HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > フレディ・M×マイケル・J 幻のデュエット曲が初CD化

フレディ・M×マイケル・J 幻のデュエット曲が初CD化

 11月に発売されるクイーン初のラヴソング集『クイーン・フォーエヴァー〜ベスト・オブ・ラヴソングス』にフレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンの幻のデュエット曲が収録されることが明らかに。


 『クイーン・フォーエヴァー〜ベスト・オブ・ラヴソングス』は、11月12日(海外は11月10日)にリリースされるクイーンの「愛」の歌を収録した初のラヴソング集で、20曲入りの1CD、及び36曲を収録した2CDの2種類が用意。


 今回収録が決定したフレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンの幻の未発表デュエット曲「生命の証」は長年、リリースが待望されていた楽曲で、もともとはフレディがクイーンの1981年のアルバム『ホット・スペース』用に書いた作品。バンドはバッキング・トラックをレコーディングしたが、曲の完成を見ることはなかった。


 その後、フレディはロスアンジェルスにあるマイケル・ジャクソンのホーム・スタジオを訪ね、マイケルの歌でこの曲をレコーディングしたが、こちらのヴァージョンも未完成に終わっている。 結局「生命の証」は1985年、フレディのソロ・デビュー・アルバム『ミスター・バッド・ガイ』に収録された。


 アルバムに収録するために新たに制作されたこのバラードは、クイーンによるオリジナルのバッキング・トラックとフレディ&マイケルの個性的なヴォーカルを融合させたもので、マドンナやロビー・ウィリアムズのプロデューサーとして知られるウィリアム・オービットが、プロデュースとリミックスを手がけている。


 オービットは今回の参加について「長年の知り合いだったロジャーから、この音楽的な冒険に参加しないかという電話がかかってきたんだ。自分のスタジオではじめて聞いたときは、最高のミュージシャンたちが遺してくれた宝箱を開けたような気分だった。とくにマイケル・ジャクソンのヴォーカルは、とても鮮明で、とてもクールで、心に迫ってきた。まるでたった今、スタジオでうたっているような感じがしたんだ。ミキシングの卓でフレディのソロ・ヴォーカルを聞いたときは、彼の才能に対する畏敬の念がますます高まったよ。」と語っている。


 アルバム『クイーン・フォーエヴァー〜ベスト・オブ・ラヴソングス』は、ブライアン・メイとロジャー・テイラーの選曲で、フレディ&マイケルのデュエット曲の他に、未発表曲「レット・ミー・イン・ユア・ハート・アゲイン」や、フレディのソロとして発表されたヒット曲「ラヴ・キルズ」をブライアン&ロジャーがバラードに仕上げたヴァージョンなどが収録される。


Photography by Neal Preston.(C)Queen Productions Ltd.


◎リリース情報
『クイーン・フォーエヴァー〜ベスト・オブ・ラヴソング』
2014/11/12 RELEASE
<1CD:全20曲>2,700円(tax in.)
<2CD:全36曲>3,456円(tax in.)

Billboard JAPAN|Daily News 2014年9月19日 19:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる