HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 話題作のリリースが相次ぐ全米アルバム・チャート、『アナ雪...

話題作のリリースが相次ぐ全米アルバム・チャート、『アナ雪』サントラが12週目の1位に

 記録を更新中の『アナと雪の女王』が、今週も10万枚を超え、12週目のNo.1獲得を果たした5月10日アルバムチャート。


 全米に留まらず、全世界、日本でも観客動員1千万人を突破し、興行収入128億円を突破した『アナと雪の女王』。2008年に公開された、ジブリ映画『崖の上のポニョ』以来約6年ぶりの1千万人突破となる動員数を記録し、米国にならって、日本でも会場で合唱する劇場も公開され、さらに加熱するアナ・フィーバー。YouTubeなどの動画サイトでも、各国各々のカヴァーや吹き替えが続々公開され、アナ関連の動画トータルでは、すさまじい再生回数を記録している。


 今週もこの、アナの勢いには適わなかったが、2位にデビューしたラッパーのフューチャーは、これで連続のTOP10入り、初のTOP3入りを果たした。2012年にリリースしたデビュー盤から約2年ぶりとなる2ndアルバム『オネスト』は、現在シングルチャートで独走中のファレルや、カニエ・ウェスト、ドレイクといった豪華アーティストの面々が参加し、すでに2曲をHOT100チャートに送り込んでいる意欲作。昨年はリル・ウェインやリアーナと共演し、その名をさらに知らしめたことが本作へのプロモーションの一環だったともいえる。


 先行シングル「ファンシー」が今週7位まで上昇したイギー・アゼリアの2ndアルバム『ザ・ニュークラシック』は3位にデビュー。シングル・アルバム共に自身初のTOP10入りで、まさに本作がブレイク作となったといえよう。その美貌やファッションセンスもさることながら、実力も確か。アルバムには、昨年「アイ・ラブ・イット」をアイコナポップと大ヒットさせた、チャーリー・XCXやラッパーのT.I.、UKシンガーのリタ・オラ等が参加している。


 6位には、ネオン・トゥリーズの『ポップ・サイコロジー』が初登場。昨年、「エブリバディ・トークス」で初のTOP10入り(最高位6位)を記録し、ブレイクをはたしたロック・バンドで、その勢いにのせて、アルバム・チャートでも、本作で初のTOP10入りを見事果たした。


 アメリカABCテレビの超人気番組『ナッシュビル』のオリジナル・キャスト盤が、8位にデビュー。そして10位には、ベセル・ミュージックのベセル教会でのカンファレンスを収録したアルバム、『ユー・メイク・ミー・ブレイブ』が初登場した。


 TOP10以下でも、シングルチャートで好調なジョン・レジェンドや、ケイティ・ペリー、エミネム、ジェイソン・デルーロなどがそろっているが、TOP10入りに再浮上するほどの勢いはなく、やはりアルバム・チャートでは、『アナと雪の女王』のひとり勝ちが続いている。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年5月2日 11:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる