HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > デューク・エリントンの相続人による印税訴訟、裁判所はEMIを...

デューク・エリントンの相続人による印税訴訟、裁判所はEMIを支持

 デューク・エリントンの相続人が音楽出版社EMIに対して起こした訴訟の再開を、ニューヨーク最高裁判所が拒否したことが明らかになった。


 バンドリーダーでありピアニストの故エリントンは、「スウィングしなけりゃ意味がない(It Don't Mean a Thing)」など、ビッグバンドのヒット曲を作曲した。


 相続人たちはエリントンの音楽の海外での売り上げにおいて、半分のロイヤリティを要求していた。2010年に起こしたこの訴訟では、1961年のロイヤリティ契約に反していると主張。エリントンは同契約を、現在はソニーATVミュージックパブリッシングの一部であるEMIの前身、ミルズ・ミュージックと締結していた。


 同契約では、純収益の半分を求めるものだった。


 EMIは、現在所有する海外の下請け出版社への50%の委託料を差し引いてから相続人たちに分配している。デューク・エリントンの相続人たちはこれに対し異議申し立てをしたものの、控訴裁判所はEMIが現状維持することに問題はないとした。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年10月24日 15:18:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる