海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > りなはむ“完全引退”懸けた戦いの真相語る「BiSが立てなかった...

りなはむ“完全引退”懸けた戦いの真相語る「BiSが立てなかった武道館へ」

 元BiS/アキシブprojectのメンバーで、最近はアイドルを集めた自主企画イベントを定期開催中のりなはむ。9月15日 秋葉原アイドルカフェAkibaArenaにて無銭ライブを実施し、その中で芸能界“完全引退”を懸けたミッションも発表した。


<2015年1月15日までに5000枚売り切れなかったら完全引退>


 登場するなり「食べたい食べたいいちご食べたい♪ いちごいちごいちごになりたい♪」と、いちごの歌「いちご」を迷いなくパフォーマンスするなど、振り切れた楽曲とパフォーマンスで衝撃を与えていたりなはむだが、イベント終盤に待っていた重大発表はさらに衝撃的な内容だった。「10月15日 人生初の10曲入りソロマキシシングル発売決定。2015年1月15日(いちごの日)までに5000枚売り切れなかったら芸能活動完全引退。ツイッターやブログ等も終了」


 これまでBiS、アキシブprojectと、ふたつのアイドルグループを脱退している彼女にとって、もう一度アイドルとして活動していく上で覚悟を見せるには“完全引退”を懸けるしかないと思ったのだろう。しかし当然ながら会場は重苦しい空気に支配された。


<夢を思い出させてくれたりなはむずやBiS等へ感謝の言葉>


 それでも彼女は涙ながらに語る。「りなの中でこのミッションは、一度本気で諦めたアイドルをまたやるって決めたきっかけでもあって、自分の中での大きい覚悟でもあります。りなはちっちゃいときからアイドルが大好きで、ずっとアイドルに憧れていました。BiSを卒業してから自分のなりたいアイドルを追いかけてみたけど、正直全然上手くいかなくて……。悔しい想いとか悲しい想いとかたくさんあったし、大好きだったアイドルが一度大嫌いになりそうになって、一度本気で諦めてもうアイドルはしないって決めました。でもやっぱりりなはアイドル諦めたくないです。りなが一番やりたいことは歌って踊ってみんなを笑顔にするアイドルです。そして今度は自分の力で大きいステージに立ちたいなって思います」


 全ては夢を叶える為。そしてその夢を思い出させてくれたりなはむず(ファン)や「横浜アリーナっていう大きい夢だったステージに上げてくれて、またここに自分で立ちたいと思わせてくれた」BiS等への感謝の言葉を告げる。「りなはアイドルやりたいし、「5000枚とか無理に決まってんじゃん」とか思うかもしれないですけど、りなは頑張ったら出来ないことは絶対ないって思ってるし、りなはむ、三度目の正直! 絶対、絶対、1月15日までにミッションを達成させて、本当のアイドルになりたいと思います!」


<BiSが立てなかった武道館にりなはむが立ちたいです>


 いつもなら最後はBiSの代表曲「nerve」で締め括るりなはむだが、ミッション達成まで同曲は封印することを宣言。決死の覚悟で芸能界“完全引退”を懸けた戦いへ挑むことになった彼女へ、終演後に話を訊いた。


◎りなはむ終演後インタビュー


−−今回の発表を受け、プールイ(元BiSリーダー/現LUI◇FRONTiC◆松隈JAPAN)が「すごい決断…!がんばれ!がんばろう!」とツイートしていました。
りなはむ:BiSが横浜アリーナで解散してからDJやったりして、そこで「nerve」をやりまくりまくってきたんですけど……。りなはBiS辞めてから結構迷走して、訳わかんないことばかりやってしまって、その間にりなのことを嫌いになっちゃった人とかもいて、だんだん現場に人が来てくれなくなって、でも「nerve」やるとみんなが食いついてくれて! 「nerve」やるとその瞬間だけ永遠みたいな感じがして………………みんな盛り上がってくれるし、アイドルの娘たちもみんな一緒に踊ってくれるし、でもりなにはそれしかないというか、過去のそれだけにいつまでもしがみついているのはダサいと思って。そういうのは全部一回捨てようと思って。ルイとかはめっちゃ歌も上手いし、それはめっちゃ努力してるからなのも分かるし、だからりなも自分の力で独り立ちしたいと思った。歌とかダンスとかももっと頑張りたいし、自分の力で………なんか、いつも言うことデカいんですけど(笑)。


−−それがりなはむの良いところじゃないですか。
りなはむ:BiSが立てなかった武道館にりなはむが立ちたいです。りなの力で絶対に行きます。


−−その為にも来年1月15日までに5000枚売ると?
りなはむ:はい。


−−勝算はありそうですか?
りなはむ:りなはこの世の中に本気でやって出来ないことはないと思っているので。今、りなはそんなにたくさんの人をライブに呼べる訳でもないし、いろんなアイドルの人から「さすがに5000枚は無理なんじゃないの?」とも言われたんですけど、りなは絶対に……死ぬ気で5000枚売ります。


取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:内山直也

Billboard JAPAN|Daily News 2014年9月17日 18:35:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 20%OFFクーポン発行中!
  • 売りつくしSALE
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる