HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > P・マッカートニーほか大御所がSNSを利用し始めた3つの理由

P・マッカートニーほか大御所がSNSを利用し始めた3つの理由


ポール・マッカートニー/ロバート・プラント

ポール・マッカートニーが先日、ニューシングルと次のアルバムのプロモーションのためInstagramに登録した。

プリンスやロバート・プラントなど、このところ多くのベテラン・ミュージシャンが新しいソーシャル・メディアを活用し始めているのだ。

古いファンと再びつながり、そして新しいファンを獲得するという今までになかった手段のため、往年のスターたちの多数が現在、TwitterやFacebook、Instagramなどのソーシャル・メディアを採用している。

その理由について、米ビルボードのソーシャル/ストリーミング・チャート・マネージャーのWilliam Grugerが次のように分析した。

▼無料プロモ、無料配給

レッド・ツェッペリンのロバート・プラントは8月8日、自身のサイト・リニューアルにあわせてInstagramとTwitterのアカウントを取得し、Googleプラスのページを作成した。
なお、Twitterを始めた記念として、先着フォロワー2万5,000人に対し特別無料ダウンロードを提供。同曲は、レッド・ツェッペリンの「強き二人の愛(What Is and What Should Never Be)」を現在のプラントのバンドでカバーしたものだった。

▼自分のブランドを管理する(でなければ誰かがやる)

8月中旬、テクノロジー嫌いで知られるあのプリンスが、現在一緒にやっているバンド、3RDEYEGIRLについて伝えるため“@3rdeyegirl”というアカウントでTwitterを始めた。ちなみに、検索エンジンにて“Prince Twitter”で検索すると、“PrinceTweets2U”というプリンスのモノ マネ・アカウントが出てくるが、そこでのタイムリーな言葉は“@3rdeyegirl”での本人のツイートに驚くほど似ている。

これは、ソーシャル・メディアの領域において、アーティスト自身が主張しないと何が起こり得るかを示した実例だろう。
自分がやらないと誰かがやってしまうのだ。“PrinceTweets2U”は比較的無害だが、偽のアカウントをフォローしたファンに誤解を与え、アーティストの信頼性を傷つけることにもなり得る。

最近では、ケイト・ミドルトン(キャサリン妃)の妹、ピッパ・ミドルトンが、自分になりすました意見を掲載した偽のTwitterアカウントを相手に法的措置に出ている。

▼そこにファンがいるから

ソニー・ミュージックのカタログ部門“レガシー・レコーディングス”は、ボックスセット、リイシュー、ベスト盤などの制作会社だが、多数のアーティストやマネージャーと共同でかなりの数のソーシャル・メディア・サイトを維持している。

同レーベルのデジタル・マーケティング担当者は、「人々は情報を得るために、ますますソーシャル・メディアを利用するようになっています。Facebookには今や10億人が登録し、YouTubeは毎月100万人以上が視聴している。人々が情報とエンターテインメントを求める場所になるよう努めています」と語っている。

Billboard Daily News 2013年9月5日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる