HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ファレル「ハッピー」がソロ作として初の全米No.1シングルに

ファレル「ハッピー」がソロ作として初の全米No.1シングルに

 3月2日(日本時間3日)に開催される第86回アカデミー賞において映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』で歌曲賞にノミネートされているファレルの「ハッピー」。その効果を受けてかデジタル・セールス、エアプレイ、ストリーミング回数ともに上昇し、トータル・バランスの良い首位獲得となった。


 また、同アカデミー賞中でのパフォーマンスも予定されていて、さらに注目が集まることはもちろん、翌日3日には、この「ハッピー」も収録された8年ぶりのニュー・アルバム『GIRL』もリリース。次週、翌々週はさらにポイントを伸ばすことが予想されることから、3週のNo.1は堅いとされる。


 一方のケイティ・ぺリーは、5週目の首位ならず。とはいえ、“ケイティ・パトラ”が大きな話題を呼んでいる「ダーク・ホース」のミュージック・ビデオの公開により、ランクダウンはしたものの、ポイントは先週よりも伸ばしている。「ロアー」(今週21位)に続き、この「ダーク・ホース」の大ヒットを受け、両曲収録のアルバム『プリズム』も、年末からTOP10内をマークし続けている。


 今週、新たにTOP10入りを果たしたのが、先週の11位から一気に4位までジャンプ・アップしたジョン・レジェンドの「オール・オブ・ミー」。すでにこの曲で自己最高位を更新していたが、今週のランクアップで、シングルでは自己初のTOP10入りを果たした。大ヒット曲「オーディナリー・ピープル」に通ずるピアノ1本の弾き語りで、曲のイメージを表現したモノクロの美しいビデオは、公式サイトで4000万回再生を突破している。


 首位を獲得したファレルとともに、アカデミー賞授賞式でパフォーマンスが決定しているイディナ・メンゼルの「レット・イット・ゴー」は、18位に停滞しつつも、ポイントは上昇中。今週のアルバム・チャートで、再び返り咲きのNo.1を獲得した、『アナと雪の女王』からアカデミー賞での歌曲賞ノミネート、パフォーマンス効果により、TOP10入りが期待できそうだ。


 「チーム」が7位まで上昇中、昨年最も成功したニュー・シンガー、ロードの「グローリー・アンド・ゴーン」が88位に初登場一番人気曲としてデビュー。デビュー・アルバム『ピュア・ヒロイン』からのニュー・シングルとしてカットされ、「ロイヤルズ」、「チーム」に続き、TOP10入りを果たすか、今後のチャート・アクションに注目が集まる。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年2月28日 11:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる