HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > マドンナの作品を全否定!? 新作を価値ある物にするため責任...

マドンナの作品を全否定!? 新作を価値ある物にするため責任を担う人物とは

 マドンナの今度のアルバムに関与しているとされる人物リストにまた新たな名前が加わった。今回はEDMヒットメーカーではなく、なんとローファイ・ポップ・シンガーソングライターのアリエル・ピンクだ。


 ピンクは音楽サイト“Faster Louder”に対し、マドンナのキャリアをほぼ全否定すると同時に、彼女の2015年リリースのアルバムの作業中であることを明らかにしている。


 ピンクは、「インタースコープがマドンナのレコードに協力してくれと言ってきているんだ。最初のレコード(1983年の『マドンナ』)は曲もすごくよかったけど、それ以降は衰退しているね……『レイ・オブ・ライト』はクールじゃないし。それに、彼女が出した他の作品は全て、どうでもいいようなものだね。本当に価値がないよ。みんな中身のあるものを求めているんだ。もっと甘いものとかそんな何かをね」と語っている。


 また、EDMプロデューサーたちとは出来ないものを提供するために呼ばれたと説明するピンク。「彼らは何かエッヂのあるものを求めている。ソングライティングさ。ただアヴィーチーやプロデューサーなんかとやったり、彼女が20歳であるかのようなふりをして腰を回して新しいテクノ・ジャムをするだけじゃダメだ。彼らは実際、曲が必要なんだ。価値ある物へと戻すために、俺は責任の一部を担っているのさ」とも話している。


 というわけで、マドンナの作品を1983年以降、楽しめていないというアリエル・ピンクだが、彼女のニューアルバムに曲を提供するかもしれないようだ。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年10月15日 17:43:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる