スウィフト
ウィー・アー・ネヴァー・エヴァー・ゲッティング・バック・トゥギャザー
TOP100入り:4週目

ミュージックコラム

同日発売3アーティストによるトップ争いは大本命KAT-TUNが制す

9月12日発売の3タイトルがトップ争いを繰り広げた今週のHOT100だが、やはりに最後に制したのは大本命KAT-TUNであった。彼らにとって19枚目のシングルとなる「不滅のスクラム」は同じくジャニーズ事務所の安田章大(関ジャニ∞)主演のTBS・MBS系ドラマ『ドラゴン青年団』の主題歌で、タイトル通り“仲間と夢をつかみ取れ!”という絆ソングだ。紆余曲折を経て各メンバーがソロ活動でさらに活躍の幅を広げ、止まることなく躍進し続ける彼ら自身の姿ともシンクロする非常に力強いナンバーとなっている。

 首位には一歩及ばなかったものの僅差で2位につけたのはBUMP OF CHICKENの「firefly」。セールスで2位、エアプレイで3位とバランス良くポイントを獲得しているのは、ロックバンドでありながら幅広いファン層に支えられるバンプならではの偉業と言っていいだろう。その背景には、楽曲自体がドラマのストーリーにインスパイアを与え挿入歌としても起用された「天体観測」でブレイクを果たしたのをきっかけに、映画やゲームソフトの主題歌やNHK『みんなのうた』、そして最近では劇場版『ドラえもん』の主題歌などをマルチに手掛け着実にファンを増やしてきた彼らのキャリアがある。8ヶ月ぶりの新曲となる「firefly」も、7月がら放送中のフジテレビ系ドラマ『息もできない夏』の主題歌となっており、彼らの曲がドラマタイアップに起用されたのは「天体観測」以来、そしてドラマ主題歌としての起用は意外なことにこれが初となっている。

 3位には今年2月のデビュー以来全てのシングルが上位入りを果たしている女性シンガーソングライター、家入レオの3rdシングル「Bless You」が続いている。同曲は今週のエアプレイチャートを制しており、業界内において彼女が2012年最注目アーティストであることが伺える結果となっている。

『じょしらく』の勢いが止まらない 2週連続桃黒亭一門がチャートを制覇

先週に続き、『じょしらく』のエンディングテーマを担当するももクロそっくり?の桃黒亭一門が今週のBillboard JAPAN Hot Animationを制し、2週連続首位を獲得した。

 9月5日から9月9日にかけて東京・浅草と秋葉原に登場した『じょしらく』&桃黒亭一門のコラボ人力車でも話題となっていたが、人気アニメの勢いは加速を続け、今度は浅草花やしきとのコラボが先週土曜日より行われている。 園内の様々な所にキャラクターがいたり、景品としてじょしらくの各キャラクターの家紋ステッカーが手に入るスタンプラリー企画開催や、期間限定の花やしきとのコラボグッズも販売されている。期間中はBGMがじょしらく主題歌にもなっている。放送回数は残り少なくなってきたが、まだまだ人気は過熱し続けそうだ。

 2位には『劇場版NARUTO-ナルト-ROAD TO NINJA-NARUTO THE MOVIE-』主題歌となるASIAN KUNG-FU GENERATIONの「それでは、また明日」が再浮上している。こちらはアニメの勢いというよりも、本楽曲が収録されるアルバムのリリースに併せてエアプレイポイントが急上昇したことが要因だろう。

 そして、大人気アニメ『黒子のバスケ』からキャラクターソングシリーズとして9月12日にリリースされた日向順平(細谷佳正)の「CLUTCH TIME」(4位)、伊月俊(野島裕史)の「KI・TA・KO・RE」(5位)、小金井慎二(江口拓也)の「平凡えれじい」(6位)が上位に次々初登場チャートイン。今後も、ソロ、デュエットと期待のタイトルがリリースを控え、チャートを賑わしてくれそうだ。

カーリー・レイ・ジェプセン 洋楽チャートで1位2位独占

先日プロモーションの為来日をしていた、カーリー・レイ・ジェプセンが先週に引き続き「グッド・タイム with アウル・シティー」で洋楽チャート首位を獲得!またHOT100でも同曲が4位にチャートインしているが、彼女の記録はこれだけではない。先週初登場15位にチャートインした全米・全英No.1大ヒットシングル「コール・ミー・メイビー」が急上昇2位付け、1位、2位を独占する結果となった。

 そんな中、苦戦を強いられているのがテイラー・スウィフトだ。「ウィー・アー・ネヴァー・エヴァー・ゲッティング・バック・トゥギャザー」が初登場から4週連続で3位と粘り強く健闘を見せているものの、ワン・ダイレクションやカーリー・レイ・ジェプセンの勢いをなかなか突破できない。9/22付全米HOT100では、同作が1位に返り咲きを見せるなどこちらも大ヒットシングルなだけに、国内でもまだまだTOP争いが期待される。

 先週18位から5位に急上昇したのが、言わずと知れた“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンの「バッド」だ。世界的大ヒット「バッド」の25周年を記念した、デラックス・エディションが本日リリース。そして1987年『BADツアー』で伝説となっているウェンブリー公演が、史上初のDVD&CD化されるという大きなニュースも飛び込み、更に勢いが増しそうだ。

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる