HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 元ジャーニーのスティーヴ・ペリー、およそ20年ぶりに歌声披露

元ジャーニーのスティーヴ・ペリー、およそ20年ぶりに歌声披露

 ジャーニーの元シンガー、スティーヴ・ペリーが5月24日、ミネソタ州セントポールのフィッツジェラルド・シアターで行われたイールズのコンサートに登場したことが明らかになった。


 20年近くオーディエンスの前でパフォーマンスを行なっていなかった65歳のペリーは、イールズのフロントマン、マーク・エヴェレットに紹介されステージに登場。同インディー・ロック・バンドの「イッツ・ア・マザーファッカー」を歌い久々の歌声を披露した。


 エヴェレットは1,000人強の聴衆に「ペリーは何かが違っていると感じロックン・ロールから遠ざかったけれど、どういうわけかこのミネソタ、セントポールの夜は気分がイイようだ」とペリーを紹介。エヴェレットに“この曲が大好きだ”と繰り返し話していたというペリーは、「彼と初めて会った時は信じられなかった。いつかこの曲を歌いたいと言ったんだ」と語ると、ステージを後にする前にジャーニーのヒット曲2曲、「オープン・アームス」と「ラヴィン・タッチン・スクイージン」を披露した。


 ペリーは昨年、ハリウッド・リポーターに対し“3年振りに曲を書いている”と明かしており、また同誌が選ぶ“2014パワー弁護士”の特集では、長年ペリーの弁護士を務めているL. Lee Phillipsと一緒に写った写真が掲載された。


 ジャーニー時代についてペリーは、「音楽的にも音楽ビジネス的にも夢のような素晴らしい時間だった」としつつ、「燃え尽きてしまったため去らなければならなかった。この声と共に経験した愛憎絡み合う関係はまさに嵐のようで、音楽は愛しているが厳しく辛い関係だった」と振り返っている。


 2枚のソロアルバムとジャーニーの1996年のアルバム『トライアル・バイ・ファイアー』をリリースしたのち、ペリーは腰痛や関節炎、2回におよんだ黒色腫の手術など、身体的な問題も1つの要因となりステージから身を引いた。また、2012年にはガールフレンドのケリー・ナッシュを乳がんで亡くし、彼女の死を悼んでいた。


 なお、インディー・ロック・バンド、エイウォルネイションのフロントマン、アーロン・ブルーノは昨年、ローリング・ストーン誌に対し、ペリーと一緒に新しいレコードに取り組んでいると話していた。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年5月29日 17:33:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる