海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > エンター・シカリ 約3年ぶりの新作が完成、12月に来日公演も...

エンター・シカリ 約3年ぶりの新作が完成、12月に来日公演も急遽決定

 様々なジャンルを飲み込んだオンリーワンのUKロック・バンド、エンター・シカリが、3年ぶりとなる新作の発売に先駆け、12月に来日公演を行うことが決定した。


 ハードコア、メタル、ダブステップ、ドラムンベース、レイヴ、ヒップホップなど様々な音楽要素をブチ込んだ誰も真似できないオンリーワンのUKロック・バンド、エンター・シカリ。2007年のアルバム・デビューから“レイヴ・ミーツ・メタル”という新たなジャンルを確立し、UKを始め世界各国で社会現象を巻き起こしてきた彼ら。ここ日本でもサマソニ出演や単独来日、マキシマム ザ ホルモンとのツアーなどお馴染みの存在となっている彼らが、来年1月に3年ぶりの新作となる『ザ・マインドスウィープ』を発売する。


 アークティック・モンキーズ、ポール・ウェラー、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインなど様々なアーティストも利用する英リンカンシャーにあるチャペル・スタジオにて、前作同様ダン・ウェラー(ヤング・ガンズ、シクス他)をプロデューサーに、そしてミキサーにはジェレミー・ウィートリー(ザ・ヴァクシーンズ、ボン・ジョヴィ他)を起用してこの春制作された今作。


 ニュー・アルバムについてヴォーカルのラウは、「今作ではこれまで以上に生々しい怒りに満ちたものや、一方で繊細で心地良いものなど、ヴォーカルに力を入れた。自分たちが築き上げてきた自信から恐れをなくすことで、より幅広い影響を取り入れ、多様な作品を作り上げた。いつだってメロディと攻撃性というのは俺たちにとって不可欠なものだけど、今作ではそれ以外にもテクスチャーにこだわることを意識した。基盤となるギター、ベース、ドラム、そして電子機器に加えて、多数の新しい楽器編成を組んだ。木管楽器、金管楽器、そして弦楽器を意識した曲作りやレコーディングはとても実りのあるもので、音楽のあらたな一面と出会わせてくれた。早く新曲をライヴで披露したいよ!」と話している。


 さらには、新作の発売に先駆け、12月に来日公演を行うことが緊急決定。エンター・シカリの初来日公演が行なわれた縁のある場所でもある原宿ASTRO HALL、そして代官山UNITにて、アルバム・リリース前に日本のファンに 特別に小さい箱でライヴをやりたいという希望もあって実現した。チケットの一般発売は、10月18日からとなっている。


◎公演情報
2014年12月8日(月) 原宿ASTRO HALL
2014年12月10日(水)代官山UNIT
開場18:00 / 開演19:00
チケット:6,000円 (前売り/ドリンク代別途/オールスタンディング)
チケット一般発売:10月18日より
INFO: http://ynos.tv/hostessclub/


◎『ザ・マインドスウィープ』トラックリスト
01. The Appeal & The Mindsweep I
02. The One True Colour
03. Anaesthetist
04. The Last Garrison
05. Never Let Go Of The Microscope
06. Myopia
07. Torn Apart
08. interlude
09. The Bank Of England
10. There’s A Price On Your Head
11. Dear Future Historians...
12. The Appeal & The Mindsweep II


◎リリース情報
『ザ・マインドスウィープ』
エンター・シカリ
2015/1/19 RELEASE(海外)
※日本盤詳細は後日発表

Billboard JAPAN|Daily News 2014年10月9日 18:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 2点以上で20%OFF
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる