HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 年内ラストの洋楽チャートを制したのはリトル・ミックス

年内ラストの洋楽チャートを制したのはリトル・ミックス

 3週連続でNo.1を死守してきたワン・ダイレクションに代わり、リトル・ミックス「ムーヴ」が初のTOP10入りで一気にNo.1へと大ジャンプ、年内最後のBillboard JAPAN国内洋楽チャート覇者となった。


 英・人気オーディション番組『Xファクター』出身の4人組ガールズ・グループ リトル・ミックスの「ムーヴ」は、12月18日に発売となった2ndアルバム『サルート』からのシングルとしてFM各局のパワープレイを獲得。アルバムのリリースとなった今週、エアプレイチャートにて73位から6位へと急浮上、デビュー曲「ウィングス」に続き2曲連続で国内洋楽チャートNo.1獲得となった。2014年1月には来日公演も控えている彼女たち。「ウィングス」は9週連続でTOP10圏内へのチャートインを記録しており、続く「ムーヴ」も年をまたいでのロングヒットとなるか、その行方に注目だ。


 そして、浮足立つ街さながらにチャートもクリスマスカラーに染まった今週。2位にマライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」、3位にはワム!「ラスト・クリスマス」と、もはやスタンダードと化した不朽のクリスマス・ポップスがいずれも順位を伸ばし首位に肉迫した。そして9位にクリス・レアの「ドライビング・フォー・クリスマス」が、15位にはポール・マッカートニー「ワンダフル・クリスマスタイム」がチャートイン。同じくビートルズの元メンバーであるジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」もクリスマスの定番ソングとなっているが、2013年クリスマスのポールVSジョンのチャート対決は、11月に来日を果たし大旋風を巻き起こしたポールに軍配が上がる結果となった。さらに、幼き日のマイケル・ジャクソンの歌声が印象的なジャクソン・ファイブ「ママがサンタにキッスした」も18位にチャートインを果たしている。


 今週、初のTOP10入りを果たしたのが3人の女性ヴォーカルを要するカナダ出身の10人組バンド ザ・スパンデッツ「スウィート・アンド・サッカリン」。デビューアルバム『スパンデックス・エフェクト』から約1か月の時を経て、じわじわと注目度が高まりついに8位まで浮上。2014年の飛躍を予感させる異色の新人バンドは、音楽ファンなら要チェックだ。

Billboard JAPAN|Daily News 2013年12月25日 15:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる