HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > INO hidefumi初のカバーナイトで職人技の演奏とアレンジをじ...

INO hidefumi初のカバーナイトで職人技の演奏とアレンジをじっくりと味わう

5月に3年振りとなるオリジナル・アルバム『NEW MORNING』をリリースしたINO hidefumiが、自身初の試みとなる「SPECIAL "COVER" NIGHT」を11月1日ビルボードライブ東京にて開催した。

 開催前には様々な候補曲が自身のブログやツイッターにアップされ、普段とは一味違ったライブに期待が高まっていた。ステージに目をやると、アーティスト名と楽曲名が書かれた「めくり」が用意されている。誰の曲をカバーしたのか分かるようにという彼のオーディエンスに対する配慮であり、今回のカバーナイトに対する意気込みが感じられた。

 イントロから流れるように披露した一曲目は、アーサー・ハミルトンの「クライ・ミー・ア・リバー」。フェンダー・ローズの温かい音がクラブ空間を包み込み一気にINOワールド全開。時おりMCを挟み、「めくり」をめくりながら進んでいくライブは、彼の緻密で大胆なアレンジと演奏を座ってじっくり堪能するにふさわしい演出だ。

 マイケル・ジャクソンからレディオヘッド、細野晴臣まで、洋邦メジャーマイナー問わずINO hidefumiによって絶妙に料理されていく多彩な楽曲。そしてその料理の仕方もまた多彩だ。フェンダー・ローズ、ピアニカ、ネクタイ型の金属楽器(おそらくzydeco tieと呼ばれる楽器であろう)、そしてINO hidefumi自身の歌と、彼の楽器に対する探究心とそれを自らの音楽性にとりいれる技術に脱帽する。バンドメンバーもまた、シンセや電子ドラムパッドを駆使し、生音とデジタルを見事に融合した迫力の演奏を見せオーディエンスを釘付けにした。音職人INO hidefumiの醍醐味を存分に堪能できる贅沢な時間は、1stアルバムからの名曲できっちりと締めくくられた。

 「SPECIAL "COVER" NIGHT」は11月15日にビルボードライブ大阪でも開催される。東京公演のセットリストをさらに煮詰めて来るのか、はたまた新たな曲を投じて来るのか、是非会場で確かめてもらいたい。

photo by JUN2

◎公演情報
INO hidefumi SPECIAL“COVER”NIGHT
2013年11月15日(金) ビルボードライブ大阪
More Info:http://www.billboard-live.com

Billboard JAPAN|Daily News 2013年11月6日 20:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる