海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 熊木杏里 復帰ライブでファンと再会“ここから再び始まる物語”

熊木杏里 復帰ライブでファンと再会“ここから再び始まる物語”

 10年以上にわたって聴き手の心を震わせ続けている、唯一無二の女性シンガーソングライター 熊木杏里。4月5日 東京・EX THEATER ROPPONGIにて【熊木杏里 LIVE TOUR 2014 「贈り物」】東京公演を開催した。


<産休明け初ワンマン 冒頭に感謝の言葉「皆さんに支えられて」>


 産休明け初のワンマンライブとなった【熊木杏里 LIVE TOUR 2014 「贈り物」】は、大阪と東京で開催。大阪公演は涙に溢れたようだが、この日のライブは笑いも溢れるアットホームな内容となった。ステージに登場するなり「こんにちは、熊木杏里です。約1年ぶりになる今日この日、東京で歌えることになりました。皆さんに支えられて、本当にありがとうございます。これからも頑張って歌っていきますので、応援よろしくお願いします!」と、彼女は嬉しそうに挨拶。そして今の季節にぴったりの「桜見る季節」を歌い出すと、久々に聴くその優しい生歌に我々は身も心も預け、会えなかった日々の隙間を埋めていく。


<熊木杏里によるまさかの“orz”の姿勢>


 再会の場で歌いたかったのであろう楽曲や、語りと歌で聴かせるコーナーでは「コーヒールンバ」「桜坂」といったスタンダードソングのカバー等、ひとつひとつ大切に歌い綴っていた彼女だったが、ピークへ向かっていく大事な本編クライマックス。自身の楽曲群で最もハイトーンを要する「Hello Goodbye & Hello」に果敢に挑むも、歌い出しを失敗してしまい、熊木杏里によるまさかの“orz”の姿勢に客席からは笑いが起きる。本人は悔しがっていたが、これで会場には穏やかな空気が流れ、その後の「春の風」「言葉を届けて」「一千一秒」といった優しくも静かな熱を持つ楽曲では涙を誘う。


<復帰ライブならではの多幸感「また行こうね またどこかで」>


 気持ちがぐるぐる回って、切なくなったり、熱くなったり。熊木杏里の音楽性そのものと言えるライブは、ダブルアンコールまで突入。最後の最後にもう一度だけ“orz”シーンはあったものの、復帰ライブならではの多幸感に包まれながら「時の列車」を久しぶりに歌唱する。


 また行こうね またどこかで
 会いましょうね その時まで
 私らしく日々を過ごす
 時の列車は いつでも


 ここから再び始まる熊木杏里の物語。変わっていくものと、変わらないものの中でたゆたいながら、聴き手の心を震わせ続けていく。そんな彼女の動向に今後も注目してほしい。


取材&テキスト:平賀哲雄


◎ライブ【熊木杏里 LIVE TOUR 2014 「贈り物」】
04月05日(土)東京・EX THEATER ROPPONGI SET LIST:
01.桜見る季節
02.それでも
03.ファイト
04.四季
05.贈り物
06.太陽の種
07.都会
08.魚
09.コーヒールンバ
10.桜坂
11.誕生日
12.羽
13.ちょうちょ
14.Hello Goodbye & Hello
15.A day in my life
16.ホームグラウンド
17.春の風
18.言葉を届けて
En1.一千一秒
En2.wonder land
En3.掌
WEn1.時の列車

Billboard JAPAN|Daily News 2014年4月9日 16:40:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品セール開催中!
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる