海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > モーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団による【第九...

モーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団による【第九交響曲】

 東京バレエ団創立50周年記念、モーリス・ベジャール・バレエ団(BBL)との共同制作【第九交響曲】のリハーサルがいよいよスタートし、3月10日に記者向け公開リハーサルとジル・ロマン芸術監督との懇親会が開かれた。


 バレエ【第九交響曲】は、1964年にモーリス・ベジャール率いる20世紀バレエ団によって初演された作品で、80人余りのダンサーに加え、オーケストラ、ソロ歌手、合唱団といった総勢350人ものアーティストが作り上げる一大スペクタクルだ。本来、ピットの中に収まっているオーケストラが舞台奥に合唱団とともに配置され、その前でダンサー達が躍動感あふれる踊りを繰り広げる。


 バレエ【第九交響曲】は、タイトル通りベートーヴェンの音楽とシラーの詩「歓喜に寄す」で成り立っており、テーマの根底に流れるのは“博愛”と“友愛”だ。ジル・ロマンは「本作が含み持つテーマは “人間は一つになって手を取り合ってこそ、進んでいくことができる”というもの。15ヶ国もの国籍が入り混じった約40人のダンサーから成るBBLと、東京バレエ団が本作を共同制作するというのは、今の時代において非常に重要なこと。」と語った。


 また、本公演で、もう一つ注目すべきは、巨匠ズービン・メータと、イスラエル・フィルによる演奏だ。実はメータは2011年3月11日、オペラ公演の為東京に滞在していた。ところが震災の為公演が中止になり「必ず、すぐに戻る!」と約束し、帰国した。その後、約束通り翌4月にチャリティ演奏会に出演し、日本中に大きな感動と勇気を与えてくれたのだ。ロマンとメータは、昨年日本で開催された【奇跡の響演】で既に共演しており、メータの作品に対する深い理解と、BBLへの敬意を感じたと語った。そして「作品へ奉仕するという姿勢は、私も彼も同じ。共に作り上げていきたい。」と意欲を見せた。


 本公演は、東京公演後、上海、北京さらにはヨーロッパでのツアーが計画されている。


◎公演情報
東京バレエ団/モーリス・ベジャール・バレエ団共同制作
東京バレエ団創立50周年記念シリーズ第7弾
モーリス・ベジャール振付【第九交響曲】
日時:2014年11月8日(土)、11月9日(日)マチネ/ソワレ 計3回
会場:NHKホール
出演:東京バレエ団/モーリス・ベジャール・バレエ団
指揮:ズービン・メータ
演奏:イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
独唱:藤村実穂子(アルト)ほか
合唱:栗友会
More info:
http://www.nbs.or.jp/


リハーサル photo(C) Shinji Hosono
懇親会 photo(C) Nobuhiko Hikiji 



Billboard JAPAN|Daily News 2014年3月12日 13:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • G.W SALE!全品オフ!
  • アウトレットSALE
  • ビーチアイテム
  • GWスペシャルアイテム
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる