海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > スティング、AC/DCのVoもゲスト参加する新作について語る

スティング、AC/DCのVoもゲスト参加する新作について語る


スティング

スティングが造船業を題材にした新しいスタジオ・アルバム『ザ・ラスト・シップ(The Last Ship)』のため、地元である英国・ニューカッスルに由縁のあるアーティストにコラボレーションを依頼した。

彼は労働者たちを賛美するサウンドを生み出すために、シンガー兼俳優のジミー・ネイルの引退を引き止め、お馴染みのコラボレーターであるキャサリン・ティッケルやハーモニーを得意とするウィルソン・ブラザーズに参加を要請したようだ。

しかし、最大のサプライズ・ゲストは、シャガレ声のAC/DCのフロントマン、ブライアン・ジョンソンだろう。
イングランド北部のニューカッスル近くで生まれたブライアンは数曲で歌っている。

スティングは9月25日全米リリース予定の同作へのアプローチについて、「ある要素をとって加えるとどうなるか見たいんだ。それが創造性を爆発させる。結果は予測不能だが、やってみる価値はある。少し混ぜることが俺の仕事さ」と話す。

『ザ・ラスト・シップ』には他にも、ジュリアン・サットンやジ・アンサンクス、そしてティッケルの弟、ピーター・ティッケルなども参加している。

同作は、2003年の『セイクレッド・ラヴ』以来となるオリジナル・アルバムで、同タイトルの新しいミュージカルのためにスティングが作った曲で構成される。

帰郷物語である同ミュージカルは、スティング(本名ゴードン・サムナー)が育ったイギリスはウォールセンドにおける造船業の衰退を背景に描かれている。

「自分が触れ、愛し、そして学んできた全ての音楽が俺の音楽の基になっている。だから、多くの曲はイングランド北東の、フォークが基調となる音階がルーツになっているのさ」と話すスティング。

新作のリリースを記念し、9月25日から10月9日にかけてニューヨークのパブリック・シアターで開催されるベネフィット・コンサート10公演にて、『ザ・ラスト・シップ』から数曲を披露する予定だ。

Billboard Daily News 2013年8月29日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 楽天キャンペーン
  • 全品SALE
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる