HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 元BiSコショージ/ミスiD擁する新アイドル“Maison book girl”...

元BiSコショージ/ミスiD擁する新アイドル“Maison book girl”衝撃初ライブ

 元BiSのコショージメグミ、アイドルオーディション企画「ミスiD」出身者である宗本花音里、矢川葵、ニューカマー井上唯の4人から成るアイドルグループ Maison book girl(メゾンブックガール)。11月24日 六本木ブルーシアターにて開催されたアイドルイベント【@JAM the Field vol.6】でライブデビューを果たした。


<Maison book girlの登場=アイドルシーンに起きた小さな革命>


 いずこねこプロデューサーとして知られるサクライケンタの新プロジェクトでもある同グループ。心温まるピアノと無機質なノイズに誘われるようにステージへ登場した4人は、鮮やかに絡み合うビートの群れと戯れるように踊り出す。決してエモーショナルではないが、むしろパペット的なパフォーマンスではあるのだが、ポップで幻想的な楽曲と相まって妙な心地良さを与え、次第に聴き手を鼓舞させる。本来アイドルイベントで鳴ることのない、J-POPという枠で捉えても斬新な音楽とパフォーマンス。驚きを隠せない観客も少なくなかったが、今はまだ小さなその革命に喝采を贈る者も少なくなかった。


<何のセットもない舞台で、設定と言葉だけでファンタジーに挑戦>


 1曲目を終え、4人は唐突に寸劇を始める。宗本花音里が「みんな、今日は待ちに待ったクリスマスだね! みんなはサンタさんに何かお願いごとした? 私もしたの! 私のお願い事は……お父さんが帰ってきますようにって」とクリスマスソングを口ずさめば、そこに「メリークリスマース!」と他のメンバーも現れ、物語を進めながらメンバー紹介を織り交ぜていく。サンタ役らしきコショージメグミが「うむ、うむ」と相槌を打ち続けたりと、要所要所でシュールな笑いを取りつつも世界観は徹底。何のセットもないフィールドで、設定と言葉だけでファンタジーに挑戦する姿は清々しかった。


<最後にコショージの涙が優しいエッセンスとして加わり……>


 「私が君たちの前から姿を消したのもこの季節だった」と言い残し、ライブは2曲目へ。先の寸劇ともリンクするファンシーでクリスマスっぽい曲が小気味よく鳴り響き、4人はそれをポップに妖精のような声で歌い上げていく。最後にコショージの涙が優しいエッセンスとして加わり、アイドルイベントは絵本の中の世界へと様変わりしてしまった。なんて新しくて面白いアプローチ。Maison book girlは、たった2曲と短いお芝居だけで前代未聞のインパクトを残してみせた。


 なお、12月4日には、shibuya duo MUSIC EXCHANGEで開催される【蟲ふるう夜に結成7周年イベント MUSHIFEST 2014】へ出演するので、こちらもぜひ注目してほしい。


取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:外林健太


◎イベント【蟲ふるう夜に結成7周年イベント MUSHIFEST 2014】
12月04日(木)shibuya duo MUSIC EXCHANGE
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売り3,000円 当日3,500円
リハーサル鑑賞チケット(枚数限定)640円
http://www.mushifuru.com/live/mushifest-2014/

Billboard JAPAN|Daily News 2014年11月26日 14:12:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる