HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 【スペシャ列伝】118回目は埼玉the telephones×京都10-FEETに...

【スペシャ列伝】118回目は埼玉the telephones×京都10-FEETによる“埼京で最強”が激突、新宿大熱狂

 スペースシャワーTVのライブイベント【スペースシャワー列伝100巻記念公演 〜第118巻 最強埼京の宴〜】が11月14日(金)に開催。京都代表・10-FEET、埼玉代表・the telephonesの最強2バンドが東京・新宿LOFTで激突した。


 【スペースシャワー列伝100巻記念公演】始まって以来の2マンライブの先攻を飾るのは、SEの「happiness,happiness,happiness」で、フロアからの盛大なハンド・クラップで迎えられて登場したthe telephonesだ。ステージ上に設置されたミラーボールが回転する中、石毛輝(Vo/Gt/Syn)が「最強埼京の宴にようこそー!埼玉代表がいくぜーー!!」と告げ、スタートを切るのは「Monkey Discooooooo」。軽快なシンセ音とギターリフが一気にフロアに充満し、オーディエンスは導かれるように踊り狂う。さらに、「sick rocks」、「Ex-Boyfriend」など、石毛はとにかく踊れ踊れと捲し立てアクトは展開していく。中盤には、一人のオーディエンスが「石毛さーん!今日埼玉の日だよ!」と、本イベント日が埼玉県の都道府県民の日であることを伝えると、石毛はニコッと微笑み「埼玉の日にようこそ!」と、MCがスタート。約5年半ぶりの列伝登場となったことや、10-FEETとは初の2マンライブだと語った彼らは「スペシャルな日ですよ!ガチンコで盛り上がろうぜ!」と、「I Hate DISCOOOOOOO!!!」を投下すれば、曲終盤には10-FEET・TAKUMAが乱入。大歓声があがる中、彼はフロアにビスコを撒きながら会場を盛り上げ、熱狂をさらに煽っていく。TAKUMAがステージを去った後も、流れそのままに「Hyper Jump」で一体となって飛び跳ねながら「Don’t Stop The Move, Keep On Dancing!!!」へ。岡本伸明(syn)の呼びかけで、フロアにはタオルがぐるぐると巻き上がり、オーディエンスは左右に大きく揺れていく。石毛が「俺たちの合い言葉を叫ぶ準備はできてるかー!」と言い放ち、「We are?」と問いかければ、オーディエンスは「DISCO!!」と全力で応え、お馴染みのコール&レスポンスがばっちり決まりラストの「urban disco」へ突入。「I am DISCO!!!」の大合唱が会場中に響き渡り、至極のディスコ空間は終演した。


 30分ほどの転換時間を挟んだにも関わらず、先のthe telephonesのパフォーマンスの余韻で、フロアには熱気がむんむんと立ち込める中、「そして伝説へ」のSEが鳴り響く。途端にフロア前方へとオーディエンスがなだれ込み、タオルを掲げたり、手拍子を打ち鳴らしながら待ち構える。そして、長いこと鳴り響いたSEを打ち消すように登場した10-FEETは「goes on」で幕を開け、TAKUMA(Vo/Gt)の「飛べ!飛べ!」の一声でフロアは波打ち、ダイバーが嵐のように客席前方に発生。初っぱなから歓喜をまき散らしながら「京都の10-FEETだー!」と叫び、「super stomper」、「Freedom」など、次々と投下していく。時折、TAKUMAが語りかけるように話す情緒的な言葉には、アドレナリンをグッと押し込めるようにフロアは静まり返り、心に刻み付けるようにじっくり聞き入る。中盤には「蜃気楼」、続く「シガードッグ」と、浸るように聴かせる一面も作っていった。そんな静寂に包まれたフロアに、心揺さぶるギターイントロが鳴った瞬間、オーディエンスたちが手の平を返したかのように再熱狂した「RIVER」、「みんな助け合えよ!」と告げ、凶暴なバンド・グルーヴが轟く破壊力抜群の「1sec.」を経て、「その向こうへ」でフロアは沸点を越えオーバーヒート。ラストはオーディエンスのタオルが天井まで舞い、宙を埋め尽くした「CHERRY BLOSSOM」でアクトを締めくくった。


 アンコールの催促に応え登場した彼らは、「めっちゃ久々な曲やります!全然練習してないから、誰が失敗するか見張り合いながら演りたいと思います!(笑)」とTAKUMAが告げ、「LIFE LIFE LIFE」を投下。案の定、TAKUMAは「間違えたー!(笑)」と漏らしていたが、とびっきりの笑顔で宙を舞うダイバー、フロアではハイタッチが繰り広げられた「VIBES BY VIBES」までを全身全霊で披露しきり、「ありがとー!またどっかで!」と告げ終幕。かと思いきや「おまけだーー!!」と言い放ち、アンコール3曲目「BE NOTHING」をフロアに届け、本イベントを大団円に導いてくれた。


 【スペースシャワー列伝】各公演の模様は全3回に分け放送。第2回目は11月27日(木)にスペースシャワーTVにて特別番組としてオンエア予定。なお、第100巻、第101巻、第102巻の模様は『スペースシャワー列伝100 Vol.1』として11月にリピート放送も実施される。


Photo by Kazumichi Kokei


◎番組放送情報
スペースシャワーTV『スペースシャワー列伝100 Vol.2』
<初回放送>
2014年11月27日(木)24:00〜25:30
<リピート放送>
12月予定


スペースシャワーTV『スペースシャワー列伝100 Vol.1』
<リピート放送>
2014年11月22日(土)25:00〜25:30
info:http://www.spaceshowertv.com/retsuden/100/

Billboard JAPAN|Daily News 2014年11月15日 22:20:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる