HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2012-07-30

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 90
up
NEWS
チャンカパーナ
TOP100入り:2週目

2 97
up
フレンチ・キス
ロマンス・プライバシー
TOP100入り:2週目

3 11
up
back number
わたがし
TOP100入り:4週目

4 30
up
いきものがかり
風が吹いている
TOP100入り:6週目

5 6
up
桑田佳祐
愛しい人へ捧ぐ歌
TOP100入り:5週目

6 3
down
ミーコ
スタック・オン・ユー
TOP100入り:7週目

7 1
down
ケツメイシ
LOVE LOVE Summer
TOP100入り:7週目

8 5
down
シェネル
ビリーヴ
TOP100入り:4週目

9
up
臼澤みさき
故郷〜Blue Sky Homeland〜
TOP100入り:1週目

10 59
up
GILLE
フライングゲット
TOP100入り:3週目

11
up
IU
You & I
TOP100入り:1週目

12
up
Def Tech
Bolero
TOP100入り:1週目

13 29
up
PES from RIP SLYME
シーサイドラバーズ
TOP100入り:3週目

14
up
桑田佳祐
波乗りジョニー
TOP100入り:1週目

15 10
down
キマグレン
LIFE
TOP100入り:4週目

16 8
down
ファン.
伝説のヤングマン〜ウィー・アー・ヤング〜 feat.ジャネール・モネイ
TOP100入り:19週目

17 9
down
少女時代
PAPARAZZI
TOP100入り:5週目

18 2
down
東方神起
ANDROID
TOP100入り:3週目

19 12
down
星野源
夢の外へ
TOP100入り:6週目

20 15
down
安室奈美恵
ONLY YOU
TOP100入り:8週目

ミュージックコラム

NEWS、フレンチ・キス 正統派アイドルたちが底力を見せる

7月最終週のBillboard JAPAN HOT100を制したのは、4人組となったNEWSの約1年8ヶ月ぶりのシングル『チャンカパーナ』。山下智久、錦戸亮のが脱退後、初のリリースとなる同作は人気メンバー2人の脱退もものともせず圧倒的なセールスポイントを獲得、新体制での船出を華々しく飾ることに成功した。タイトルの“チャンカパーナ”とは、どうも聞き慣れない言葉だが、それもそのはず「愛しい人」という意味を込めて作られた造語とのこと。サビで繰り返されるこのフレーズは、耳に残るだけでなく思わず声に出してみたくなる、なんとも不思議な響きを持っている。グループ結成以来なにかと山あり谷ありのNEWSだが、結果として現メンバーの結束は固い模様。王子様的ルックスながら歌唱力にも定評がある、“正統派”のアイドル・グループとしての道を突き進んでくれるだろう。

 首位には大きく差をつけられてしまったものの、セールス、HOT100ともに次点となったのはAKB48派生ユニット、フレンチ・キスの『ロマンス・プライバシー』。柏木由紀、高城亜樹、倉持明日香による「親に紹介したい3人組」をキャッチフレーズに掲げたこのユニットもまた首位NEWSと同じく“正統派”。同ユニットにとって5枚目となる『ロマンス・プライバシー』もメロディ、歌詞、衣装・振付…とにかく何もかもが直球ど真ん中、これぞアイドル!という王道尽くしであり、むしろ清々しいほどである。奇を衒ったコンセプトや異色ユニットが数々誕生し続けているご時世であっても、やはり“正統派”あってこそなのだということを思い知らされる結果となった。

 また、3位以降はエアプレイ絶好調の『スタック・オン・ユー』、桑田佳祐のミディアム・バラード『愛しい人へ捧ぐ歌』、ケツメイシの『LOVE LOVE Summer』と夏を彩る爽やかなナンバーがズラリと並んでいる。次週より8月に突入、2012年のサマー・アンセムとなるのは誰のどの曲か、真夏のチャート・アクションに要注目だ。

アンジェラ・アキを起用したエンディングテーマで宇宙兄弟がまたしてもアニメチャートを制覇

NTV系で放送中「宇宙兄弟」のエンディングテーマとして7月より起用されているアンジェラ・アキの『告白』が今週のBillboard JAPAN Hot Animationで首位を獲得、前クールのオープニングテーマであったユニコーンの『Feel So Moon』に続き、チャートを制した。

 先週のチャートではヤマピー人気に首位の座を阻まれたが、チャートイン4週目にして首位獲得した本作は2006年にリリースされた『This Love』以来6年ぶりとなるアニメタイアップ楽曲(MBS・TBS系「BLOOD+」エンディングテーマ)となっている。ユニコーンもアニメ人気との相乗効果で2週連続で首位を獲得しており、本楽曲でも2週連続のチャート制覇の期待がかかる。

 2位にはこのところチャートを賑わしているMXTV他で放送中の「黒子のバスケ」からGRANRODEOの歌うオープニング『RIMFIRE』がチャートイン。アニメ人気との相乗効果で初登場2位の好結果となった。来月にはキャラソンのデュエットシリーズのリリースも控えており、チャートインしてくるのは間違いないだろう。

 そして、初登場3位には花澤香菜の2ndソロシングル『初恋ノオト』がチャートイン。前作同様、季節に合わせて“夏(水色)”がコンセプトになっている。プロデュースは中塚武が手掛けている。

 7月期のタイアップ楽曲が続々とチャートインしているが、ノイタミナ枠からもClariSの『Wake Up』(「もやしもん」オープニング)や、Aimerの『あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜』(「夏雪ランデブー」エンディング)といった強力タイトルが8月にリリースを控えており、夏のアニメチャートに彩りを与えてくれそうだ。

話題のニューカマー、ミ−コが3週連続1位

先週、先々週に続き、ミ−コの『スタック・オン・ユー』がエアプレイで圧倒的な強さを見せ、3週連続で首位を獲得した。先日9月のビルボードライブ公演に先駆け初来日し、全国5都市でのプロモーションを行ったことにより、勢いも更に増しているようだ。

 同じく2位をキープしているのが、ファン.の大ヒットシングル『伝説のヤングマン〜ウィー・アー・ヤング〜 feat.ジャネール・モネイ』だ。アルバム『サム・ナイツ〜蒼い夜〜』のリリースに合わせ初来日した彼らは、洋楽のニューカマーをフューチャーしたライブイベント<NEXT BREAKERS Vol.3>に出演。注目のパフォーマンスを生で見ようと、待ちわびたファンでチケットはソールドアウト。その為当日の模様はWEBで生中継され、会場に行けなかったファンも“ファン.”を体感することができた。

 今週初登場は、ニューアルバムのリリースに先駆けて配信されている、ペット・ショップ・ボーイズの『ウィナー〜君は勝利者〜』が8位にチャートイン。ロンドンから世界のアスリートへ捧げた楽曲で、オリンピック開幕の話題が盛り上がるのと同時にフューチャーされ、エアプレイ・チャートも急上昇中!11位にチャートインした、フロー・ライダーの『情熱のホイッスル』も “日本サッカー応援ソング” として、この夏を更に暑く、ワイルドにする楽曲だ。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる