海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 世界中で大ヒット中!...

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 世界中で大ヒット中!ビルボードジャパン洋楽チャートでも初の1位に

 マーク・ロンソンによる「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて初の首位に輝いた。


 テイラー・スウィフト、サム・スミス、オリー・マーズらの強敵に10週に渡り首位を阻止されていたが、遂に悲願の1位を記録したマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」。引き続き好調なデジタル・セールスに加え、自身初となる全英シングル・チャートとアルバム・チャートでW制覇を果たし、アメリカでは6週連続1位と快進撃を続けていことや、オバマ大統領がこの曲を歌ったビデオがYouTubeにて公開されたことによって、注目度がさらに高まり、ツイート・ポイントを大幅に蓄積したことが今回首位をマークするきっかけとなったようだ。


 残念ながら、2位にランクダウンしてしまったのがサム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい」。エアプレイ・チャートを始め、パワープッシュが総体的に落ちつきはじめたことがことが要因となり、今週はワンランクダウンとなったが、日本時間で今週月曜日に行われたグラミー賞で4冠を受賞、さらに初来日も控えていることもあり、来週は再び首位に1位に浮上することが予想される。その他のグラミー賞ノミネート・アーティストもチャートを上昇しており、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」が3位、メーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース〜わたしのぽちゃティブ宣言!」が6位、そしてシーアの「シャンデリア」が18位をマークし、再びトップ20圏内に入ってきている。


 2月18日に最新作『SUCKER(サッカー)』の日本盤をリリースするチャーリーXCXの「ブーム・クラップ」が10位、「ブレイク・ザ・ルールズ」が16位にランクイン。米ビルボードが「アメリカでの成功の次は、日本」、「チャーリーXCXのJ-POPスターとしてのブレイクも期待できる」と絶賛したチャーリー自身による前記2曲の日本語カヴァーも収録されており、日本国内でも話題になること間違いなしだ。

Billboard JAPAN|Daily News 2015年2月12日 15:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • 全品SALE
  • KIDSから3点セット登場!
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • インスタグラムキャンペーン開催中!
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる