HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 小澤征爾が5年ぶりに小澤音楽塾のオペラを指揮

小澤征爾が5年ぶりに小澤音楽塾のオペラを指揮

 2014年小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト、モーツァルト歌劇「フィガロの結婚」について、音楽監督と指揮を務める小澤征爾と、演出家デイヴィッド・ニースらが、12月19日都内にて記者会見を行った。


 今回は、オーケストラピットが舞台中央に配置され、その周りで歌い手が演じるという“オペラ・ドラマティコ形式”での上演が予定されている。小澤征爾は「この形式を始めたのは、1980年に僕と彼(デイヴィッド・ニース)とボストン交響楽団でトスカを上演した時です。練習中に歌い手の3人が「普通のコンサート形式ではできない。」と言って、どんどん芝居を始めてしまって。結果的には芝居も物語も分かりやすかったので、翌年からもこの形式を続けました。今や、日本やアメリカ、ヨーロッパでも流行り始めています。」と語った。また、オペラ・ドラマティコ形式を音楽塾でも取り入れた理由については「オーケストラピットを高く上げることで、お客様に見られている緊張感を得られるし、歌手の歌や芝居を近くに感じながら演奏することができるので、オーケストラの教育のためになると思ったから。さらに練習中には、字幕を塾生の見える位置に置いて、歌詞を読みながら練習できるようにしています。」と語った。


 演出家のデイヴィッド・ニースも、オペラ・ドラマティコ形式を取り入れた理由について「演出をする上で、一番重要なことは観客に物語を分かってもらうこと。ストーリーを理解していただくためには、歌い手が舞台の上で一列に並んでいるだけでは伝わらないし、主人公の口から語らせるのが大切だと考えている。」と語った。


 また、今回はメトロポリタン歌劇場の指揮者テッド・テイラーと、2人で1つのオペラを振り分けるという試みも予定されている。小澤征爾は、「フィガロの結婚は とても長いので僕の体調のことも考えて、テッド・テイラーと一緒に指揮をすることになりました。彼が指揮したら僕が指揮をして、僕が指揮をしたら彼が指揮をして、というように漫才みたいに指揮をします。彼(デイヴィッド)が演出を考えてくれているので、初めての試みですが楽しんでみようと思っています。」と語った。


◎公演概要
【小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXII モーツァルト歌劇「フィガロの結婚」】
<オペラ・ドラマティコ形式>


2014年3月16日(日)よこすか芸術劇場
2014年3月19日(水)愛知県芸術劇場 大ホール
2014年3月22日(土)滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 大ホール
2014年3月26日(水)東京文化会館 大ホール


More info http://www.ongaku-juku.com/j/index.php

Billboard JAPAN|Daily News 2013年12月19日 21:50:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる