HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > マイケミのジェラルド・ウェイがキャリア初のソロアルバムリ...

マイケミのジェラルド・ウェイがキャリア初のソロアルバムリリースを発表

 マイ・ケミカル・ロマンスのフロントマン、ジェラルド・ウェイが、彼のキャリアにとって初のソロ・アルバムとなる『ヘジタント・エイリアン(原題: HESITANT ALIEN)』を発表することが明らかになった。USでは、Warner Bros. Recordsより9月30日に発売を予定しており、日本盤も同時期に発売となる予定だ。


 プロデューサーには、マイ・ケミカル・ロマンスでもタッグを組んでいたダグ・マッキーンを迎えて制作。このソロ・アルバムに関してジェラルド・ウェイは、「このアルバムで、小さなものを大きく聴かせるようなサウンドにしたかったんだ。現在では最もラジオ・フレンドリーじゃないと言われる楽器:ギターを使って、100%妥協のない芸術/アートを創り上げることが、僕の目的だった。創り出そうとしているサウンドには、もちろんファズ・ペダル・サウンドが多く使われるであろうこと、Fenderを使ってプレイするであろうこと、そしてアート・スクール時代の僕のギター・ヒーローは誰だったのか(メアリー・ティモニーとキャリー・ブラウンスタイン(ワイルド・フラッグ)の事だけどね)を見つめ直すであろうことは最初からわかっていた。そして、シューゲイザーやブリットポップからの影響をそのままサウンドに反映させたんだ。このソロ・アルバムの音で、聴いてくれる人達に電流を流すみたいな刺激を与えたいんだ」と語っている。また、この『ヘジタント・エイリアン』のミックスは、アークティック・モンキーズやザ・ブラック・キーズなどを手掛けるチャド・ブレイクが担当している。


 歌詞は、ジェラルドはその時の彼の想いを切り取ったものになっているという。「それは闘いであったり、始まりであったり、平凡さと抽象的なものの中にある新しさの発見だったり…」とジェラルドは語る。「ジャーヴィス・コッカー(パルプ)やデーモン・アルバーン(ブラー)によるブリットポップの歌詞を眺めてみたり、日々の生活から題材を見つけたりしたんだ。抽象的なものにも挑戦してみたりしたよ。ピクシーズやソロ・アーティストとして作品を発表してきたフランク・ブラックの歌詞も参考にしたりしていた。何かこういうものにしよう、といったコンセプトは何もなかったんだ」


ジェラルドは、自身にとって初となるソロとしてのライヴを、8月22日と23日に行われる【レディング・アンド・リーズ・フェスティヴァル】で行うことが決定している。このフェスティヴァルで、ファンはいち早く彼のソロ楽曲を体験することとなるはずだ。


 本作は、米国時間の8月19日(火)よりiTunes Storeにて予約注文(プレオーダー)を開始、予約注文すると、既に公開となっている「アクション・キャット」と、今作からのリード・シングル曲となる「ノー・ショウズ」をダウンロードできるようになる予定だ。またシングル曲「ノー・ショウズ」のビデオ・クリップも、8月19日(米国時間)に公開される予定となっている。


◎アルバム予告映像
http://youtu.be/9LYw-vlTSdo


◎「アクション・キャット」
http://youtu.be/Gbk72F10Vgo


◎リリース情報
『ヘジタント・エイリアン』
2014年9月30日リリース予定
※日本盤詳細未定

Billboard JAPAN|Daily News 2014年7月30日 22:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる