海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 上白石萌音がハローキティとパリで夢のステージデビュー! J...

上白石萌音がハローキティとパリで夢のステージデビュー! JAPAN EXPOにて舞妓姿に

 周防正行監督の最新作『舞妓はレディ』が、フランス・パリの『JAPAN EXPO』に招待されプレミア上映会が開催、さらに主演の上白石萌音が、唄と踊りのパフォーマンスを披露した。


 映画『舞妓はレディ』は、舞妓がたった1人しかいない小さな花街に突如現れた少女・春子(上白石萌音)の成長を、歌あり踊りあり、笑いと涙で描いた国民的エンタテインメント。


 日本時間の7月7日、『JAPAN EXPO』のステージに舞妓姿で登場した上白石は、本作とタイアップしているハローキティを伴い、映画の主題歌『舞妓はレディ』にのせ、堂々たる唄と踊りを披露した。さらに、京都・上七軒・大文字より本物の舞妓である勝音と勝奈も駆けつけ、華やかな共演も実現。フランスはもちろん、ヨーロッパ各地から訪れた観客たちは「とってもきれい!!」、「可愛らしく、とても楽しい時間だった」など、興奮冷めやらぬ様子で感想を述べた。


 パリ・プレミア上映会では会場の128席は満席となり、立ち見が出るほどの盛況ぶり。舞台挨拶で、上白石はフランス語で挨拶を述べた後、花街文化が日本を代表する伝統的な“おもてなし文化”の最高峰であることや、舞妓や芸姑の意外と知られていない側面を紹介し、観客は皆、熱心に聞き入っていた。上白石は、「映画を観終わって出てきた皆さんが「おおきに」と声をかけてくださって、とても嬉しかったです。「おおきに」には色々な意味があって、例えば、ありがとう、おやすみ、ノーサンキュー、などの意味を持つこともあるとても京都らしい言葉で、私の好きな言葉だと舞台挨拶で紹介したのですが、それが伝わって、さらに実際に使ってくださって、本当に嬉しかったです。」とコメントした。


 また、今回がヨーロッパ初訪問であったにも関わらず、舞台挨拶やステージパフォーマンスなどの大役をこなした上白石。「言葉が通じない国で、こうしてお話をして、それが伝わったので、言葉が通じる日本では映画の魅力をもっと知ってもらえるように、心の準備と体力の準備をしようと思います。」と力強く語った。


◎公開情報『舞妓はレディ』
監督・脚本:周防正行
出演:上白石萌音 長谷川博己 富司純子
9月13日 全国東宝系にてロードショー
(C)2014 フジテレビジョン 東宝 関西テレビ放送 電通 京都新聞 KBS京都 アルタミラピクチャーズ

Billboard JAPAN|Daily News 2014年7月8日 13:12:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる