HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ケイティ・ペリーのMV「ロアー」に動物擁護団体から抗議

ケイティ・ペリーのMV「ロアー」に動物擁護団体から抗議


ケイティ・ペリー

ケイティ・ペリーのジャングルを舞台に動物たちをフィーチャーした「ロアー〜最強ガール宣言!」のミュージック・ビデオが、非難の的になってしまった。

同ビデオは、ペリーがサルと友達になったり、ゾウの鼻シャワーを浴び、ワニの歯を磨き、トラに吠え返して服従させるなど、ジャングルの仲間たちと楽しいパーティを開いているような内容だ。

しかし、これに対し動物擁護団体PETAが、ミュージック・ビデオでの動物の起用は彼らに精神的ダメージを負わせると主張。
ビデオ撮影に本物の動物を使ったことに抗議する書簡を、監督とプロデューサーに対し送ったのだ。

ハリウッド・リポーター誌が入手した手紙の中でPETAのMerrilee Burkeは、「おおよその人たちは知らないかもしれないが、映画やテレビなどのエンターテイメントで使われる動物たちは、極度の拘束や暴力的な訓練法などの酷い虐待に耐え苦しんでいる」と述べており、また、明るいライトや重機、大勢の人間がいるセットは、慣れない状況下での動物に精神的ダメージやストレスを与えるとしている。

一方、ペリーは長年にわたり動物擁護を唱えており、自身も動物愛好家だ。
3日間のビデオ撮影に立ち会った、動物と子供の生活を保護する団体American Humane Associationは、“撮影における動物使用のガイドライン”に従っており、ビデオ を制作する過程で危害を与えられた動物はいなかったとしている。関係者の話では、撮影はスローペースで行なわれたそうだ。

PETAは、これまでにもブリトニー・スピアーズ、キム・カーダシアンをはじめ、テキサスの動物プロダクションSerengeti Ranchなどへ抗議している。

Burkeは同ミュージックビデオの監督に対し、今後のプロジェクトではCGの動物を使用することを促し、また、この問題について話し合う機会を設けるよう求めている。

Billboard Daily News 2013年9月18日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる