HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 【Bowline 2013】“肉食”をテーマにオオカミら8組が爆音で横浜...

【Bowline 2013】“肉食”をテーマにオオカミら8組が爆音で横浜アリーナを圧倒

 タワーレコードが新たにスタートしたライブイベント【TOWER RECORDS presents Bowline 2013】が10月27日、神奈川・横浜アリーナで開催。記念すべき第1回目のキュレーターを務めたMAN WITH A MISSIONは“肉食”をテーマにAIR SWALL、CROSSFAITH、SiM、10-FEET、マキシマム ザ ホルモン、BRAHMAN、Ken Yokoyamaら豪華アーティストとともに、会場に集まった12,000人のファンを熱狂させた。


オープニングアクトを飾ったAIR SWELLは、次世代ロックバンドのエモーショナルな爆音ロックで会場の空気をしっかりつくってみせる。流れそのままに、トップバッター、Crossfaithのエレクトロニック・メタルコア・サウンドが休む間もなくオーディエンスを攻め立てれば、SiMが、真骨頂であるレゲエを絶妙にブレンドした空間を切り裂くようなロックチューンで会場を煽りまくる。「君たちがタラタラしてるから、先に飛んじゃったぜ!」と、MAH(Vo.)が客席にダイブし、会場をヒートアップさせると、負けじとオーディエンスも絶えることなく宙を舞い続けた。


 イベントも中盤に差し掛かり、10-FEETが登場するとライブはさらに加速していく。TAKUMA(Vo./Gt.)の一声で会場に巨大なウェーブをつくってみせる。「回れ!」と叫べば、サークルモッシュが巻き起こり、「飛べ!」と叫べば会場が揺れまくるなど、10-FEETが縦横無尽のパフォーマンスを魅せつける。続いて自らを本イベントでの“中間管理職”と称したマキシマム ザ ホルモンが、流石としか言いようがない演奏力、MC力、そして破壊力で終始会場を圧倒。


 ベテランたちの圧巻のパフォーマンスは続き、BRAHMANの迫力と貫録に満ちた音が空間を震えさせ、TOSHI-LOW(Vo.)が客席に飛び込みオーディエンスに支えられながら「警醒」、MCを挟み「鼎の問」までを歌い続け、会場の視線を一人占めに。ラストの「ANSWER FOR」ではスタンディング席、最後尾の客席まで突っ込み、全て歌い終え、担がれたままオーディエンスの上に倒れこんだTOSHI-LOWに会場中から大喝采が贈られた。


 そんな圧巻のステージが繰り広げられ、期待が高まる中、登場したKen Yokoyamaのメンバーは、なんとアルパカの被り物を被って登場し『Pressure』でスタート。「もっとうけると思ったんだけど。(笑)」とKen Yokoyama(Vo./Gt.)がこぼしながら被り物を脱いで、「ベテラン決めっから!」と言い放つ。東北へのメッセージが刻まれた日本国旗を背負い、彼らは代表曲「Walk」、「Punk Rock Dreams」を立て続けに投下。Ken Yokoyamaが放つ、色褪せることのない永遠のパンク・サウンドを、全世代、全オーディエンスの心に届けきった。


 ラストにはこのイベントの前日に同会場にて初のワンマンライブを開催したキュレーター、MAN WITH A MISSION。ここまで出演したアーティストが巻き起こした熱狂を「FLY AGAIN」で完璧にまとめあげ、会場を一つにしてみせる。更に最新曲「database feat.TAKUMA」では、作品に参加した10-FEETのTAKUMAを呼び込み、もはやオーディエンスのボルテージは沸騰寸前。「Emotions」で、大量の炎が連続で吹き上がり会場の熱気は最高潮のまま、アンコールの「1997」で大円団を迎えた。


今回は、出演予定であったスリップノット、シドによるDJ STARSCREAMの来日が台風の影響によりキャンセルになったが、その出来事を凌駕するほどの豪華アーティストが圧倒的パフォーマンスを披露し、第一回目を迎えた【TOWER RECORDS presents Bowline 2013】は大成功で幕を閉じた。今後はキュレーター、テーマも一新され、またひと味違った形のイベントとなって帰ってきてくれることだろう。



◎【TOWER RECORDS presents Bowline 2013】
10月23日(日)神奈川・横浜アリーナ
SET LIST:
AIR SWELL(Opening Act)
01.No going back
02.Kick it Knock it!!
03.I will pay back
04.アンビヴァレンス
05.バッドボーイズ セレナーデ


CROSSFAITH
01.We Are The Future
02.Monolith
03.Jägerbomb
04.Countdown To Hell
05.Eclipse
06.OMEN
07.LEVIATHAN


SiM
01.KiLLiNG ME
02.JACK.B
03.Fall in Love With You
04.Amy
05.Rum
06.WHO' S NEXT(イントロ)
07.Blah Blah Blah


10-FEET
01.JUNGLES
02.RIVER
03.under the umber shine
05.goes on
06.シガードッグ
07.その向こうへ
08.1sec.


マキシマム ザ ホルモン
01.恋のメガラバ
02.便所サンダルダンス
03.ビューティー殺シアム
04.ロックお礼参り〜3コードでおまえフルボッコ〜
05ビキニ・スポーツ・ポンチン
06恋のスペルマ


BRAHMAN
01.初期衝動
02.THE ONLY WAY
03.賽の河原
04.遠国
05.汀に咲く
06.CHERRIES WERE MADE FOR EATING
07.BEYOND THE MOUNTAIN
08.SEE OFF
09.警醒
10.鼎の問
11.ANSWER FOR


Ken Yokoyama
01.Pressure
02.How Many More Times
03.You And I, Against The World
04.Your Safe Rock
05.This Is Your Land
06.Ten Years From Now
07.Save Us
08.Walk
09.Punk Rock Dreams
10.Let The Beat Carry On
11.Believer


MAN WITH A MISSION
01.FLY AGAIN
02.TAKE WHAT U WANT
03.Get Off of My Way
04.Wake Myself Again
05.database feat.TAKUMA
06.distance
07.your way
08.Emotions
En-1.1997

Billboard JAPAN|Daily News 2013年10月28日 14:40:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる