HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 米ビルボード・シングル...

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 米ビルボード・シングル・チャート遂に7週目の1位に!ブルーノは首位最長記録更新へ

 グラミー賞関連のアーティストが、一気にポイントを伸ばした今週の米ビルボード・シングル・チャートでは、彼らの勢いをおさえてマーク・ロンソン&ブルーノ・マーズの「アップタウン・ファンク」が7週目の首位に。


 受賞は逃したものの、主要4部門のノミネート、そして見事なパフォーマンスがグラミー賞で披露された、エド・シーランの「シンキング・アウト・ラウド」と入れ替わると予想されていたが、今週も粘り強く、「アップタウン・ファンク」がNo.1をマークし、ブルーノ・マーズにとっては、自身の首位最長記録を、7週に更新する快挙に!とはいえ、今週は先週よりもポイントがダウンしているため、次週は僅差に迫ったエド・シーランがいよいよ、初の首位獲得としてその座を奪うことになるか…注目したい。


 また、3位に居座り続けている、超ロングヒットを記録中のホージアも、グラミー・ノミネートアーティストとして注目されたため、巻き返しの逆転という可能性もある。そして、ダークホースは、今週4位まで上昇した、「フォー・ファイヴ・セカンズ」だ。


 リアーナ、カニエ・ウェストという最強タッグに加え、ポール・マッカートニーという幅広い世代に支持されているスーパースターとのコラボレーションということもあり、視聴する層や購入する年代も拡大していることから、各ポイントも上昇しやすいといえる。また、グラミー賞でのパフォーマンスの効果も絶大で、時期No.1候補はもしかするとこの曲かもしれない。


 アルバム『1989』が400万枚を突破し、2010年代のポップ・アイコンとして確立したテイラー・スウィフト。先行シングル「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」(15位)に続き、2ndシングル「ブランク・スペース」(7位)と、2作連続のNo.1獲得を記録したテイラーだが、今週アルバムからの3rdシングルとなる「スタイル」が、ついにTOP10入り(10位)を果たし、3曲連続の首位獲得の兆しをみせた。急上昇したのは、ミュージック・ビデオの解禁により、ストリーミング回数が一気に上昇したこと。今作では、元カレでもある、1Dのハリー・スタイルズへの気持ちが画かれていると囁かれていて、PVにも節々、そういった映像が見受けられる話題作。


 TOP10以下では、やはり主要3部門を受賞した今回の主役、サム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー 〜そばにいてほしい」が一気に上昇し、11位まで上り詰めた。TOP10入りは逃したものの、次週は登場46週目にして、TOP10返り咲きということも期待されていて、8位にランクインしている「アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン」共にサムの楽曲が好調だ。ビルボードジャパン・チャートでも、5位にランクインする大ヒットを記録している。


 また、顔出しNGのため、うしろ姿でのパフォーマンスを行ったシーアの「シャンデリア」も、40週を超えたところで、20位まで上昇。やはり、今年も春先まではグラミー関連のアーティストが強そうだ。

Billboard JAPAN|Daily News 2015年2月20日 11:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる