海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 2014年のライブ初めを飾ったスーパー・ヴォーカル

2014年のライブ初めを飾ったスーパー・ヴォーカル

?? 1978年以来、実に7度のグラミー賞を獲得してきたスーパー・ヴォーカリスト、アル・ジャロウの来日公演が1月6日、六本木・ビルボードライブ東京で行われた。

 2014年のライブ始めを飾るべく集まったオーディエンスの大歓声に迎えられアル・ジャロウが登場。黒の帽子に、黒のジャケット、黒のパンツに身を包んだ彼は開口一番「トーキョー!」と雄叫びを挙げて1曲目の「ブギ―・ダウン」に突入。ファンキーなナンバーとともにステージを動き回り、手を上げオーディエンスを鼓舞する。とても御年73歳とは思えぬ身のこなしを見せる。

 バンドメンバーのプレイに合わせ次々と繰り出されるスキャットは、パーカッション、サックス、ギターなどいろんな音に変化し、オーディエンスの目と耳を鷲掴みにする。『ジャンル』という概念を超越し、ジャズ、ポップ、R&Bの3部門でグラミー賞を獲得した歌声もまた、太くハスキーなトーンから囁くような細いハイトーンまで、曲によってさまざまな表情を見せる。スキャットと歌に翻弄されながら、時に体を揺らし、時に耳を澄まして、目の前に広がる音の世界にどっぷりと浸かっていく。

 名曲「モーニン」や「テイク・ファイブ」をはじめ、ヨーロッパのみで流通している最新アルバムからの新曲、さらには盟友ジョージ・デュークに捧げる曲など軽快なナンバーからスロー・ナンバー、ポップ、ジャズ、R&Bを網羅し、終盤にはピアノ以外のバンドメンバー全員がマイクを持ち、見事なボーカル・アンサンブルを披露してくれた。ところどころジョークを交えたMCを挟み、アル自身の高らかな笑い声と共に終始和やかなムードで進んでいった75分のライブは、アル・ジャロウのみが為せる最高のエンターテインメントだった。

 「みなさんがいてくれたから、また来ることができた。あと35年音楽を続けていくよ。」アル・ジャロウの発した言葉に今日一番の歓声と拍手が沸き起こった。

 2014年のビルボードライブ東京のライブ初めを飾ったアル・ジャロウ公演は1月7日にも行われ、その後1月9日にビルボードライブ大阪で開催される。1月7日の1stステージはフジテレビNEXTでの生中継も行われる予定となっている。

◎公演情報
東京公演
2014年1月6日(月)〜7日(火)
at ビルボードライブ東京

大阪公演
2014年1月9日(木)
at ビルボードライブ大阪

More Info:
http://www.billboard-live.com

◎オンエア情報
フジテレビNEXT『アル・ジャロウLive at ビルボード東京』
2014年1月7日(火) 19:00〜20:40
http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/913200312.html

Billboard JAPAN|Daily News 2014年1月6日 22:27:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 楽天キャンペーン
  • 新作2点以上で25%OFF
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる