HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > キアヌ・リーヴス5年ぶりの来日会見で赤西仁は「ござる」

キアヌ・リーヴス5年ぶりの来日会見で赤西仁は「ござる」

 忠臣蔵をモチーフとしたハリウッド映画として制作発表時から日本でも話題となっていた『47RONIN』の日本最速公開に先立ち、主演のキアヌ・リーヴスが、11月18日、東京・六本木リッツ・カールトンにて5年ぶりとなる来日記者会見を実施した。


 会見はキアヌ・リーヴスと共にカール・リンシュ監督、真田広之、浅野忠信、菊池凛子、柴咲コウ、赤西仁ら豪華キャスト陣が登壇。各々順に挨拶する中、赤西は自己紹介を「赤西でござる」と映画の時代背景に合わせた口上で場を和ませた。


 初のハリウッド出演となった赤西は「大きなお城のセットはもちろん、緊張する現場でした、周りのキャスト、監督、スタッフと皆さんがフレンドリーな雰囲気作ってくれたことで、やりやすかったです。」と語り、同じく初のハリウッド出演となった柴咲も「緊張しましたが、皆さんに導いてもらって感情表現ができました。衣装もセットも豪華で細かい色彩にこだわっていて、行程も楽しむことが出来ました。」と感謝と語った。


 謎の妖怪使いを演じた菊池は「(実際に)魔女を見たことある人はいないので、自由に演じました。オリジナルの役なので、着物の衣装や、コンタクトを入れたり、自由に演じて楽しませていただきました。」と役作りについて語った。


 仇である吉良の演じた浅野からは「これまで海外の出演作は現代物だったので、ハリウッド作で日本の歴史物をやるのが興味深かったですね。何より“浅野家“の話ですからね。監督に何かしら“浅野”の役を演じたいですと監督に伝えたら“吉良”の役でしたからね(笑)僕にしかできない“吉良”を演じさせてもらえたと思います。」と配役のエピソードも。


 殺陣などでアドバイスもした真田広之は「各国から集まったチームで作ったものなので、アドバイスと言うよりも、日本人にはできない発想をありがたく頂きながら、どうオリジナルのものにしていくように、より良い作品にする為に話し合いました。最初にキアヌと一緒にトレーニングに入った時も彼は日本語を勉強して、日本の文化を学んで、剣の動きも覚えていました。作品の流れを通して彼はどんどんサムライになっていて。ト書きにない2人の友情を描けたら、ということも話して。有意義で素晴しい撮影でした。」とキアヌについても語った。


 サムライ役に挑戦したキアヌは「私にとって、真田さんのような技術を持ち、とてもジェントルな方と同じ舞台に立てたことは名誉です。」と感謝を述べ、「日本でよく知られたこの物語はもちろん初めて演じる役柄ですし、やりがいもありました。監督はこの物語に敬意を払いながらオリジナリティを生み出すという新しい試みに参加できて良かった。素晴しい映画になっていると思います。」と完成した作品への自信を見せた。


映画『47RONIN』は12月6日に全国公開となる。

Billboard JAPAN|Daily News 2013年11月18日 14:30:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる