HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > アリアナ・グランデ、歌詞の文法間違いめぐりプロデューサー...

アリアナ・グランデ、歌詞の文法間違いめぐりプロデューサーと一悶着!?

 アリアナ・グランデ(21)の曲「ブレイク・フリー」の歌詞について「文法的に間違いでは?」との疑問を持つ人がいるだろうが、意外にもそれは彼女と同じ意見のようだ。


 タイム誌に対しグランデは、「私はずっとそのことで(共同プロデューサーのマックス・マーティンと)争っていたの。文法的に間違っている歌詞なんて歌わないわ、神様助けて!って。でも、マックスは“面白いじゃん、やってみなよ!”みたいな感じだった。面白いしくだらないことだって分かるけど、文法的に間違っているものは時として恥ずかしく、身が縮む思いよ」と打ち明けている。


 ゼッドとのコラボ曲である「ブレイク・フリー」でグランデは、“Now that I've become who I really are”や“I only wanna die alive”などと歌っているが、どちらもほぼ意味をなさないものだ。


 しかし、堂々巡りの末、ポップ・ミュージック界の鉄則である“マックス・マーティンにはかなわない”ことを学んだ様子のグランデ。今や同曲のユーモアを楽しめるまでになったようで、「堅苦しく古い考えを捨てて、気にせずやることが必要だわ。まるで90歳みたいだもの。私がそんなにお年寄りである必要は無いしね」と続けている。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年8月8日 16:38:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 春のOUTLETアイテムMAX70%オフ
  • 海外発送
  • ANAPONLINE公式インスタ
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる