HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ライブ・ネイションが“性教育”でオーストラリアの州と連携

ライブ・ネイションが“性教育”でオーストラリアの州と連携

 ライブ・ネイション・オーストラリア&ニュージーランドが、性教育プログラムに取り掛かった。


 大手イベントプロモーターであるライブ・ネイションのオーストラレーシア部門は、性の健康と性病の定期検査を推進する“Play Safe(安全にふるまおう)”キャンペーンを展開するためニューサウスウェールズ州保健局と提携した。


 州と連携するこの協定において、ライブ・ネイションの役割は15〜29歳の若いコンサートファンに“性”について話をさせることで、同プロモーターのコンサート、オンライン、コンテンツ、チケット販売まわりにフォーカスして行われるという。


 「若者とつながり、性の健康の重要性にハイライトを当て、性についての会話に加わるという素晴らしい機会をライブ・ネイションは提供してくれる」と話すニューサウスウェールズ性病プログラム・ユニットの責任者、クリス・ボーン博士は、昨年ニューサウスウェールズで報告された性病感染の75%は若者であり、大問題なのだと指摘。ライブ・ネイションとの提携により「命と健康における大切な部分に関して“Play Safe”のメッセージを若者に直接伝えることができるようになる」とも加えている。


 ライブ・ネイションの今年のイベント・スケジュールには、レディー・ガガ、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、チェルシー・ハンドラーなどのツアーが予定されている。


 ライブ・ネイション・オーストラリア&ニュージーランドの社長兼CEO、マイケル・コッペルは、「我が社が提供するライブ音楽のパワーを通して、ニューサウスウェールズ州保健局は主な聴衆と直接、魅力ある方法でつながることが可能です。我々はこの運動に参加し、性の健康について広める一助になれることを誇りに思います」と述べている。


 なお、今回の提携を仲介したのは、ライブ・ネイション・オーストラリア&ニュージーランドのシドニーを拠点とする合弁企業“ミクスイットアップ・オーストラリア(mixitup Australia)”だ。同社の取締役、グレッグ・シーガルは「我々は力を合わせ、文字通り音楽の持つ癒しの力を活用する」と話している。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年8月8日 16:38:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる