海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ジャスティン・ビーバーの体からマリファナや薬物の成分が検出

ジャスティン・ビーバーの体からマリファナや薬物の成分が検出

 先日、マイアミ・ビーチにて飲酒運転で逮捕されたジャスティン・ビーバーは、マリファナを吸引していたほか、不安神経症のための処方薬を服用していたようだ。米ゴシップ・サイト“TMZ”が入手した報告書により明らかになった。


 マイアミにあるミラー医学大学が実施した尿検査では、ビーバーの体内からTHC(マリファナに含まれる精神活性物質)とアルプラゾラム(ザナックスのような抗不安薬の主成分)が検出されたとのこと。一方、コカインやメタンフェタミン、オキシコドンなどの物質には陰性反応を示したという。


 ビーバーが飲酒運転、逮捕時における抵抗行為、期限切れ免許証での運転の容疑に無罪を主張した翌日、同報告書はリークされた。ビーバーとR&Bシンガーのカリルは1月23日、レンタルしたスポーツカー2台で走っていたところ警察にスピード違反で止められ逮捕。警察調書によると、ビーバーは警察官をののしり、その後、マリファナ吸引および薬の服用を認めたという。


 出席は義務づけられていないが、ビーバーの罪状認否は2月14日となっている。


 なお、ビーバーは29日の夜、自身の側近が12月にリムジンの運転手を暴行し告発された件でトロント警察に出向いている。弁護士は、ビーバーは無実であることを強調している。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年1月31日 15:34:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • G.W SALE!全品オフ!
  • アウトレットSALE
  • ビーチアイテム
  • GWスペシャルアイテム
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる