HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > E-girls 人気コミック原作のドラマ『恋文日和』でドキドキの...

E-girls 人気コミック原作のドラマ『恋文日和』でドキドキの初主演

 大晦日に放送される『第64回NHK紅白歌合戦』への初出場が決定するなど、著しい活躍をみせているガールズダンスユニット E-girlsが、ドラマ『恋文日和』で初主演を務めることが明らかになった。


 来年1月6日より日本テレビで放送(毎週月曜 25:29〜25:59)される予定の『恋文日和』は、ジョージ朝倉による大人気コミックが原作のラブストーリー。高校を舞台に、ラブレターがもたらす恋の軌跡が1話完結のオムニバス形式で全10話にわたって描かれていく。


 E-girlsからは、Shizuka、楓、藤井夏恋、須田アンナ、藤井萩花、坂東希、佐藤晴美、武田杏香、石井杏奈、山口乃々華の計10人が各話毎に主役を担当。さらにメンバーは主役回以外にも、様々な場面で登場する予定だ。


 また、詳細は伝えられていないもののE-girlsは主題歌も担当することがアナウンスされているので、続報を楽しみに待とう。


 (C)ジョージ朝倉/講談社




◎各関係者コメント
・Shizuka(E-girls)
今回ドラマのお話を頂いたときは、私自身、演技に挑戦させて頂くのが初めてのことだったので、初ドラマ出演で尚且つ主演を担当させて頂ける事に、ただただ驚きとプレッシャーでいっぱいでした。
演技に対してはいつかは挑戦してみたいと一つの夢として掲げていた事でもあるので、監督やスタッフの方々に色々と助けて頂きながら全力で、そして恋文日和というキュンとする素敵な気持ちや少し切ない世界観を、私も含めE-girlsメンバーそれぞれが持つ個性を存分に発揮して楽しみながら創っていきたいと思っています!
そして今回私が演じさせて頂くのは物語の舞台になる学校に勤める先生で、それぞれのメンバーのストーリー全てに関わらせて頂き、それぞれの恋愛を見守りつつ、そして表には見せていない寂しさや悲しさを背負っている役なのですが、私の中で共感できる心情がたくさんあって誰もが持っている表には出さない、見せたくない部分を持っていると感じました。そんなキヨミの色んな表情を人らしく表現していけたらと思いました。
見てくださる方々にキュンとしたり切なくなったり、懐かしい思い出や忘れかけてた大切な想いや存在をそれぞれの物語から見つけて感じて頂けると思います! 心込めて体当たりで挑戦していおりますので是非、最初から最後までみていただけたら嬉しいです!


・藤井萩花(E-girls)
ドラマの話を聞いたときは本当にビックリしました! 同時に凄く不安でもありましたし、とにかく精一杯頑張ろうと思いました!
漫画が原作と言う事で私も実際読ませて頂いたのですが、男女世代関係なく、色々な捉え方が出来て凄く面白いので見終わった後には、なにかのパワーや勇気になったりする作品になればいいなと思いました。
私がやらせて頂く役は凄く複雑で影を持ってるような役所で、どこが自分と似ている所があるなと台本を読んだとき感じました。主人公が1人の男の人の何かに惹かれて初めて心を許して、1人の女の子が変わっていく姿が素敵だなと感じました。
今回は初めてE-girls一人ひとりが主演ということで、凄く不安やプレッシャーもありますが、皆さんが見ていて面白く、そして何かを感じてそれがパワーになるような作品にメンバーみんなで作り上げたいと思いますのでよろしくお願いします!


・植野浩之プロデューサー(NTV)
E-girlsは常に人に伝えること、表現することに真摯に取り組んでいるグループだと思っています。
『恋文日和』はそれぞれの登場人物が自分の思いを真摯に伝えようとしている姿を描いた恋愛ドラマ。このドラマが持つテーマは彼女たちが持つ資質とリンクしている事も多く、彼女たちのフィルターを通して、新たな切ないラブストーリーをお届けできると思ってます。


・原作者 ジョージ朝倉
ドラマ化決定、嬉しいです!
主演のキュートなE-girlsの皆様が、制服を着て甘酸っぱい事になるなんて、もう思い浮かべるだけでなんかあたいもう胸がいっぱいです!
恋文日和を観てくださる方々に、青い春な瞬間を感じていただければっっ!
原作者として何よりです!^o^




◎ドラマ『恋文日和』
2014年1月6日より日本テレビで放送(毎週月曜 25:29〜25:59)
※放送時間は都合により変更される場合もあり。
※関東ローカル
原作 ジョージ朝倉(講談社『別冊フレンド』刊)
脚本 松田裕子、新井友香、山咲藍
監督 明石広人、本田隆一、御法川修、伊野部陽平、松井夢壮
音楽 牧戸太郎
制作 福士睦(NTV)
プロデューサー 植野浩之(NTV)、仲野尚之(AXON)、藤田大輔(スタジオブルー)
(C)「恋文日和」製作委員会

Billboard JAPAN|Daily News 2013年12月19日 06:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる