HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > お酒を飲みながら今年最も再生された曲は? デジタル・ジュー...

お酒を飲みながら今年最も再生された曲は? デジタル・ジュークボックスを集計

 2014年も終わりに近づき様々な年間チャートが発表されるなか、デジタル・ジュークボックスの先導者であるTouchTunesが12月10日、北アメリカとヨーロッパにおけるジュークボックスで今年最も再生された楽曲とアーティストを発表した。


 2014年の頂点を制したのは、「プレイ・イット・アゲイン」や「ドリンク・ア・ビア」のヒット曲と共に男性から人気のあるルーク・ブライアンだ。この他、トップ10はカントリーとハード・ロックが占拠しており、トップ5はAC/DC、エリック・チャーチ、ジェイソン・アルディーン、レーナード・スキナードとなっている。


 一方、楽曲の方ではもう少しジャンルが多様化しており、トップはカントリー・ロッカーであるブラントリー・ギルバートの「ボトムズ・アップ」となっているものの、ケイティ・ペリーの「ダーク・ホース」(feat.ジューシー・J)とファレル・ウィリアムスの「ハッピー」がこれに続くかたちとなった。


 さらにジャンル毎の集計でみると、ラップ曲のトップにはイギー・アゼリアとチャーリー・XCXの「ファンシー」、エレクトロニック・ソングのトップにはザ・チェインスモーカーズの「#セルフィー」、そしてロック・ソングでは面白い組み合わせがトップ2にあがっており、1位はロードの「ロイヤルズ」、2位はバックチェリーの「クレイジー・ビッチ」となっている。あまりロック・サウンドではない曲と、明らかにロックではあるものの2005年の曲という両曲が、2014年のロック・ミュージックの上位を飾るユニークな結果となった。


 なお、TouchTunesは地域別のチャートも発表しており、米国20の州でブライアンが最も再生されたアーティストとなっているほか、ハワイではサンタナが人気で、ニュージャージーの人々が好きなのはボン・ジョヴィではなくロメオ・サントスだったようだ。




◎TouchTunes | 2014 Year-End Music Charts
http://www.touchtunes.com/2014YearEndCharts/

Billboard JAPAN|Daily News 2014年12月11日 16:32:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる