海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > フー・ファイターズ新作ALはドキュメンタリー番組と連動

フー・ファイターズ新作ALはドキュメンタリー番組と連動

 フー・ファイターズが今秋発売予定の通産8作目となるニュー・アルバムをそのレコーディングの模様を追ったドキュメンタリーのテレビ放映と連動したものになると発表。


 放映予定のドキュメンタリーはバンドのフロントマン、デイヴ・グロールが監督を務め、レコーディングを行った各8都市(シカゴ、オースティン、ナッシュビル、ロサンゼルス、シアトル、ニューオーリンズ、ワシントンDC、ニューヨーク)の音楽遺産や文化構造を、各都市の独自の歴史や特性を語る上で不可欠な伝説的スタジオをベースに引き出す内容となっている。


 また各都市で1曲ずつ楽曲が収録され、すべての楽曲にその都市由来の伝説的ミュージシャンをフィーチャリング、その土地でレコーディングするまでの過程で得た経験や、その地で行ったインタビューからのインスピレーションを楽曲に反映させるため、実際のレコーディング・セッションの直前まで歌詞を固めないという前代未聞の実験的スタイルを敷いたという。


 グラミー賞を受賞したデイヴ・グロールの初監督作品『サウンド・シティ - リアル・トゥ・リール』は音楽制作やレコーディングにおける人的要素の賛美を目的にしたものだったのに対してこのドキュメンタリーは「アメリカ音楽史へのラヴレター」であるとデイヴ・グロールは語る。ドキュメンタリーは各エピソードで各都市がどのようにミュージシャンの成長期を形作っていったか、ミュージシャンたちが地元の文化構造においていかなる影響を受けてきたかという都市毎のアイデンティティーを掘り下げ、ドキュメンタリーに登場するすべてのアーティストがそのジャンルや出自にかかわらず、普通の人間として音楽を作り、ヒットさせたいという普遍的な思いを持って始めたという共通意識を賛美するものだ。


 フー・ファイターズの20周年記念日の前夜に米HBOによって公開されるこのドキュメンタリー番組で、フー・ファイターズは次世代の若手ミュージシャンへそのスピリットを「還元」したい、という狙いがあるようだ。番組中でインタビューを受けたバディ・ガイの言葉を借りると「すべては過去に基づいて形作られている」ということだろうか。究極の音楽愛がもたらすミュージシャンの枠を超えた彼らの活動は要注目だ。


◎リリース情報
『ウェイステイング・ライト』
今秋発売予定
SICP-3072 2,400円(税抜)

Billboard JAPAN|Daily News 2014年5月17日 17:39:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • ファイナルSALE開催中!
  • アウトレットバーゲン
  • 楽天ペイ
  • ビーチアイテム
  • リブモオーディション
  • ANAP Beauty Professional
  • GUESSオープン!
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる