HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > オペラハウスに響く藤井フミヤの歌声

オペラハウスに響く藤井フミヤの歌声

 藤井フミヤの初のフルオーケストラ共演が話題となっているbillboard classics「Fumiya Fujii Premium Symphonic concert2014」。東京文化会館でスタートし、全国主要都市で開催中の同ツアー、5月18日はオペラハウスとしても知られる愛知県芸術劇場大ホールが舞台。ツアーも後半戦に入り、藤井フミヤとオーケストラとの呼吸もすっかり板についた様子だ。大胆かつ繊細なアンサンブルが誕生し、今までのライブとは異なる雰囲気が、観客を新しい「FUMIYAの世界」に導いている。


 演奏は「TRUE LOVE」から厳かに始まった。舞台を重ねるごとに指揮者、山下一史とのトークも絶妙となり、「フミヤさん、オーケストラがやみつきになったのではないですか?」と山下。「マエストロ、それはもうやめられなくなりました」。「ではまた次回作をやりましょう。」早くもファンに期待をもたせる場面も。日本フィルハーモニー交響楽団との共演は3回目。磨きのかかったオーケストラサウンドで、「Another orion」や「わらの犬」「ALIVE」等全14曲を力強く歌い上げた。


 そしてアンコールは、「夜明けのブレス」。「君のことを守りたい…」とフミヤの言葉が印象的な名曲。さらに舞台では特別なサプライズも。あの名フレーズから始まる楽章を、オーケストラとの共演の最中、マイクをはずして生声で披露したのだ。満員の観客は息をのんでその瞬間を見守った。山下の指揮はオーケストラの音質と音の大きさを巧みに操り、フミヤの言葉を繊細なアンサンブルに乗せてみせる。観客はフミヤの歌声を聞き逃すまいと全神経を集中。一人一人、身体全体が耳になったようだ。フミヤの歌声がオペラハウスの大空間に響き渡る。そして再びオーケストラサウンドが高まり、藤井がマイクを手に歌い上げると、ホール全体がスタンディングオベーションの喝采に包まれた。アーティスト、藤井フミヤの熱い歌声が観客の心の芯を揺るがし続けた。歓声は最後に涙に変わった。


 ツアーはいよいよ最終章を迎える。6月4日、5日、兵庫県立芸術文化センター大ホール(西宮)を舞台にどんなフィナーレが待っているのか。藤井フミヤとオーケストラが導く新たな世界に期待が高まる。(音楽プロデューサー伊藤直樹)  協力:intoxicate

◎公演情報
6月4日(水)・5日(木)兵庫県立兵術文化センター大ホール 19時開演
[問]サウンドクリエーター 06-6537-4400 www.sound-c.co.jp


more info:http://www.billboard-cc.com/classics/

Billboard JAPAN|Daily News 2014年5月27日 15:16:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる