海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > WINNER、初のジャパンツアーが終了、ファンからのサプライズ...

WINNER、初のジャパンツアーが終了、ファンからのサプライズにメンバー号泣「夢のような時間でした」

 YG ENTERTAINMENTが約8年振りに放つ第2のボーイズグループ、WINNERが9月11日よりスタートした初のジャパンツアー【WINNER 1st JAPAN TOUR 2014】が10月10日(金)、10月11日(土)に ファイナルとなるZEPP TOKYO公演2daysを迎え、全5都市11公演2万5000人動員のツアーを締めくくった。


。先月9/10に待望のデビューアルバム「2014 S/S -Japan Collection-」がリリースされ、9/22付のオリコンウィークリーチャートで新人ながら見事2位(35,079pt)を獲得。そのWINNERが


 自身初となるジャパンツアーはアルバムタイトル『2014 S/S -Japan Collection-』の文字通り、シティーボーイ、スタイリッシュなどWINNERのキーワード、ブランディングを全面に打ち出したファーストライブツアー。衣装もさることながら、全編を通してファッションショー的な演出と、NYのネオン街、ショー劇場などをイメージした舞台演出の中で、彼らが全曲作詞、作曲に参加したアルバムの世界観を見事にライブ/ダンスで表現している。


 会場を埋め尽くしたファン2600人の熱気や興奮に包まれる中、前述のようなスタイリッシュな演出でライブがスタート。メンバーが一人ずつ、スモークの炊かれたステージに現れるたびに、悲鳴のような大歓声が巻き起こる中、ランウェイを歩くモデルのように、クールな表情で颯爽とウォーキングをする彼らに早くもハートをわしづかみにされたファンの目がくぎ付け。そして5人がそろい、「WIN:Who Is Next」で彼らを“WINNER”へと導いた「GO UP」が流れると、ファンの掛け声が大きく響き渡り、オープニングから異様な盛り上がりで、会場は一気にヒートアップ。その勢いのまま「LOVE IS A LIE」になだれ込み、ボルテージは上がりっぱなし。


 その後、ミンホとテヒョンのソロステージをはじめ、各メンバー同士でのコラボレーションによるステージも披露。その中で、美麗なビジュアルを誇るジヌは事務所の先輩2NE1のボムになりきった女装をし、ミニスカート姿で美脚をアピールするなど、危険な魅力(!?)まで発揮。そんなジヌをミンホとスンフンが取り合い(!?)、ジヌがミンホを選ぶと、スンフンは「ジヌさんは僕のタイプじゃないよ。ミンホさんが僕のタイプよ」と怪しい展開になったところで、すかさずミンホが「ダメよ〜、ダメダメ」と日本エレキテル連合のギャグで応酬し、会場の爆笑をかっさらった。8月に行われた記者会見で、「BIGBANGのD-LITE先輩から、コンサートではMCも練習して、ファンの皆さんに面白い話もできたら、もっといいコンサートになるというアドバイスをもらいました」とスンユンが語っていたが、まさにそのアドバイスを早速実践した形となり、ファンを大いに楽しませていたと言えるだろう。


 他にも、「日本の皆さんともっと共感できるように準備しました」と日本のヒット曲のカバーも歌唱。スンユンとテヒョンの美しいハーモニーで猿岩石の「白い雲のように」を、そして5人全員で楽しくキュートなダンスをしながら、久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」を歌い、ファンも一緒に合唱する等会場が一体となるステージを繰り広げたかと思うと、圧倒的な歌唱力、洗練されたパフォーマンスでヒット曲「EMPTY」「COLOR RING」など全19曲を歌い上げ、MCもすべて日本語でこなし、ファンを魅了したWINNER。


 テヒョンは「皆さんを近くで感じながら歌うことができて、本当にうれしいです。皆さんと同じ思い出を作れて、夢のような時間でした」と駆け抜けるように過ぎた濃密な時間を振り返り、ミンホは感極まったような様子で、「本当に感動しています。一生、一緒だよ。付いてきてください!」とファンに力強く語った。スンユンは「僕たちWINNERは音楽で一つになれる力を信じています。そして、その力を確認できたこのツアーに感謝しています。もしかしたら、今日皆さんに会うために、今まで大変な思いをしてきたのかもしれません。まだまだ足りないところもありますが、もっと成長できるWINNERとなります!」とさらなる飛躍を誓った。


 そして、アンコールラストの「SMILE AGAIN」では来場したファンからの嬉しいサプライズの演出が。「ありがとう WINNER」の文字がスクリーンに映し出されたと同時に会場のファンから一斉に「ありがとうWINNER」の紙が掲げられ、まさかの演出に感極まったメンバー全員が号泣、リーダーカンスンユンは「”ありがとう”は僕らが言う言葉ですよ」と涙ながらに感謝の気持ちを表した。その後ツアー初となるダブルアンコールを敢行、彼等が『WIN:Who Is Next』で勝利を手にした「GO UP」でファンもメンバーも感動に包まれながら有終の美を飾った。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年10月17日 10:30:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ
  • 3点以上で30%OFF
  • ロゴ全品SALE
  • 1500円以下のSALEアイテム
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる