HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > リッチー不在のボン・ジョヴィ 史上最も愛に満ちた「Livin�...

リッチー不在のボン・ジョヴィ 史上最も愛に満ちた「Livin' on a Prayer」

 リッチー・サンボラ(g)不参加での世界ツアー【BECAUSE WE CAN THE TOUR】を開催中のモンスターロックバンド ボン・ジョヴィ。12月4日 東京ドームにて100回目となる来日公演を開催した。


<ボン・ジョヴィ史上最大の危機に見舞われたツアー>


 リッチー不在に続き、ティコ・トーレス(dr)が虫垂切除などの緊急手術を受けることになり、ボン・ジョヴィ史上最大の危機に見舞われた今回のツアーだが、記念すべき100回目の来日公演は、メンバー4人の映像、そして完全復活したティコによる痛快なドラムと共にスタート。キャロライン・ケネディ駐日米大使も客席で見守る中、5万人の観客を前に、最新アルバム『WHAT ABOUT NOW』の収録曲はもちろん、「You Give Love a Bad Name」「It's My Life」など新旧代表曲を惜しみなく披露していく。サポートギターのフィルX(アヴリル・ラヴィーンなどのアルバムに参加)は、ボン・ジョヴィへの敬意を感じさせる、リッチーを彷彿とさせるプレイも繰り広げ、客席には彼への感謝をスケッチブックで示すファンの姿も。


<デヴィッド大活躍 ジョンはミック・ジャガーのモノマネも>


 また、ボン・ジョヴィの楽曲において重要なコーラスワーク。その軸を担うリッチーの代わりに歌い叫ぶデヴィッド・ブライアン(key)の姿も印象的だった。いつもはチャーミングな笑顔を覗かせながら、飄々とキーボードを弾いているイメージの彼だが、この日は鬼気迫る表情でジョン・ボン・ジョヴィ(vo)をバックアップ。「Keep the Faith」における活躍ぶりは涙を誘うほどだった。また、オーディエンスの声も確実に音量を増していき、「Born to Be My Baby」の“NaNaNaNa〜NaNa Na〜NaNaNa〜Na!”で完全にスパーク。その光景にジョンは大喜びで「I'll Sleep When I'm Dead」の曲間、この日来日公演が発表されたローリング・ストーンズの「Start Me Up」をミック・ジャガーのモノマネ込みで披露する等、笑顔の絶えないアクトが繰り広げられる。


<どんな状況でも希望を与え続けるということ>


 ただ、それでもリッチーがいない寂しさが拭いきれなかったのは事実。彼の音があってこそ、ボン・ジョヴィのライブにおける熱量、盛り上がりは天井知らずとなる。とは言え、嘆いてはいられない。ボン・ジョヴィは世界的ヒーローだ。いくら危機的な状況でも、どんなに歳を重ねても、メンバーが不在だったとしても、ファンに希望を与え続ける。アンコール、リッチー不在での披露は不可能だと思われた「Wanted Dead or Alive」のイントロが鳴り響くと、ジョンは優しい声で何かを囁く。そして観客にサイリウムやモバイル/タブレット機器を点灯させるよう促すと、暗闇だった荒野に光の川が生まれ、5万人はその幻想的な光景に誘われるように「It's all the same……」と歌い出す。大好きなギタリストの分も、しっかりと想いを込めて。そのバトンを受けたジョンは、笑顔で続きを歌い始めた。


<涙ながらに「Livin' on a prayer!」と拳を振り上げる人々>


 気付けば、この上なくボン・ジョヴィらしいライブとなった同公演。最後はジョンのアコースティックギターによる弾き語りから、満を持しての「Livin' on a Prayer」。これも本来はリッチーがいて成立するナンバーだが、さすがは時代を超えて愛されている名曲。しかも人を鼓舞する為に生まれたハードロックの金字塔である。歌い叫ばない者などここにはいない。ジョンもこの日最も気合いの入ったハイトーンを絞り出せば、涙ながらに「Livin' on a prayer!」と拳を振り上げる人々の姿でドームは埋め尽くされた。


 史上最も愛に満ちた「Livin' on a Prayer」。今度はリッチー・サンボラと共に聴きたいものだ。


取材&テキスト:平賀哲雄


◎ライブ【BECAUSE WE CAN THE TOUR】
12月04日(水)東京ドーム SET LIST:
01.That's What the Water Made Me
02.You Give Love a Bad Name
03.Raise Your Hands
04.Lost Highway
05.Whole Lot of Leavin'
06.It's My Life
07.Because We Can
08.What About Now
09.We Got It Goin' On
10.Keep the Faith
11.(You Want to)Make a Memory
12.Captain Crash & the Beauty Queen From Mars
13.Born to Be My Baby
14.We Weren't Born to Follow
15.Who Says You Can't Go Home
16.I'll Sleep When I'm Dead
17.Bad Medicine
En1.In These Arms
En2.Have a Nice Day
En3.Wanted Dead or Alive
En4.Livin' on a Prayer

Billboard JAPAN|Daily News 2013年12月6日 14:40:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる