HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 【スペシャ列伝】121回目はPOLYSICS、髭、Kidori Kidori、SIS...

【スペシャ列伝】121回目はPOLYSICS、髭、Kidori Kidori、SISTER JETら個性派バンドに新宿大熱狂

 スペースシャワーTVのライブイベント【スペースシャワー列伝100巻記念公演 〜第121巻 波波波の宴〜】が11月21日(金)に開催。POLYSICS、髭、Kidori Kidori、SISTER JETら個性派の4組が東京・新宿LOFTで熱演を繰り広げた。


 トップバッターを務めたKidori Kidoriは、サポート・ベーシストに藤原寛(ex-andymori)を迎え登場。「Say Hello! (I'm not a slave) 」でスタートを切り、後に出演する髭の楽曲「テキーラ!テキーラ!」とタイトルがかぶっていて恐れ多いと話しながらも「テキーラと熱帯夜」と続いていく。マッシュ(Vo/Gu)と川元直樹(Dr/Cho)の絶妙な掛け合いをみせたMCでフロアの笑いを誘いながら、本イベントのタイトル【波波波(ハハハ!)の宴】を、スペースシャワーTVの意図を深読みしすぎたのか、“サンバの宴”だと思っていたとも語り、サンバのビートを取り入れたという新曲「ホームパーティ」へと繋げる巧みなアクト展開をみせる。終盤には、鉄板チューン「NUKE?」を経て、日頃の鬱憤を晴らすかのようにオーディエンスが大合唱を繰り広げた「Mass Murder」、そして、様々なジャンルを取り込んだ独自の音楽性を一曲に凝縮、昇華させた新たなるロック・アンセム「Come Together」でアクトを鮮烈に締めくくった。


 続いて登場したSISTER JETは「Young Pretender」で幕開け。WATARU.S(Vo/Gt)の煌めくギター・リフとボーカルから成る、ブリティッシュでキャッチーなロックンロールを鳴らしていく。2010年に開催された【第79巻 JAPAN TOUR 2010】に出演できたことがバンドにとって大きな経験になったと、スペースシャワー列伝への感謝を告げ、披露したのは「17(Seventeen)」。さらに、「X X X」を皮切りにWATARU.Sは「あと3曲しかありません!騒いでくれLOFT!」と言い放ち「SUPER BIG (COMES UP)」、KENSUKE.A(Dr)がメイン・ボーカルを勤めた「スワイプジャンキー」と、最新アルバム『X X X』からのナンバーを立て続けに投下。ラストは「スペシャ列伝!200回、300回やってまた呼んでね!」と曲中に告げた「リバティシティ マシンガン」でのフィニッシュであった。


 3番手で登場した髭は、ステージに姿をみせたと同時に須藤寿(Vo/Gt)が「コテをアメリカに連れて行ってあげて!」と、フロア前方にオーディエンスを密集させ、1曲目「MR.アメリカ」で佐藤”コテイスイ”康一(Per/Dr)は客席に飛び込みド派手にスタート。さらに、「黒にそめろ」と、往年の代表曲でアクトを加速させていく。中盤には須藤が「初めての人も、ずっと応援してくれてきた人も楽しめる、全くの新曲を演ります!」と告げ、シンセイザーと空間エフェクトの利いたギターが織りなす、幻想的かつ壮大な楽曲を歌いあげる。終盤には「髭の中で最もPOLYSICSに似ている曲演ります!」と、ユニークな歌詞がインパクトを放つ「王様はロバのいうとおり」を投下し、サポート・メンバーを交え、2人で1つの鍵盤を演奏したり、ツイン・ドラムのド迫力のバンド・グルーヴで魅せた圧倒的なアクトの最後は「テキーラ!テキーラ!」で締めくくった。


 最後に登場するのは「ACTION!!!」をSEにステージに姿を現したPOLYSICSだ。初っぱなから、終始繰り広げられることとなる、お馴染みの「トイス!!!」のコール&レスポンスもばっちり決まり、高揚感が立ち込める中「Lucky Star」でスタート。続く「Let’s ダバダバ」では、フロアはまだしも、ハヤシ(Vo/Gt/Syn/Pro)は「スペシャアプリを見ている皆さんも!」と、生配信を見ている視聴者までも煽り、「ダ・ダ・ダ・ダバダバダバ!」と大合唱を会場に響き渡らせフロアを跳ね上げていく。MCではスペースシャワーTV25周年を「おめでトイス!!!」とオーディエンスとともに祝いつつ、ハヤシはコンパクトなシンセイザーを抱えながら、フロアを劈くようなボーカルを炸裂させた「MEGA OVER DRIVE」など、ヴォコーダーのボーカルが飛び交う、近未来を匂わせた痛快なニュー・ウェーヴ・ロックは爆発的な狂喜を生み出していった。そして、フロアのボルテージがMAXに達した本編ラストは、3人の激烈なアンサンブルで魅せた「BUGGIE TECHINICA」で終了。「P.O.L.Y.S.I.C.S!」と繰り返されるアンコールを呼ぶ声に応え再登場した彼らは、久しぶりの対バンに刺激を受けたことや、現在、音源製作中だと力強く語り、「Electric Surfin' Go Go」で本イベントを大熱狂のフィナーレへと導いてくれた。


 【スペースシャワー列伝】各公演の模様は全3回に分け放送。第2回目は11月27日(木)にスペースシャワーTVにて特別番組としてオンエア予定。なお、第100巻、第101巻、第102巻の模様は『スペースシャワー列伝100 Vol.1』として11月にリピート放送も実施される。


Photo by 釘野孝宏


◎番組放送情報
スペースシャワーTV『スペースシャワー列伝100 Vol.2』
<初回放送>
2014年11月27日(木)24:00〜25:30
<リピート放送>
12月予定
スペースシャワーTV『スペースシャワー列伝100 Vol.1』
<リピート放送>
2014年11月2日(日)24:00〜25:30
2014年11月6日(木)22:30〜24:00
2014年11月22日(土)25:00〜26:30
info:http://www.spaceshowertv.com/retsuden/100/

Billboard JAPAN|Daily News 2014年11月22日 23:30:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる